2016年・教育の潮目が大きく変わった(2016年11月12日) | 通信制高校のルネサンス高等学校

2016年・教育の潮目が大きく変わった|通信制高校のルネサンス高等学校

メニュー
 

大阪

2016年・教育の潮目が大きく変わった(2016年11月12日)

サイエンスコース

2016年・教育の潮目が大きく変わった(2016年11月12日)

2016年・教育の潮目が大きく変わった(2016年11月12日)

薄々とは感じてきたのでしょう。が、教育関係者の中でハッキリ発言する人は限られていました。企業人の中では、堀場製作所を創業した故堀場雅夫氏(1924-2015年)は著書『子どもを幸せにする教育論「好き」にまかせろ!』(PHP研究所、2001年)で、①教育は「引き出す」こと、②日本の未来は教育が握る、③「おもしろおかしく」やって何が悪い、④いまの学校教育は、やめにしよう、⑤教育は品質管理ではない・・など、奇譚のない意見を展開しています。皮肉にも堀場氏が他界され、今年に入って企業経営者から、続々と「潮目が変わった」と言う声を聞くようになりました。

昨日、郵便受けに投げ込まれていた塾のチラシに踊る文字を見て、ただならぬ想いに駆られました。その塾は「探求講座」を開設しており、次のような文言を明記していたからです:①点を取るための勉強は、追求(思考)回路を封鎖する、②試験圧力が加わると、与えられた答えを暗記する試験脳が形成され、2~3回で封鎖脳で固まってしまう、③社会に出たら試験脳では使い物にならない、④追求回路を再生すれば飛躍的に向上する、⑤追求回路こそ人類を進化させてきた人類の命綱だ・・と、こんな調子です。私も高専で気づき、大阪校のサイエンスコースで実践してきましたが、唯一の正解に誘い込む閉塞方策を止め、「なんだろう?」とアンテナを張り巡らす開放方策に変えると、3ヶ月程度の短期間で変化し地平線の果てまでぶっ飛ぶような爆発的な急成長(ブースト)を生徒が見せることがあります。しかも自力成長し出すのです。その時、生徒が異口同音に口にする言葉は必ず決まっていて、「(授業が楽しいではなくて)生きていることが楽しい!」なのです。その再現性も抜群でした。

日本の学校教育は、どれだけ人の才能を潰して、人の命をあやめれば気が済むのでしょうか? 戦車で人を轢き殺すことが醜悪で、電車に飛び込んだりビルから飛び降りることには、責任がないのでしょうか? 私には同じことのように思えます。否、むしろ本人を自らの意思で死に追い込むだけ、日本の社会風土の方がむしろ卑劣なのかも知れません。

ともかく受験教育の時代が終焉し、新たに探求学習の時代が来ても、公教育は私塾の後塵を拝することになりそうです。建築設計グループの教育部門、類塾は「教える教育の時代は終った」の立脚点に立ち、類塾ネットを一般に公開しています。そこでは、①高校、大学はやりたいことがない子が行く所、②勉強するのはなんで、働くのはなんで?、③どうする? 原発とエネルギー、④お上は頼りにならない。どうする?、⑤健康・食・医療の嘘。どうする?等々、尖った話題が小中高生を相手に展開しています。今や11歳の哲学者が現れる時代なのです(文責:教育デザイン室長・竹内 準一)。

----------

画像・左:堀場雅夫著『好きにまかせろ!』の著者自筆サイン入り本、同・中:昨日の投げ込みチラシ(から抜粋)、同・右:ABI310型DNAシークエンサを操作中の筆者(2004年頃、英国で、唯一の正解を教える教育は、カンニングに匹敵すると知る)

付記:教える行為(teaching)は、狡賢くカンニングする(cheating)のアナグラムになります。アナグラムと言うのは、英語のスペルの順序を入れ替えると、別の意味を持つ綴り字に変わるという言葉遊びのこと。類塾ネットには、教育デザイン室長の私も登録しています。ネットでの発言は控えるつもりですが、現役の高校生諸君が新しい能力開発を施された小・中学生からの追い上げを喰らうようになるであろう近未来の窮状が目に浮かび、高校教育の責任者としては看過できないからです。

サイエンスコース

最新の記事

月別でブログを見る

通信制高校のルネサンス高校グループ > 学校 / 連携キャンパス等 > ルネサンス大阪高等学校 > ルネサンス大阪高等学校ブログ > 教員 > サイエンスコース > 2016年・教育の潮目が大きく変わった

最新お知らせ・ブログ4件

豊田駅前キャンパス

サイエンスコース

名古屋栄キャンパス

ルネサンス豊田高等学校

 

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」
「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制から大学や専門学校の受験って大丈夫?」

資料請求はこちら
ネット出願はこちら
プライバシーマーク

ルネサンス高等学校グループは通信制高等学校です。
全国に3校(茨城・豊田・大阪)、キャンパスは7拠点(札幌・仙台・東京・新宿代々木、神奈川・横浜・豊田駅前・広島・福岡)展開しており、全国各地から生徒を受け入れております。

Copyright © ルネサンス・アカデミー株式会社All Rights Reserved.

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制高校から大学や専門学校の受験って本当に大丈夫?」

資料請求
いますぐ出願したい方はコチラ
パソコン・スマートフォン・タブレットから簡単出願!!
検定料は、クレジットカード・コンビニ決済で!! 24時間受付中
ネット出願

通信制高校への入学・編入転校をお考えの皆様へ

ルネサンス高等学校グループは、全国に3校(茨城豊田大阪)、7拠点(札幌仙台東京・新宿代々木神奈川・横浜愛知豊田名古屋広島福岡)に連携キャンパス又は受付相談センターを置く広域通信制高校です。 どんなタイプの方でも、安心して学習し卒業できるシステムを構築し、生徒一人ひとりのライフスタイルに合った"学び"を提供しております。
「登校してしっかり学ぶ」「友達を作って学校生活を楽しむ」という学校が多い中、最短年4日の登校で高卒資格が取れる学校は多くはありません。 一方で本当に高卒資格が取りたくても、仕事が忙しくて登校できない、子育てで手が離せないなど様々な事情で、学校に行きたくても行けない方がたくさん居るのも事実です。 ルネサンス高校はそういった方のニーズに答えるために生徒に負担のかからない授業やレポートシステムを作り、今年で12年。卒業生も1万人を超えております。