雨と涙の「サイエンスコース」校外学習(2018年05月08日) | 通信制高校のルネサンス高等学校

雨と涙の「サイエンスコース」校外学習|通信制高校のルネサンス高等学校

メニュー
 

大阪

雨と涙の「サイエンスコース」校外学習(2018年05月08日)

サイエンスコース

雨と涙の「サイエンスコース」校外学習(2018年05月08日)

雨と涙の「サイエンスコース」校外学習(2018年05月08日)

スーパーサイエンスコース主幹の竹内です。今日はスーパーサイエンスコース、恒例の校外学習で生徒たちに外へ行って貰いました。主たる目的は、いつかの梅田界隈での撮影行に続き、再び写真撮影でした。

現代の科学研究の一部分を、静止画や動画の撮影技術が担っていることは否定できません(撮影技術がなかった頃は、手塚治虫氏の作品*1 を含め図鑑なども水彩絵の具で描かれたものです)。 "Sci-Tech-Art"を旗印に掲げている当コースでも今後、撮影技術を駆使した「発信型」教育へ大きく舵を切っていく方針でいます。

*1 カレンダー裏面に若き日の手塚氏によって描かれたオサムシの標本を描き起こした図鑑作品の出来栄えは、衝撃ですらあった(昔の生物教育は、じっくり観察させる狙いで線と点でスケッチをさせる機会が多かった)。

今回、後藤大空くん(3年)をリーダーに、辻中潤くん(2年)、丹治遥さん(1年)、中村碧くん(1年)、料治輝くん(1年)の5名が淀川の河川敷へ向かい、新任の高橋泰尋先生に引率して行って貰いました。私自身は、別件で手が離せなかった事情がありました。

天気予報に反し、何と「雨が本降りになってきました」とのLINEメッセージが、ハルトくんから届きました。どうも、低気圧が繋がって梅雨前線様の気圧の谷を作って北から寒気が吹き込んだことで天候の急変を招いた様子でした。今年は、例年より早めにズルズルと梅雨入りしてしまうのかも知れません(梅雨入りの予測例)。

期待通りの成果は得られなかったかも知れません。が、何か行動を起こした時、新たな変化を招き、それが次の成長に繋がる・・という「経験則」に、私は確信を抱いております(文責:教育デザイン室長・竹内 準一)。

追記:生徒を引率された高橋先生には天候の急変で、大変なご苦労を強いる結果となりましたことを申し訳なく思いますが、直ぐ目に見えて来ないけれども今回の校外学習を通じて得た変化は将来、実を結ぶと確信します。表題の「涙」には、連絡ミスに対する自責の念からハルトくんが戻ってくるなり大泣きしたことを記してあります。が、少なからぬ生徒が我慢を強いられる雰囲気の中で感情の感度を無意識に鈍化させていたり、時にはスイッチを切ってしまい、自分が傷つくことを専守防衛してしまっていることが多いものです。自責の念も程度に寄ります*2が、泣くという感情は心のスイッチが作動している証拠であり、 心が開いている(=open-minded)証です。open-mindedであることは他者の想いが学び手に届くためには必須であり、国際バカロレア(IB)の「学習者像 10項目」の一つを為すほど「心を開くこと」が人が成長するために必要不可欠な条件とされます。

2 一般論として「ネガティブ思考は良くない」とされてきましたが、『本当の勇気は「弱さ」を認めること』の中で米国ヒューストン大学のブレネー・ブラウン教授(2013)が「弱い心の持つ"(真の)強さ"を知ろう」という、いささか逆説的な視点を提案しています。ブラウン教授の一連の著作は、理科室に完備してあります。マインドセットの土台が整わないままの教育では、「虚実」の上塗りを重ねていく結果になるからです。目覚ましく成長し出す生徒たちは、ここを克服しています。サイエンスコースは、卒業生のモニタリングも続けます。

----------

画像・左:理科室で「撮影技術」を後輩の生徒たち(1、2年生)へ伝授する後藤大空くん(3年生)、同・中:淀川(十三干潟付近)の右岸側から左岸側*3を横断的に見た構図(右手奥が梅田)、同・右:あいにくの雨に降られて傘をさすハルトくんこと、理科室で大泣きした丹治遥さん(1年生)。安心してね、大丈夫だよ。キミの先輩たちは男女の差はあるから心の中で泣いたのだと思うけれど皆、この道を通って行ったのだからね。

*3 河川は上流側から下流(河口方向)を見下ろした(英語の"down the Yodo river"の前置詞"down"の副詞的な使い方に留意されたい)視点から右手を右岸、左手を左岸と呼ぶ規準になっています(イラスト入り解説)。

サイエンスコース

最新の記事

月別でブログを見る

通信制高校のルネサンス高校グループ > 学校 / 連携キャンパス等 > ルネサンス大阪高等学校 > ルネサンス大阪高等学校ブログ > 教員 > サイエンスコース > 雨と涙の「サイエンスコース」校外学習

最新お知らせ・ブログ4件

インフォメーション

サイエンスコース

新宿代々木キャンパス

サイエンスコース

 

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」
「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制から大学や専門学校の受験って大丈夫?」

資料請求はこちら
ネット出願はこちら
プライバシーマーク

ルネサンス高等学校グループは通信制高等学校です。
全国に3校(茨城・豊田・大阪)、キャンパスは7拠点(札幌・仙台・東京・新宿代々木、神奈川・横浜・豊田駅前・広島・福岡)展開しており、全国各地から生徒を受け入れております。

Copyright © ルネサンス・アカデミー株式会社All Rights Reserved.

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制高校から大学や専門学校の受験って本当に大丈夫?」

資料請求
いますぐ出願したい方はコチラ
パソコン・スマートフォン・タブレットから簡単出願!!
検定料は、クレジットカード・コンビニ決済で!! 24時間受付中
ネット出願

通信制高校への入学・編入転校をお考えの皆様へ

ルネサンス高等学校グループは、全国に3校(茨城豊田大阪)、7拠点(札幌仙台東京・新宿代々木神奈川・横浜愛知豊田名古屋広島福岡)に連携キャンパス又は受付相談センターを置く広域通信制高校です。 どんなタイプの方でも、安心して学習し卒業できるシステムを構築し、生徒一人ひとりのライフスタイルに合った"学び"を提供しております。
「登校してしっかり学ぶ」「友達を作って学校生活を楽しむ」という学校が多い中、最短年4日の登校で高卒資格が取れる学校は多くはありません。 一方で本当に高卒資格が取りたくても、仕事が忙しくて登校できない、子育てで手が離せないなど様々な事情で、学校に行きたくても行けない方がたくさん居るのも事実です。 ルネサンス高校はそういった方のニーズに答えるために生徒に負担のかからない授業やレポートシステムを作り、今年で12年。卒業生も1万人を超えております。