新しい学びスタイルへ_大阪電気通信大学|通信制高校のルネサンス高等学校

メニュー
 

大阪

新しい学びスタイルへ_大阪電気通信大学(2018年06月23日)

アート&サイエンスコース

新しい学びスタイルへ_大阪電気通信大学(2018年06月23日)

新しい学びスタイルへ_大阪電気通信大学(2018年06月23日)

スーパーサイエンスコース主幹の竹内です。私のコースを修了して大学進学した卒業生の中から僅かであるが、大学教育に対する不満の声が伝わってくることがあります。大変、おこがましいことですが、私も日本の大学教育を(そして海外の大学教育も)知っている以上、彼らの失意が解ります。そんな場合、こうなだめています。「スーパーサイエンスコースが少しだけ先を行き過ぎているんだよ。ウチは手漕ぎボートだから、小回りが効くからね。自慢じゃないが、何も決めてない状態からスタートしているだろ? 大学教育が変っていくのは、これからだと思うよ。待って、あげてよ。」と。

実際、昨年の大学進学説明会では、大阪工業大学の新しい梅田キャンパス「OITタワー」の研究室の壁を取り払いフロアー全体をオープン化にする設計思想に驚きました。あの教員の教卓があって、受講者の机が一方向へ並ぶ教室のデザインがある限り、そこで展開できる教育は限界が見えます。授業を設計し直した程度では無理で、空間から作り直さないと抜本的な解決に至りません(例、内田洋行が提案する教育・研究向けソルーション)。

昨日、訪問した大阪電気通信大学(本部・寝屋川市)も、学長から寝屋川キャンパスを研究室の壁を取っ払う形でオープン・アクセス化を進めるリニューアル構想が発表されました(2020年春に一期工事、2022年春に竣工予定)。「教員からは猛反対にあっている。」とのホンネも学長の口から漏れましたが、新しい時代の大学教育を創出するには、大英断であると評価したいと思います。躍進している企業の開発最前線では、既にこのタイプのオープンなスタイルになっているとも語っていました。

来るべき未来社会が学校教育に求めるニーズへと大学教育も、そして当然のことながら高校教育も*1適合されていくべきだと考えられます(文責:教育デザイン室長・竹内 準一)。

*1 一部の塾(設計事務所が経営する類塾の『天才教室』など)では、既に幼稚園から大学生までを対象とした新しい教育スタイルがスタートしています。もう正解を覚えて点数採って済ませておける時代ではありません。類塾の変節は、遅くとも2016年の秋には察知して以来、注目してきました。

----------

画像・左:大阪電気通信大学の寝屋川キャンパスの新棟リニューアル計画(予想図)、同・中:同大学の考える新しい学びの創出(概念図)、同・右3D造形先端加工センター*2配備の3Dプリンタの例

*2 あらゆる学部学科の学生を対象に、何か技術的な壁に突き当たった時に技術的なソルーションを提供するというスタンスの学内共同施設という雰囲気でした。広い意味での学生サポートだと感じました。

付記:同大学が掲げた入試改革として次の 3点が特筆すべきです:1)AO入試(専願制)に活動実績を評価する「課外活動評価タイプ」が導入されました。成果より挑戦した自主性を評価する基準です。必ずしも優勝したり、入賞したりの結果を求めていません。高校時代に挑戦した人なら、大学へ入ってからも新たな目標へ向かって挑戦してくれるはずという期待感に基づく選考です(全学部学科適用)。2)特待生奨学制度で入試の得点順位で上位80名を特待生として認定し、順位に応じて学費を全額から四分の一まで段階的に免除する制度です。これは志願者の努力が入学後、資格取得や就職試験の場でも優位に活きるであろうことを期待する狙いがありそうです。3)一部の学科(医療福祉工学科)に文系型の筆記試験(英語と国語)を導入し、文理融合型教育を展開する方針との整合性を図ります。同大は医療機器操作装着及び保守点検資格である臨床工学技士(医療職国家試験)の合格実績が、電機に強い理工系の強みを活かし、京阪神地区の大学で首位だそうです(竹内記)。

アート&サイエンスコース

最新の記事

月別でブログを見る

通信制高校のルネサンス高校グループ > 学校 / 連携キャンパス等 > ルネサンス大阪高等学校 > ルネサンス大阪高等学校ブログ > 教員 > アート&サイエンスコース > 新しい学びスタイルへ_大阪電気通信大学

最新お知らせ・ブログ4件

ルネ大阪広報

インフォメーション

ルネサンス高等学校 (大子校)

インフォメーション

 

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」
「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制から大学や専門学校の受験って大丈夫?」

資料請求はこちら
ネット出願はこちら
プライバシーマーク

ルネサンス高等学校グループは通信制高等学校です。
全国に3校(茨城・豊田・大阪)、キャンパスは7拠点(札幌・仙台・東京・新宿代々木・豊田駅前・広島・福岡)展開しており、全国各地から生徒を受け入れております。

Copyright © Broadmedia Corporation. All Rights Reserved.

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制高校から大学や専門学校の受験って本当に大丈夫?」

資料請求
いますぐ出願したい方はコチラ
パソコン・スマートフォン・タブレットから簡単出願!!
検定料は、クレジットカード・コンビニ決済で!! 24時間受付中
ネット出願

通信制高校への入学・編入転校をお考えの皆様へ

ルネサンス高等学校グループは、全国に3校(茨城愛知大阪)、連携キャンパス及び受付・相談センター(東京・新宿代々木神奈川・横浜愛知・豊田名古屋大阪・梅田広島福岡) を置く広域通信制高校です。 どんなタイプの方でも、安心して学習し卒業できるシステムを構築し、生徒一人ひとりのライフスタイルに合った"学び"を提供しております。
「登校してしっかり学ぶ」「友達を作って学校生活を楽しむ」という学校が多い中、最短年4日の登校で高卒資格が取れる学校は多くはありません。 一方で本当に高卒資格が取りたくても、仕事が忙しくて登校できない、子育てで手が離せないなど様々な事情で、学校に行きたくても行けない方がたくさん居るのも事実です。 ルネサンス高校はそういった方のニーズに答えるために生徒に負担のかからない授業やレポートシステムを作り、15年経ちました。卒業生も17,000名以上となります。

通信制高校