進学先の大学から卒業生の「粋な便り」(2018年08月07日) | 通信制高校のルネサンス高等学校

進学先の大学から卒業生の「粋な便り」|通信制高校のルネサンス高等学校

メニュー
 

大阪

進学先の大学から卒業生の「粋な便り」(2018年08月07日)

サイエンスコース

進学先の大学から卒業生の「粋な便り」(2018年08月07日)

進学先の大学から卒業生の「粋な便り」(2018年08月07日)

サイエンスコース主担当の竹内です。今春、巣立って行った卒業生から今日、大学経由でお便りが届きました。送り出した卒業生の近況を伝える粋な図らいです。驚くと同時に、たいへん嬉しく思いました。

随分と長い間、高校も大学も偏差値という単一のモノサシで序列化されるという歪められた時代が続いたものです。私の記憶では40年間は続いたと思います。人や学校を序列化して、何の意味があったのでしょうか? 私は自分が縁のある学校で構わないと思っていたので、振り回されずに済みましたが、冷静に考えると不可思議な時代が長く続いたものだと思います。そもそも人を育てるところが「学校」じゃないですか? ようやく本来の原点へ戻ってきた感触を受け、感慨無量です。

お便りは、卒業生の岩田祐樹くん(大1)が新しい土地で一人暮らしを始めたこと、家事ができるようになったこと、大学の「作物栽培実習」で育て、収穫し、食べる実践的な経験をしている様子がクラスメートと一緒に写った写真が散りばめられていました。クラスメートの中には、同じルネ大阪のサイエンスコースで伴に切磋琢磨してきた新保雅史くんの姿も見つけました。2人とも充実していそうでホント、よかったね~。

グローバル人材育成入試で選抜された岩田くんは今週から1ヶ月ほど英国のバース(南西部)へ語学研修に行っています。京都先端科学大学と名称も変更となり、新たな飛躍を遂げようとする大学の期待を一心に背負って、異国の自然や文化、人々に触れて沢山の収穫を得ることでしょう。様々な外部機関(リバネスリバティーコーチングあすいろECC外語など)に助けられたお陰で、新構想の大学から投資して貰えるに値する"伸び代"を秘めた"高校生人材"*1を社会へ送り出せた実績を誇らしく思います(文責:教育デザイン室長・竹内 準一)。

*1 岩田くんの場合、大学の学費(入学金と授業料)が全額免除の上、1年間の海外留学(今回の語学研修も)経費が大学側に負担して貰い、かつ月々の奨学金支給も奨励のため算定されている最中であると聞いています。偏差値の高い大学のブランドを手に入れて安心してしまうことと比べ、どちらの方に生産的な価値が高いでしょうか? この支援体制は、同大学へ私財を投じた永守重信・日本電産社長兼会長の「人を育てる」教育の視点が反映されているものと思われます。

----------

画像・左:伴にルネ大阪を巣立った卒業生2人(左:新保くん、右:岩田くん)が揃って、同じ大学の同じ学部へ、それぞれに異なる関心事や将来の夢を持って・・、同・中京都学園大学バイオ環境学部の必修科目『実践プロジェクトA』として「作物栽培実習」から「収穫祭」で夏野菜カレーづくり(左)、赤紫蘇ジュースづくり(右)を体験、同・右:大学学部経由で届いた「エコのタネ」お便り(裏面には、学生たちの活動中のショットが散りばめられていました)

付記:世間では、人は競争することで成長すると勘違いしていますが、ルネ大阪で生徒同士を競争させ合うような教育は完全に過ちであると気づきました。日本人の大半がその不穏当な競争原理に煽られてきてしまい、大切な自己を喪失してきてしまったのではないかと思います。私自身、無益な競争を回避してきた者ですが、周囲で嫌と言うほど醜い争いを目にしてきました。人はそれぞれの持つ特性を活かし、お互いに「成長していくこと」を競う程度に留めれば誰も損する必要はありません。人は己を見つめれば、いがみ合う必要もなければ嫉妬する時間もなく、お互いを称え合う関係が最初からあったのだと思います。何をどこで、どう間違えてきてしまったのでしょうか? 進学も就職も、自分を見つめ、他人に振り回されず身の丈にあったマッチングで宜しいのではないでしょうか? 改めてシッカリ確認しました。卒業生を見ていて、そう思います。ありがとう(竹内記)。

サイエンスコース

最新の記事

月別でブログを見る

通信制高校のルネサンス高校グループ > 学校 / 連携キャンパス等 > ルネサンス大阪高等学校 > ルネサンス大阪高等学校ブログ > 教員 > サイエンスコース > 進学先の大学から卒業生の「粋な便り」

最新お知らせ・ブログ4件

サイエンスコース

サイエンスコース

インフォメーション

サイエンスコース

 

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」
「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制から大学や専門学校の受験って大丈夫?」

資料請求はこちら
ネット出願はこちら
プライバシーマーク

ルネサンス高等学校グループは通信制高等学校です。
全国に3校(茨城・豊田・大阪)、キャンパスは7拠点(札幌・仙台・東京・新宿代々木、神奈川・横浜・豊田駅前・広島・福岡)展開しており、全国各地から生徒を受け入れております。

Copyright © ルネサンス・アカデミー株式会社All Rights Reserved.

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制高校から大学や専門学校の受験って本当に大丈夫?」

資料請求
いますぐ出願したい方はコチラ
パソコン・スマートフォン・タブレットから簡単出願!!
検定料は、クレジットカード・コンビニ決済で!! 24時間受付中
ネット出願

通信制高校への入学・編入転校をお考えの皆様へ

ルネサンス高等学校グループは、全国に3校(茨城豊田大阪)、7拠点(札幌仙台東京・新宿代々木神奈川・横浜愛知豊田名古屋広島福岡)に連携キャンパス又は受付相談センターを置く広域通信制高校です。 どんなタイプの方でも、安心して学習し卒業できるシステムを構築し、生徒一人ひとりのライフスタイルに合った"学び"を提供しております。
「登校してしっかり学ぶ」「友達を作って学校生活を楽しむ」という学校が多い中、最短年4日の登校で高卒資格が取れる学校は多くはありません。 一方で本当に高卒資格が取りたくても、仕事が忙しくて登校できない、子育てで手が離せないなど様々な事情で、学校に行きたくても行けない方がたくさん居るのも事実です。 ルネサンス高校はそういった方のニーズに答えるために生徒に負担のかからない授業やレポートシステムを作り、今年で12年。卒業生も1万人を超えております。