庭窪ワンドで生物多様性保全&水環境調査(2019年06月09日) | 通信制高校のルネサンス高等学校

庭窪ワンドで生物多様性保全&水環境調査|通信制高校のルネサンス高等学校

メニュー
 

大阪

庭窪ワンドで生物多様性保全&水環境調査(2019年06月09日)

アート&サイエンスコース

庭窪ワンドで生物多様性保全&水環境調査(2019年06月09日)

庭窪ワンドで生物多様性保全&水環境調査(2019年06月09日)

大阪校「環境保全クラブ」では陸水学会近畿支部会を通して「身近な水環境の一斉調査」への参加を申し込みました。これは、6月中に全国一斉に同一条件で各地の水辺で水質調査を行い、全国的な水質マップを作成する行事です。そのため、同学会支部から調査に必要な物品が郵送されました(2016年にも、スーパーサイエンスコースとして参加)。

当「環境保全クラブ」としては部長の奥村諒くんが保全活動に参画し、前任者の長谷川伸悟くん(京都産業大)とペアを組んで最前線で地引網を張ったり、干したりと大活躍してくれました。その間、私は前半は淀川本流溜まりに集積していた漂着ゴミの清掃活動と、後半は単身で表記の水質調査(低濃度用CODのパックテスト)に従事しました。

漂着ゴミをていねいに観察すると、かなり細かく分解された各種合成樹脂の断片が目に付きました(画像・上段中)。太陽から降り注ぐ紫外線に長時間、晒せれて劣化していったであろう経過を示唆します。このような断片が破砕されて海洋まで到達していったことで、海洋のマイクロプラスチック汚染が深刻になってきたのだろうと思われます。漂着ゴミの改修作業は単なるボランティア活動ですが、発生源に近い河川敷*1でまじまじと観察できたのは貴重な体験です。

*1 淀川のように傾斜が緩く溜まりが残っている河川では、漂流ゴミはアチコチに一時的に滞留しながら長時間を掛けて流下するものと推察できる。さらに、感潮域では潮汐に伴い上げ潮時には浮遊ゴミは時には逆流しながら長く紫外線に晒される運命を辿ると予測されます(漂流ゴミにGPS発信器を搭載し、流下に伴う移動を追跡した事例あり)。

なお、COD試験の結果は、淀川本流の水が到達する溜まり部分で4mg/L、本流から隔離されたワンド(25-2号;国土交通省・淀川河川事務所)で、3mg/Lが記録されました。ワンド内で僅かに低い数値が認められました。限られた測定回数なので明確な傾向とは言えません(淀川ワンドの生態調査は、大阪工業大学で実施されてきた)。しかも、パックテスト(共立理化学研究所)は簡易テストだが、誰にでも実施できるので驚異的なロングセラーとなっています*2

*2 全国一斉調査では同一ロットのパックテストが手配され、製品によるバラツキを回避することはもちろんのこと、検水の吸い込む量を一定にするため"パックン"と呼ばれる定量(1.5mL)を吸引できる受け器も工夫されています。

イタセンネットのような地域活動を通じ、全国規模の水環境調査へ参画していくことの意義を実感しています。次回は、卒業生の信宮純さん(現・京都造形芸術大学芸術学部通信教育部)を誘って城北ワンドでの水質調査を敢行する予定です(文責:教育デザイン室長・竹内 準一)。

----------

画像・上段左:漂着ゴミの溜まりやすい水域(背後の橋は「鳥飼大橋」で「鳥飼」とは対岸の摂津市の地名)、同・上段中:河岸に漂着する浮遊ゴミ、同・上段右:パックテストを実施中(中央上部、ピペットの上に見える角型の透明容器が「パックン」本体とフタ)、同・下段左:庭窪でも活躍中の奥村諒くん(写真の右奥、正面向き)、同・下段右:活動拠点となる庭窪レストセンター(淀川河川公園の関連施設)の位置(Yahoo地図から)

付記パックテストは、水道局や下水道局などプロの水質検査業務でも緊急時対応や本検査前の予備試験で用います。しかし、これほどロングセラーになるとは昔、業務で使っていた私にも予想だにしませんでした。不覚です。世界にも比類なき製品だろうと思います。ガス検知管なら海外で類似品を見たことありますが(竹内記)。

アート&サイエンスコース

最新の記事

月別でブログを見る

通信制高校のルネサンス高校グループ > 学校 / 連携キャンパス等 > ルネサンス大阪高等学校 > ルネサンス大阪高等学校ブログ > 教員 > アート&サイエンスコース > 庭窪ワンドで生物多様性保全&水環境調査

最新お知らせ・ブログ4件

ルネ大阪広報

インフォメーション

ルネ大阪広報

アート&サイエンスコース

 

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」
「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制から大学や専門学校の受験って大丈夫?」

資料請求はこちら
ネット出願はこちら
プライバシーマーク

ルネサンス高等学校グループは通信制高等学校です。
全国に3校(茨城・豊田・大阪)、キャンパスは7拠点(札幌・仙台・東京・新宿代々木・豊田駅前・広島・福岡)展開しており、全国各地から生徒を受け入れております。

Copyright © ルネサンス・アカデミー株式会社All Rights Reserved.

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制高校から大学や専門学校の受験って本当に大丈夫?」

資料請求
いますぐ出願したい方はコチラ
パソコン・スマートフォン・タブレットから簡単出願!!
検定料は、クレジットカード・コンビニ決済で!! 24時間受付中
ネット出願

通信制高校への入学・編入転校をお考えの皆様へ

ルネサンス高等学校グループは、全国に3校(茨城豊田大阪)、7拠点(札幌仙台東京・新宿代々木愛知豊田名古屋広島福岡)に連携キャンパス又は受付相談センターを置く広域通信制高校です。 どんなタイプの方でも、安心して学習し卒業できるシステムを構築し、生徒一人ひとりのライフスタイルに合った"学び"を提供しております。
「登校してしっかり学ぶ」「友達を作って学校生活を楽しむ」という学校が多い中、最短年4日の登校で高卒資格が取れる学校は多くはありません。 一方で本当に高卒資格が取りたくても、仕事が忙しくて登校できない、子育てで手が離せないなど様々な事情で、学校に行きたくても行けない方がたくさん居るのも事実です。 ルネサンス高校はそういった方のニーズに答えるために生徒に負担のかからない授業やレポートシステムを作り、今年で13年。卒業生も12,000名以上です。