「次世代の若者」が続々、動き始めました!|通信制高校のルネサンス高等学校

メニュー
 

大阪

「次世代の若者」が続々、動き始めました!(2019年07月25日)

アート&サイエンスコース

「次世代の若者」が続々、動き始めました!(2019年07月25日)

「次世代の若者」が続々、動き始めました!(2019年07月25日)

教育デザイン室長の竹内です。古い固定観念に囚われている大人たちの陰で、低迷してきた日本の社会や組織を尻目に動き出している次世代を垣間見ています。私が、外部の教育討論会へ高校生を引き連れて行ったことを皮切りに、一気に見えなかったトンネルが開いてしまいました。

動けない(また動く年齢でもない)私に代わって動いてくれているのが、奥村諒くん(高3)です。大学生や大卒者に交じって、遜色のない物怖じしない高校生です。彼だからこそ潜入して貰えました(別にスパイ活動でもないですが・・)。無論、高校生としての "分" は重々、わきまえて貰っています少し先を見せて、どうやって「今を生きるのか?」を問うが、私の掲げる「指導原理」*1です。

*1 従来の学校カリキュラム構成では、学年ごと履修範囲を厳密に(厳格に・・と言った方が妥当)抑制していますが、学習者の目線で考えるなら「次に何を学ぶのか、この先に何があるのかを予告される」方が学びへ向かう意欲が湧くというカラクリが隠されていると、私は捉えています。学校教育は、この心理機序を活用しません。

前回に続き"早駆け忍者"として活躍してくれた奥村くんに、日本の若者群像の最前線をレポートして貰います(もとは前籍校で陸上(短距離選手)で期待を背負っていた経歴がありましたので、きっと本望でしょう)。

❏ 人は人によりて人となる(3年・奥村諒) なりたい自分になれる。そう、確信させてくれるイベントでした。主催者の1人である大野丈さんのご案内で『キャリアコンサルタントって意味あんの?』というイベントに参加させていただきました。キャリアコンサルタントとは何か、全く知らない状態での参加だったのですが、現役キャリアコンサルタントである、大野丈さん、横山友希さん、赤星佐和子さんのプレゼンにより、人に寄り添い、人生を設計していく技術なのだと掴みことができ、魅力をひしひしと感じることができました。そして、今まで学んできたコーチング技術とも重なる部分が多々あり、スムーズに理解できました。

イベントの中で特に印象に残った事柄として、丈さんのプレゼンの中で多様な人々に出会い、異なる価値観を知ることで選択肢が増え、真に自分を知ることができるという話と、横山さんの何をすればいいか分からなかった時、とりあえず沢山の人と交流することで自分の進む道が見えたという話がありました。

自分とは何か、好きなことは何なのかが分からなく、手探り状態でとりあえず経験値を積もうとしている自分としては、これからの指標が明確になった瞬間でした。そして、今まさに、本当に幸いなことに様々な人と出会う機会をいただき、刺激的な時間を過ごし、急速に自分の世界が広がっているので、素直に納得できました。

振り返ってみると、自信を失って自分の殻に籠り、偏った思念で凝り固まっていた過去の自分は、社会が恐ろしく感じ、本気で「人類は滅んだ方がいい」とさえ思っていました。そんな自分が世界は素晴らしいと思えたのは、大人も子供も含めて、今を全力で楽しむ人々との関わりがあったからだと思います。

人は人によりて人となる。」という言葉が心から浮かび上がり、頓悟(とんご)しました

丈さんの仰る通り、様々な人と出会うことで自分を知り、キャパシティが広がり、他者を尊重できるようになる、感性が豊かになるのだと稽えます。また、3人とも目的意識と自信が大切だと一貫して仰っていました。自信があるからこそ目的意識を持って行動でき、目的意識があるからこそ一所懸命になれるのだと思索します。

いままで、自分に自信がなかったから格好をつけたり、逃避したりしてしまっていたのだと今ならばわかります。横山さんのプレゼンの中に自己効力感の高め方として、自らの成功体験を持つことと、他者からの励ましが効果的だとありました。自信が根底にあるからこそ、自分の能力を最大限活かせるのだと思います。

鍵は「自信」にあって、目的意識を強く持つことで一所懸命になれ、熱意を持つことで成長を急加速させられるのだと気づかされました。文字通り"自分次第で"なんとでもなるだと思い、心が高鳴りました。これからも、熱意を持って積極的に行動し、人生を切り拓いていきます。

----------

画像・上段左:若手(大学生、大卒者ら)の集会に参加する奥村くん(左から2番目)、同・上段中:講師を務める大野丈さん(CDAアイスタイルキャリア大阪オフィス・マネージャー)、同・上段右:『キャリアコンサルタントの活かし方』の題目でプレゼンしたのは現役大学生の有資格者とのこと、同・下段左:若者たちの交流拠点となったLINDA HOSTEL 106同・下段右:人と人とがコミュニケーションする場 ※撮影者は1枚目の除き、全て奥村くんです。斜めの角度で映像をショットしているのは奥村くんが狙った作画意図なので、修正を加えていません(と言うか、ここまで斜めに画面を切られたら直せません)。

付記:通信制高校を選択肢として来る生徒たちは、大なり小なり心身に傷を負っています。卒業資格を提供できる仕組みこそ用意してあっても、それを裏づける立ち直りをノウハウは果たして築けてきたのでしょうか? 極端な事例に特化した"スペシャルニーズ"を旗印に運営されてきた日野公三氏の学校は例外的で、かつ成果をあげてきた例かも知れません。しかし、外見では解らない軽度の発達障害や、単に前籍校で嫌な想いをして臆病になってしまった生徒にどう対処したら良いのか、打つ手にコト欠いているのではないでしょうか? ここを極めて進まない限り今後、通信制高校の存在意義も薄くなり、社会的な信頼を損ねていく結末に至ることでしょう。

今回、一役かってくれた奥村諒くんは、非常にトリッキーなケースです。私も彼の本心を突き止め、正体を暴くまでちょっと苦労させられました。明らかにルネ高生の典型とは違っていたからです。が、前籍校で傷ついてきたと言う本質は同根でしたが、大半の生徒が単に落ち込んでいるのに反し、彼は健気にも反発して虚勢を張って生きてきました。だから一見、全く異質に見えたのです。しかし、共通項は肝心の自信"を涵養して来なかった経緯です。その結果、「前へ進もうか・止めようか」を延々と迷い続けてしまう土壺に嵌っていたのです。

シェークスピアのハムレットの名セリフ "To be, or not to be; That is the quesition." 迷えるのは古来、若者の特権なのかも知れません。はい。少しは名残りを留めても良いでしょう。が、大半の悩める若者を生み出し、社会に放り出す日本の学校教育は「如何なものか?」と、私は教育業界へ部外者として参入した身です。ですから、学校教育に対する先入観がゼロである私からは、学校教育の不備な姿がスケスケで"丸見え"状態だったのです。しかも、タイと英国で、国際バカロレア校や現地校で実践されていた教育に子供を入れた結果、違いを知ることとなりました。

見えているだけに、心苦しい立場でした。引き籠ったり、病んでゆく生徒を目の当たりにして、地団駄を踏む以外に為すすべ(学科長相当でしたが、権限)もありませんでした。権限ある人たちは押し並べて、無関心な(無責任な)姿勢でした。しかし、奥村くんが外で活動をしてくれた結果、この国の若者に次代を託すことができるのだと知って随分、私も気が楽になりました。教員である私が生徒であるキミを支援してきたみたいだったが、私こそがキミから支援されてしまったような気がしてなりません。感謝します。どうもありがとう(竹内記)。

アート&サイエンスコース

最新の記事

月別でブログを見る

通信制高校のルネサンス高校グループ > 学校 / 連携キャンパス等 > ルネサンス大阪高等学校 > ルネサンス大阪高等学校ブログ > 教員 > アート&サイエンスコース > 「次世代の若者」が続々、動き始めました!

最新お知らせ・ブログ4件

インフォメーション

ルネサンス高等学校 (大子校)

インフォメーション

ルネ大阪広報

 

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」
「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制から大学や専門学校の受験って大丈夫?」

資料請求はこちら
ネット出願はこちら
プライバシーマーク

ルネサンス高等学校グループは通信制高等学校です。
全国に3校(茨城・豊田・大阪)、キャンパスは7拠点(札幌・仙台・東京・新宿代々木・豊田駅前・広島・福岡)展開しており、全国各地から生徒を受け入れております。

Copyright © Broadmedia Corporation. All Rights Reserved.

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制高校から大学や専門学校の受験って本当に大丈夫?」

資料請求
いますぐ出願したい方はコチラ
パソコン・スマートフォン・タブレットから簡単出願!!
検定料は、クレジットカード・コンビニ決済で!! 24時間受付中
ネット出願

通信制高校への入学・編入転校をお考えの皆様へ

ルネサンス高等学校グループは、全国に3校(茨城愛知大阪)、連携キャンパス及び受付・相談センター(東京・新宿代々木神奈川・横浜愛知・豊田名古屋大阪・梅田広島福岡) を置く広域通信制高校です。 どんなタイプの方でも、安心して学習し卒業できるシステムを構築し、生徒一人ひとりのライフスタイルに合った"学び"を提供しております。
「登校してしっかり学ぶ」「友達を作って学校生活を楽しむ」という学校が多い中、最短年4日の登校で高卒資格が取れる学校は多くはありません。 一方で本当に高卒資格が取りたくても、仕事が忙しくて登校できない、子育てで手が離せないなど様々な事情で、学校に行きたくても行けない方がたくさん居るのも事実です。 ルネサンス高校はそういった方のニーズに答えるために生徒に負担のかからない授業やレポートシステムを作り、15年経ちました。卒業生も17,000名以上となります。

通信制高校