TEDで自由に学ぶ「生きた英語」のススメ(2019年09月07日) | 通信制高校のルネサンス高等学校

TEDで自由に学ぶ「生きた英語」のススメ|通信制高校のルネサンス高等学校

メニュー
 

大阪

TEDで自由に学ぶ「生きた英語」のススメ(2019年09月07日)

アート&サイエンスコース

TEDで自由に学ぶ「生きた英語」のススメ(2019年09月07日)

TEDで自由に学ぶ「生きた英語」のススメ(2019年09月07日)

中学校で教科「英語」で躓いてきたり、地道に学ぶ習慣が脆弱な高校生諸君に、これからの時代を見越した使える英語の学び方があります。今までの教科「英語」の学習とは別に、今から遅れを取り戻すのに最短コースなので現在、この学習法に取り組んでいる高校生の声(生徒本人が自分で自分自身に起こった変化を認知科学的観点から分析・考察した結果*1)を、ここで紹介したいと思います(文責:教育デザイン室長・竹内 準一)。

*1 高3にもなると、青年心理学的にも成熟して来ているので"内省"デキるようになります(時々、ポカもやらかしますが、人間は失敗からしか学べないので行きつ戻りつ前進する時期なのです)し、当アート&サイエンスコースでは「探究活動」の一環として自己分析を卒業後も自力で成長ができるようにと、強く奨励しています。

----------

❏ 日本語モードから英語モードへ切り替わるのを体感(3年・奥村 涼) TEDトークの中から関心のある動画を1つ、繰り返し見ることで、以下のような変化が自分の中に見られました。

1 )内容を日本語字幕から理解する。2 )内容を掴んだ状態で英語に集中する。3 )日本語の内容と英語の発想の違いに気づく。4 )英語が優勢になり、日本語字幕の捻れに違和感を覚える。5 )日本語字幕が邪魔で鬱陶しく感じ始める。6 )日本語字幕を英語字幕に変えるとシックリときて、より鮮明に話されていた言葉が分かる。

以下は実施する上でのコツです。はじめは全く内容が入ってこないので、無理に理解しようとせずリズムを楽しみ、耳を慣れさせる感覚でしました。いかに楽しむかを常に意識していました。楽しく聞いていくうちに、日本語字幕と聞こえてくる英単語を脳内で勝手に照合し出しました。その時、物凄く脳が熱くなって*2行き、活性化しているのだと見て取れました。

*2 脳神経細胞のネットワークが"発火"し、ニューロンとニューロンとが繋がることでシナップスが形成され、脳内に不可逆的な変化が生じて"解った"となります。これは、忘れないで刻まれるようになります。試験のための一夜漬けとは全く異なり、そこに成長が伴うのです(この部分、竹内が注釈添え)。

全く分からない状態からのスタートなので段々と断片が繋がっていく過程は、強烈に成長を感じられ*3、すごく楽しかったです。

*3 理論的には、ゼロ・スタートなので取り組んだ分、効果があるので意欲が想起されます。が、落とし穴があり、怠け癖があるために習慣化していない分、持続させる力が弱いことに留意しておく必要があり、習慣化できるまではマイナス・スタートだと自覚することです(この部分、竹内が注釈添え)。

たとえ、聞いたことの無い言葉が出たとしても、敢えて調べず、前後関係や字幕などから推測していました。たとえ間違えていても正解であっても記憶に残り、その場で調べるよりも俄然、効果的だと解りました。

内容を覚えてくるぐらいまで聴き込むと、もう日本語字幕を見る必要が無くなってくるので、聞こえてくる英語に意識を向けていました。徐々に聞き取れる量が増えてきて、何となく英語で言ってることが分かるようになってくると、英語と日本語との発想やニュアンスの違いなどに気づいてきました。

ぼんやりとでも英語を英語のまま内容が掴めるようになってくると、日本語字幕が邪魔に感じてきました。英語と日本語では語順に大きな違いがあるので理解が進むに連れ、話されている内容(英語)と字幕(日本語)とが段々と噛み合わなくなって行くからだと思います。その段階で、英語字幕に変えてみると、物凄くスッキリしたのを覚えています。

以上ことから、英語を英語のまま理解することがホンモノで、わざわざ和訳する必要などなく、むしろ害になるとさえ思いました。語学としての英語の習得は、自転車を乗れるようになるのと同じ、"体で覚える"ものだと、この経験を通じて実感しました。

----------

画像・上段左:TED-Ed教材の実例(風邪をひいた時の身体反応をアニメで解説)、同・上段中:バイリンガル話者の脳の働き(その利点をアニメで解説)、同・上段右:TED-Edの教員としての登録画面(小中高の教員向けの画面;担当科目の種類が日本の主要5教科とは異なることに留意されたい*4)、同・下段左:TED創始者・Chris Andersonの歓迎スピーチの動画、同・下段右TED masterclass研修課題の案内(学校・企業・個人と3通りの対象レベルを想定)

*4 オンライン研修に参加登録を希望する教員の担当科目も入力する欄の内容リストは以下の通りで、世界の趨勢は日本の文科省が定めている主要5教科と分類基準が全く異なることが知れる:①The Arts、②Business and Economics、③Design, Engineering & Technology, ④Health、⑤Literature & Language、⑥Mathematics、⑦Philosophy & Religion、⑧Psychology、⑨Science & Technology、⑩Social studies、⑪Teaching & Education、⑫Thinking & Learning、⑬Others。筆者は、実験系を含む"Project Based Learning(PBL)"が担当なので、⑨と⑫をチェックした。

付記:教育デザイン室長として高校生を個別指導して実感しているコトは、例外なく生徒が自ら選択して実施した時にだけホントの意味での学習効果が得られているという事実である。また、ネットの時代なら"生徒主体の学び"が実現できる環境が整備されてきているという現実もある。それに反し、文科省も教育委員会も"管理主体の教育政策"を一向に改める気がないようにしか見えない。お仕着せの教育カリキュラムは、果たして一体、誰のためなのだろうか? 生徒の成長を度外視し、ただ教育関係者が身分保全して行くだけなのだろうか?*5 「不登校者の実数は国が発表している公表値の3倍はある。」と報告されている。加えて学校教育は実質、ブラック企業とみなされ、教員のなり手に事欠く有様である。新卒者が突然、仕事を辞めたりするケースが多発したことで新卒採用を控え中途採用外国人の雇用で代替しようとする兆候も見受けられます。生徒に対して効力感を味あわせ、意欲を育める学校教育へと刷新して行かないことには坂道を転げ落ちて行くように思え、もうこの国の衰退を止められないのではないだろうか(竹内記)。

*5 大阪の進学塾の双璧同士の指導方策では受講生の成長を願い、受験を一つの通過点と捉え仲間同士の励ましで「成長」を促す新しい方針と、生徒同士の「競争」心を使う方針かの違いが、歴然と顕在化してきた感が投稿サイトの動向から学ぶ場の雰囲気も併せてウォッチできます。進学塾の業界でも今、大きな曲がり角に差し掛かってきた様相を呈してきました。

アート&サイエンスコース

最新の記事

月別でブログを見る

通信制高校のルネサンス高校グループ > 学校 / 連携キャンパス等 > ルネサンス大阪高等学校 > ルネサンス大阪高等学校ブログ > 教員 > アート&サイエンスコース > TEDで自由に学ぶ「生きた英語」のススメ

最新お知らせ・ブログ4件

ルネ大阪広報

アート&サイエンスコース

ルネサンス高等学校 (大子校)

インフォメーション

 

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」
「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制から大学や専門学校の受験って大丈夫?」

資料請求はこちら
ネット出願はこちら
プライバシーマーク

ルネサンス高等学校グループは通信制高等学校です。
全国に3校(茨城・豊田・大阪)、キャンパスは7拠点(札幌・仙台・東京・新宿代々木・豊田駅前・広島・福岡)展開しており、全国各地から生徒を受け入れております。

Copyright © ルネサンス・アカデミー株式会社All Rights Reserved.

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制高校から大学や専門学校の受験って本当に大丈夫?」

資料請求
いますぐ出願したい方はコチラ
パソコン・スマートフォン・タブレットから簡単出願!!
検定料は、クレジットカード・コンビニ決済で!! 24時間受付中
ネット出願

通信制高校への入学・編入転校をお考えの皆様へ

ルネサンス高等学校グループは、全国に3校(茨城豊田大阪)、7拠点(札幌仙台東京・新宿代々木愛知豊田名古屋広島福岡)に連携キャンパス又は受付相談センターを置く広域通信制高校です。 どんなタイプの方でも、安心して学習し卒業できるシステムを構築し、生徒一人ひとりのライフスタイルに合った"学び"を提供しております。
「登校してしっかり学ぶ」「友達を作って学校生活を楽しむ」という学校が多い中、最短年4日の登校で高卒資格が取れる学校は多くはありません。 一方で本当に高卒資格が取りたくても、仕事が忙しくて登校できない、子育てで手が離せないなど様々な事情で、学校に行きたくても行けない方がたくさん居るのも事実です。 ルネサンス高校はそういった方のニーズに答えるために生徒に負担のかからない授業やレポートシステムを作り、今年で13年。卒業生も12,000名以上です。