ワシントン州立大学にゴルフでスカラーシップ進学 | 通信制高校のルネサンス高等学校

ワシントン州立大学にゴルフでスカラーシッ|通信制高校のルネサンス高等学校

メニュー
 

広域通信制高校のルネサンス高校

ワシントン州立大学にゴルフでスカラーシップ進学


※進学が決まったワシントン州立大学にて(2017年11月)

中野 大輔さん
(東京都)
2015年03月
ニュージーランドと東京都青梅市立の中学校を卒業
2015年04月
ルネサンス高等学校 入学
2015年09月
米国フロリダ州のモーニングサイドアカデミーに留学
2016年06月
アメリカで開催の「Junior PGA Championship」の初戦で優勝
2016年08月
全米8か所開催の優勝者により争われる「Junior PGA Championship」に日本人として初めて出場
2017年11月
ワシントン州立大学へのスカラーシップ進学決定

ルネ高のよいところは?

両立ができるところです。 アメリカの高校もあるしゴルフもあるんですけど、通信なので両立できる。
時間をうまく使える。融通が効くというか、ゴルフに集中できるというメリットがります。
本当によかったです!

daisuke01.jpg

ゴルフに関して

ゴルフを始めたきっかけ

6歳の時です。本気で始めたのは9歳からです。
兄が練習場に行くときに連れて行ってもらったのがきっかけです。

中学の時に留学

小学生から大きな大会に出始めて、中学生から留学にニュージーランドに行きました。
留学は中学1年生の終わりから中学3年生の終わりです。

daisuke02.jpg
中野 孔生氏(父親)談

大輔の兄はレーシングカートをやっていたのですが、中学2年生の時にサッカーをやりたいと言い出しました。
これからサッカーやるよりはと思い、ゴルフを勧め練習場に一緒に行ったのがきっかけでした。
私はゴルフをやっていなかったので、幼稚園の年長だった大輔が大きなクラブを振るのに身体に影響ないよう、ゴルフの理論書を読みスイングの研究をし教えていきました。
小学校4年の時に日本代表でアメリカの世界ジュニアに出場するまでになり、大輔も私もアメリカのゴルフを知りました。
しかし、大輔が中学に入ってから仕事が忙しく自分では教えられなくなった時、中学の時に単身ゴルフ留学したプロゴルフ選手の父親とたまたま知り合い、「一人でも海外に行かせた方がいいよ」とアドバイスをいただき、大輔に「行くか?」と聞いたら「行く行く!」と即答でした。


ルネ高入学に関して

どうやってルネ高を見つけましたか?

両親です。
中学でニュージーランドにいる間にアメリカに行く計画を立ててくれていて、現地の学校に行ってもいいんですが、日本の学校も行っておきたいというところで、全日制は無理なので通信の学校でいろいろ調べて1番いいところがここでした。

1番いいと思ったのはどんなところ?

昔から知っていた猪狩さん(1年先輩)がいたり、今野さん(1年先輩)とゴルフ部のメンバーやお会いした先生もよかったです。

中野 孔生氏(父親)談

最初にお話しさせてもらった時にすごく親身にいろいろお話を聞いてもらえたというところです。
もともとは日本で高校に入るという選択肢はなくて、アメリカにそのまま行くという考えでした。
でももし挫折して日本に帰ってきた時に、日本の高校の卒業資格がないと次が無くなってしまうので、通信制の学校を検討しました。

留学生活に関して

高校での留学について

ルネ高に4月に入学し、その年の9月にアメリカのMorningside Academy(モーニングサイドアカデミー)に留学しました。
ここでゴルフの練習と現地のHigh Schoool(学校)に通うという生活です。
日本にはスクーリングの時に年に1回帰国しています。

一日の生活サイクルを教えてください

教えてくれた生活サイクルは、おおよそ下記のようなものでした。

時 刻 内 容
~7:00 起床
7:30~ バス移動
8:00~12:30 High School(学校)
12:30~13:30 移動&昼食
13:30~17:30 ゴルフの練習
(月・水・金の16:30~17:30はジムでトレーニング)
17:30~19:00 移動&夕食
19:00~21:00 High School(学校)
21:00~ 移動&自由時間~就寝

土曜日は9:30~12:00までゴルフの練習をしフリーとなりますが、ほとんどコーチたちとラウンドに行ったりしています。
日曜日は完全にオフにしています。練習はやったりやらなかったりです。

学習レポートはどうこなしていますか?

19:00から宿題のない時など学校で終わらせる時もあります。
その時間でやったり土日の空いている時間でやります。

友だちはできましたか?

はい。「Dice(ダイス)」って呼ばれています。
ゴルフアカデミー自体は20人でアメリカ人5,6人、ヨーロッパ10人くらい、後はブラジルとかコロンビアなどです。
アメリカ人より、違う国から来た子の方が英語がわかりやすいく、ちゃんとした英語しゃべらなくていいという感じで楽なので、ブラジル,コロンビア,カナダの人と仲がよいです。

将来について

高校卒業したらどうしますか?

アメリカの大学を志望しているんですけど、何校かはオファーをもらっていますが、まだ決まってはいません。
シーズン終わりにしっかり決めていければと思っています。

大学卒業したらどうしますか?

自分的にはアメリカに残って、大学終わってもアメリカにいたい。日本に戻るというのは考えてないですね。

中野 孔生氏(父親)談

アメリカの大学のゴルフ部って、ゴルフをやりたい子が入れるわけではないんです。
アメリカのNCAAという大学のスポーツアソシエーションが全部一括管理していて、たとえばゴルフ部だと4人と決まっています。
アメリカの場合は大学が全て興行として成立していて、わかりやすく言うとフットボールなどは1番人気ある大学だとスポーツ興行だけで年間100億くらい稼ぐんです。 そういう大学がたくさんある。120校くらいはデビジョン1という大学で、その下はデビジョン2、デビジョン3とあるんですが、この120校ある大学の中で上位50人がトーナメントに出れる学校があってここがエリートなんです。
ここに皆入りたくて、自己推薦したり就職活動みたいにいろいろな大学行って顔売ってというのを重ねていくんです。
アメリカの大学はゴルフ場も持っていてコーチも設備もすごいから、スカラーシップで入り2年くらいでトップアマになっていって、2年くらいでプロ転向していくんです。 今のトッププロの流れとしては、大学はプロになるためのステップとして使っている。
大輔も結果が出れば、プロ転向ということも本人も考えるでしょうし、結果が出なかったら4年行ってみて卒業してからプロに転向することや、そうでなくてもゴルフで食べていく選択肢も多くなると思います。

※本ページのインタビューは2017年7月に新宿代々木キャンパスで行ったものです。

大学/短大/専門学校へ進学した生徒

 

芸能/スポーツで活躍している生徒

 

社会人/主婦をしながら学んだ生徒

 

在校生/卒業生

 

保護者の声

 

最新お知らせ・ブログ4件

 

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」
「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制から大学や専門学校の受験って大丈夫?」

資料請求はこちら
ネット出願はこちら
プライバシーマーク

ルネサンス高等学校グループは通信制高等学校です。
全国に3校(茨城・豊田・大阪)、キャンパスは7拠点(札幌・仙台・東京・新宿代々木・豊田駅前・広島・福岡)展開しており、全国各地から生徒を受け入れております。

Copyright © ルネサンス・アカデミー株式会社All Rights Reserved.

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制高校から大学や専門学校の受験って本当に大丈夫?」

資料請求
いますぐ出願したい方はコチラ
パソコン・スマートフォン・タブレットから簡単出願!!
検定料は、クレジットカード・コンビニ決済で!! 24時間受付中
ネット出願

通信制高校への入学・編入転校をお考えの皆様へ

ルネサンス高等学校グループは、全国に3校(茨城豊田大阪)、7拠点(札幌仙台東京・新宿代々木愛知豊田名古屋広島福岡)に連携キャンパス又は受付相談センターを置く広域通信制高校です。 どんなタイプの方でも、安心して学習し卒業できるシステムを構築し、生徒一人ひとりのライフスタイルに合った"学び"を提供しております。
「登校してしっかり学ぶ」「友達を作って学校生活を楽しむ」という学校が多い中、最短年4日の登校で高卒資格が取れる学校は多くはありません。 一方で本当に高卒資格が取りたくても、仕事が忙しくて登校できない、子育てで手が離せないなど様々な事情で、学校に行きたくても行けない方がたくさん居るのも事実です。 ルネサンス高校はそういった方のニーズに答えるために生徒に負担のかからない授業やレポートシステムを作り、今年で13年。卒業生も12,000名以上です。