教育ニュース | 通信制高校のルネサンス高等学校

教育ニュース|通信制高校のルネサンス高等学校

メニュー
 

ルネ高48

教育ニュース

東京都立高校志願状況
  2019年1月22日著者:清水 宏 東京都教育委員会は1月8日、来年度の都立高校志望状況(第1志望)の調査結果を発表した。調査対象は、都内の区市町村立中学校および義務教育学校(全612校)に在学する卒業予定者7万6641人(平成30年12月14日時点)。 平成31年度(2019年度)の都立高校入試は、志願者の大半を占める第一次募集と分割前...[東京都立高校志願状況の続きを読む
大卒・高卒の就職率、ともに史上最高水準
  2018年5月23日著者:清水 宏 厚生労働省と文部科学省は5月18日、今年3月に卒業した大学生などの就職率(4月1日現在)を発表した。今春大学等卒業者の就職率(就職希望者に占める就職者の割合)は98.0%、 前年度から0.4ポイント上昇し、同調査が始まった1997年以来の最高値となった。また、文部科学省が同日発表した今春の高校卒業者の就...[大卒・高卒の就職率、ともに史上最高水準の続きを読む
幼稚園~高校の学習費総額、私立は公立の3.28倍
  2017年12月26日著者:清水 宏 文部科学省は先週、平成28年度「子供の学習費調査」の結果概要を公開した。この調査は、幼稚園~高校に通学する生徒の保護者が学校教育および学校外活動のため1年間に支出した経費の実態をとらえるために、平成6年(1994年)度から各年で実施されている。 今回の調査は、公立および私立の幼稚園・小学校・中学校・高...[幼稚園~高校の学習費総額、私立は公立の3.28倍の続きを読む
大阪大学の世界適塾入試
  2017年12月8日著者:清水 宏 大阪大学の平成30年度AO・推薦入試「世界適塾入試」の出願状況が公表されている。全学で309人の募集人員に対し、出願者565人、倍率1.83倍となっている。 学部・学科ごとの出願状況を次の表に示す。 <大阪大学H30年度「世界適塾入試」出願状況> 学部学科・専攻一般入試募集人員世界適塾入試世界適塾入試(...[大阪大学の世界適塾入試の続きを読む
全国女性社長調査、東京商工リサーチが結果発表
  2017年12月1日著者:清水 宏 東京商工リサーチから第7回「全国女性社長」調査の結果が発表された。女性社長の数は、調査を開始した2010年の21万人から1.7倍に増え、37万1232人となったことがわかった。 調査は、同社が保有する企業データベース約297万社の経営者情報(個人企業を含む)から、女性の社長(病院、生協などの理事長を含む...[全国女性社長調査、東京商工リサーチが結果発表の続きを読む
第12回全国学校給食甲子園、一方で「まずい給食」問題
  2017年11月29日著者:清水 宏 12回目となった「全国学校給食甲子園」の決勝大会が12月2日(土)~3日(日)に、東京の女子栄養大学駒込キャンパスで開催される。同大会は、特定非営利活動法人「21世紀構想研究会」が企画・運営している。 全国の小中学校や給食センターなどから2025の献立の応募があり、10月の4次審査で6ブロック計12代...[第12回全国学校給食甲子園、一方で「まずい給食」問題の続きを読む
公認会計士試験、H29年合格発表
  2017年11月22日著者:清水 宏 平成29(2017)年の公認会計士試験の結果が11月17日、公認会計士・監査審査会から発表された。願書提出者1万1032人に対し最終合格者は1231人(合格率11.2%)、前年より合格者は123人増(同0.4ポイント増)だった。 合格者の大半は大学生または大卒者 合格者の平均年齢は26.3歳(最高62...[公認会計士試験、H29年合格発表の続きを読む
教育無償化の問題点:高等教育
  2017年11月20日著者:清水 宏 政府は幼児教育の無償化とともに、大学など高等教育の無償化も打ち出している。選挙公約だった教育無償化を軸とする2兆円の政策パッケージのうち、3~5歳児の教育費と同様に約8000億円を振り向けるという。 まずは給付型奨学金の拡充から 具体的には、住民税非課税世帯(年収約260万円まで)の子どもを対象に、現...[教育無償化の問題点:高等教育の続きを読む
教育無償化の問題点:幼児教育
  2017年11月14日著者:清水 宏 自民党は先の衆院選公約の一つとして「3歳から5歳児のすべての幼稚園・保育園費用の無償化」、「ゼロ歳~2歳児も低所得世帯は無償化」を掲げた。安倍首相は解散の理由を、消費税率アップによる増収分の使途を、国債償還から幼児教育を始めとする教育に振り向けることを世に問うためとしていた。それが総選挙の実際の争点に...[教育無償化の問題点:幼児教育の続きを読む
EF英語能力指数2017、日本は37位
  2017年11月10日著者:清水 宏 イー・エフ・エデュケーション・ファーストは、国・地域別の英語能力ランキング「EF EPI」2017年版を発表した。参加80か国・地域のうち、日本は37位だった。 EF EPIは世界中の成人の英語能力を測定するもので、第7回となった2017年版はイー・エフ・エデュケーション・ファースト(以下「EF」)が...[EF英語能力指数2017、日本は37位の続きを読む
生まれつき茶色い髪に黒染め強要、高校生が大阪府を提訴
  2017年11月07日著者:清水 宏 大阪府羽曳野市の府立懐風館高校3年生の女子生徒が、生まれつき茶色い頭髪を黒く染めるよう学校から強要され、精神的苦痛を受けたとして、府に約220万円の損害賠償を求める訴えを大阪地裁に起こした。10月27日の第1回口頭弁論で、大阪府は請求棄却を求め、争う姿勢を示しているという。 報道によると、生徒の母親は...[生まれつき茶色い髪に黒染め強要、高校生が大阪府を提訴の続きを読む
小中教員向け"プログラミング授業"講座、JMOOCで開講
  2017年10月31日著者:清水 宏 教育機関のICT環境整備と人財育成に取り組むファーストスタープロジェクツ(一般社団法人)が、プログラミング経験のない小中学校教員向けにオンライン講座「誰でも教えられる!プログラミング授業」を開講する。 2020年から使用される新しい学習指導要領により、小中学校でプグラミング教育が段階的に必修化されるが...[小中教員向け"プログラミング授業"講座、JMOOCで開講の続きを読む
衆議院総選挙、18-19歳の投票率は41.51%
  2017年10月27日著者:清水 宏 10月22日に投票が行われた衆議院議員総選挙における18歳・19歳の投票状況が総務省から発表された。全体の投票率53.68%に対し、18-19歳は41.51%で、12.71ポイントも低かったことがわかった。 調査では、全国4万7741投票区のうち、各都道府県から標準的な投票率を示している1市1区1町1...[衆議院総選挙、18-19歳の投票率は41.51%の続きを読む
最年少で気象予報士試験合格、北海道の小学校6年生
  2017年10月25日著者:清水 宏 8月に行われた気象予報士試験の結果が発表され、北海道北見市に住む小学6年生が史上最年少で合格したことがわかった。合格した本田まりあさんは11歳11か月。小学生の合格者も初めてだという。これまでの最年少記録は12歳11か月で、名古屋市の中学1年生だった。本田さんは、気象庁に申請して気象庁長官の登録を受け...[最年少で気象予報士試験合格、北海道の小学校6年生の続きを読む
3カ月でプロの寿司職人を育成する飲食人大学
  2017年10月19日著者:清水 宏 3カ月でプロの寿司職人を育成することを謳う飲食人大学が、新たにパティシエマイスター専科を開設している(開設自体は2016年4月だが、新たなプレスリリースを時事通信が転載していたため、本稿で採りあげることになった)。 寿司職人と同様に「一人前になるには10年必要」と言われる製菓職人を、寿司マイスター専科...[3カ月でプロの寿司職人を育成する飲食人大学の続きを読む
貧困世帯向け「スタディクーポン」、渋谷区でスタート
  2017年10月13日著者:清水 宏 公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン(CFC)は12日、東京都渋谷区と協働して、渋谷区に在住の貧困世帯の高校受験生に対し、学習塾などに利用できる「スタディクーポン」を提供する事業を2018年4月にスタートすると発表した。発表は、長谷部健渋谷区長も同席して、文部科学省にて行われた。 所得格差によって...[貧困世帯向け「スタディクーポン」、渋谷区でスタートの続きを読む
子どもの習い事ランキング:トップは水泳、今後習わせたいのは英語
  2017年10月10日著者:清水 宏 リクルートマーケティングパートナーズが運営する「ケイコとマナブ.net」が、小学生以下の子どもを習い事に通わせている全国の母親927人を対象としたアンケートの結果を発表した。 アンケートに答えたのは、何らかの習い事に通っている未就学児・小学校低学年・小学校高学年の母親それぞれ309人で、年齢は20代4...[子どもの習い事ランキング:トップは水泳、今後習わせたいのは英語の続きを読む
スーパーグローバルハイスクール:H27年度指定校の中間評価
  2017年10月4日著者:清水 宏 文部科学省は9月29日に、平成27年度のスーパーグローバルハイスクール指定校56校についての中間評価結果を発表した。56校中、名古屋大学教育学部附属中・高等学校、京都府立鳥羽高等学校、関西創価高等学校、愛媛大学附属高等学校の4校が、「優れた取組状況であり、研究開発のねらいの達成が見込まれ、さらなる発展が...[スーパーグローバルハイスクール:H27年度指定校の中間評価の続きを読む
専門学校生の学習と生活に関する実態調査
  2017年9月29日著者:清水 宏 ベネッセ教育総合研究所が専門学校生の学習と生活に関する実態調査の結果を発表した。調査の目的は、専門学校が高卒者の2割の進学先でありながらその教育の「中身」があまり周知されていないことから、専門学校生の意識や行動の実態を現役生の視点から把握することだという。 調査対象は、全国専門学校教育研究会加盟の専門学...[専門学校生の学習と生活に関する実態調査の続きを読む
学歴と生涯賃金:格差は縮まらず
  2017年9月27日著者:清水 宏 All Aboutが「ユースフル労働統計2016」(労働政策研究・研修機構)のデータを基に、学歴と生涯賃金の関係についてレポートしている。 ユースフル労働統計は、独立行政法人労働政策研究・研修機構(JILPT)が複数の労働統計を組み合わせて新しい統計指標にまとめ、雇用・賃金等労働市場の動向を見るための資...[学歴と生涯賃金:格差は縮まらずの続きを読む
待機児童増加、都は追加対策打ち出す
  2017年9月22日著者:清水 宏 今月初めに厚生労働省が全国の自治体別待機児童数を発表し、2017年4月1日時点の全国の待機児童は昨年から2525人増え、2万6081人に達していたことがわかった。 自治体別で待機児童が最も多かったのは東京都世田谷区で861人、次いで岡山市849人、東京都目黒区617人などとなっている。 <待機児童数の多...[待機児童増加、都は追加対策打ち出すの続きを読む
THE世界大学ランキング2018:東大46位、京大74位
  2017年9月19日著者:清水 宏 イギリスの高等教育専門誌「タイムズ・ハイアー・エデュケーション(THE)」が「世界大学ランキング2018」を発表した。世界各国から1457校が対象登録され、81か国・地域の1102校の順位が示された。ランキングは毎年この時期に発表されており、今年は14回目となる。 上位は英米が中心、アジア勢はじわじわ上...[THE世界大学ランキング2018:東大46位、京大74位の続きを読む
部活動手当ての支給要件見直し、ブラック問題の解決にはほど遠く
  2017年9月12日著者:清水 宏 文部科学省は平成31(2019)年1月から、中学校教員の土日の部活動指導に対する手当の要件について、現行の「4時間程度」に加え、「2時間以上4時間未満」の区分を新設する方針を固めた。土日4時間程度の部活動手当はH30年1月より現行の3000円から2割増額されて3600円となることが昨年7月に決まっている...[部活動手当ての支給要件見直し、ブラック問題の解決にはほど遠くの続きを読む
東京23区で私立大学定員抑制、反論あいつぐ
  2017年9月8日著者:清水 宏 日本私立大学連盟は9月7日、政府の「まち・ひと・しごと創生基本方針2017」(6月9日閣議決定)を受けて文部科学省が東京23区内の私立大学の定員増を2018年度以降は原則として認めないとする告示改正案に対して、「私立大学が新規分野の教育によって新たな人材を育成することを禁止するに等しい影響をもたらす」との...[東京23区で私立大学定員抑制、反論あいつぐの続きを読む
全国学力テスト結果(2/2):ゲームや部活と学力の相関は?
  2017年9月6日著者:清水 宏 前回に続き、8月28日に発表された全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果について。今回は児童生徒の学習や生活、教育方針などに関する状況調査を中心にまとめた。 児童生徒の生活については、朝食をとる頻度や起床時間、学校以外での勉強の時間、家族・友だちとの接し方など、普段の生活に関する質問のほか、国語や...[全国学力テスト結果(2/2):ゲームや部活と学力の相関は?の続きを読む
全国学力テスト結果(1/2):秋田・石川・福井、3強の優位変わらず
  2017年9月1日著者:清水 宏 文部科学省は、4月18日に実施された全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果を8月28日に発表した。同調査は全国の小学6年生と中学3年生を対象として、2007年から毎年4月に実施されている。 小学校の実施校数は、公立が1万9456校(全調査対象校数の99.4%)、国立が75校(同100%)、私立が1...[全国学力テスト結果(1/2):秋田・石川・福井、3強の優位変わらずの続きを読む
大学人気ランキング各種
  2017年8月29日著者:清水 宏 いろいろなところから、いろいろな大学のランキングが発表されている。ここでは、7月に発表されたリクルート進学総研の「進学ブランド力調査2017」を中心に、調査の対象や項目が異なる他の調査結果もあわせて紹介する。 進学ブランド力調査2017 7月13日に発表されたリクルート進学総研の「進学ブランド力調査20...[大学人気ランキング各種の続きを読む
TEAP:採用大学増加、受験者急増
  2017年8月22日著者:清水 宏 日本英語検定協会は8月18日、今年度1回目のTEAPの志願者数を速報として発表した。7月23日実施の第1回TEAPの総志願者数は8099人で、昨年度第1回の4739人から3360人増え、70%の大幅な増加率となった。 TEAPとは TEAP(Test of English for Academic Pu...[TEAP:採用大学増加、受験者急増の続きを読む
「こども20年変化」調査結果、博報堂生活総研(2/2)
  2017年8月4日著者:清水 宏 前回に続き、博報堂生活総合研究所が発表した「こども20年変化」調査結果についてである。調査の概要は次の通り。 1997年から10年ごとにほぼ同じ質問構成で子どもの意識や行動の変化を追跡。調査地域は首都40キロ圏、対象学齢・人数は、1997年が小学4年~中学2年の男女1500人(男女・学年ごとに150人ずつ...[「こども20年変化」調査結果、博報堂生活総研(2/2)の続きを読む
「こども20年変化」調査結果、博報堂生活総研(1/2)
  2017年8月2日著者:清水 宏 博報堂生活総合研究所が「こども20年変化」調査結果を発表した。6月8日の速報、7月18日の続報につづき、7月26に全調査データを公開した。 「こども20年変化」は、1997年から10年ごとにほぼ同じ質問構成で子どもの意識や行動の変化を追跡した調査。調査地域は首都40キロ圏、対象学齢・人数は、1997年が小...[「こども20年変化」調査結果、博報堂生活総研(1/2)の続きを読む
国際数学五輪・物理五輪で日本代表が世界一位
  2017年7月28日著者:清水 宏 先頃行われた第58回国際数学オリンピックと第48回国際物理オリンピックで、日本代表の高校生がともに第1位となる快挙を達成した。 国際数学オリンピック、開成高校の高谷悠太さんが世界一 第58回国際数学オリンピック(IMO2017)は7月17日(開会式)~22日(閉会式)にブラジルのリオデジャネイロで開催さ...[国際数学五輪・物理五輪で日本代表が世界一位の続きを読む
急がれる小中学校教職員の"働き方改革"
  2017年7月26日著者:清水 宏 文部科学省は11日に「学校における働き方改革特別部会」の初会合を開催し、その配布資料を24日に公開した。会合では、教員勤務実態調査(平成28年度)および教員の働き方改革に関する関係団体・有識者ヒアリングの結果が示され、今後の主な検討事項として次の4点が提示された。 1. 学校が担うべき業務の在り方 2....[急がれる小中学校教職員の"働き方改革"の続きを読む
大学入学共通テスト、民間試験導入の問題点
  2017年7月20日著者:清水 宏 文部科学省は先週、現在の大学センター試験に代わって平成32(2020)年度から導入予定の「大学入学共通テスト」実施方針を発表した。5月に示された「実施方針案」から、パブリックコメント(意見公募)の実施などを経て、「案」がとれての発表となった。 名称は、これまで仮称「大学入学希望者学力評価テスト」だったが...[大学入学共通テスト、民間試験導入の問題点の続きを読む
岐阜県が県立高校の学区を廃止、全国で25都府県目
  2017年7月14日著者:清水 宏 岐阜県教育委員会は、平成30(2018)年度の県立高校入試から学区を廃止し、県内のすべての高校(全日制普通科)を受験できるようにすると正式に発表した。公立高校の学区廃止は、中部3県では初、全国では25番目となる。 特色ある高校は県外からも受入れ枠 岐阜県ではこれまで、県内を6つの通学区域(学区)に分け、...[岐阜県が県立高校の学区を廃止、全国で25都府県目の続きを読む
EDGE-NEXT次世代アントレプレナー育成事業、選定コンソーシアムを発表
  2017年7月11日著者:清水 宏 文部科学省は、今年2月から公募申請を受け付けていた「平成29年度次世代アントレプレナー育成事業(EDGE-NEXT)」の選定結果を発表した。選定されたのは、東北大学、東京大学、名古屋大学、九州大学、早稲田大学をそれぞれ主幹機関とする5つのコンソーシアムで、今年度から原則5年間にわたり年3000万~500...[EDGE-NEXT次世代アントレプレナー育成事業、選定コンソーシアムを発表の続きを読む
THEアジア太平洋地域大学ランキング2017
  2017年7月7日著者:清水 宏 イギリスの高等教育専門誌「タイムズ・ハイアー・エデュケーション(THE)」が「アジア太平洋地域大学ランキング2017」を発表した。対象は、東アジア、東南アジア、およびオセアニアの38か国で、このうちランキングには13か国から200校余が掲載されている。 THEによるアジア太平洋地域のランキング発表は初めて...[THEアジア太平洋地域大学ランキング2017の続きを読む
私立高校授業料の実質無償化進む、ようやく東京都も
  2017年7月6日著者:清水 宏 小池東京都知事が今年1月に表明した私立高校授業料の実質無償化は、既に6月23日から今年度の申請受付が始まっている。これは、東京都内在住で私立高校に通学する生徒に対し、国の就学支援金と合わせて、最大で都内私立高校の平均授業料に相当する年額44万2000円を助成するもの。 平成22(2010)年から制度スター...[私立高校授業料の実質無償化進む、ようやく東京都もの続きを読む
15歳未満人口の増加は東京・沖縄のみ、国勢調査結果から
  2017年6月30日著者:清水 宏 平成27(2015)年の国勢調査結果から、15歳未満の人口が5年前(2010/H22年)の前回調査から増加したのは東京都と沖縄県だけだったことがわかった。 国勢調査の集計結果は順次公開 総称統計局はH27年10月1日付の国勢調査結果について、H28年2月の人口速報集計結果に始まり、詳細な集計結果を順次公...[15歳未満人口の増加は東京・沖縄のみ、国勢調査結果からの続きを読む
藤井四段29連勝、その経済効果と教育効果
  2017年6月28日著者:清水 宏 中学3年生14歳の将棋棋士、藤井聡太四段がデビュー以来無敗の29連勝で報道も過熱している。報道にとどまらず、直接の関係のあるなしを問わず、藤井四段に関することなら何でもあり、"猫も杓子も"状態である。 ※画像はイメージです 将棋教室は盛況、公式グッズは即完売 地元の愛知県瀬戸市だけでなく、各地の将棋教室...[藤井四段29連勝、その経済効果と教育効果の続きを読む
上野動物園、「子ども動物園」をリニューアル
  2017年6月23日著者:清水 宏 東京都台東区にある恩師上野動物園は6月20日、園内の子ども動物園をリニューアルし、7月11日に新たに「子ども動物園 すてっぷ」としてオープンすると発表した。 ※画像はイメージです 動物園、モノレールとともに日本初 恩師上野動物園は1882(明治15)年3月に、日本で最も早く開園した動物園。公道を挟んで正...[上野動物園、「子ども動物園」をリニューアルの続きを読む
日本語指導が必要な児童生徒、4万人を超える
  2017年6月21日著者:清水 宏 文部科学省は先週、「日本語指導が必要な児童生徒の受入状況等に関する調査(平成28年度)」の結果を発表した。全国の公立小・中・高校等が対象で、日本語指導が必要な外国籍および日本国籍の児童生徒の受入れ状況などを調べている。調査はH3(1991)年度に始まり、H22(2010)年度までは毎年、以降は2年ごとの...[日本語指導が必要な児童生徒、4万人を超えるの続きを読む
「犯罪の誘惑に負けない子を育てるには」警視庁調査から
  2017年6月19日著者:清水 宏 警視庁による都内中高生調査 ※画像はイメージです 警視庁は6月15日、都内の中高生へのアンケート調査の結果を「犯罪の誘惑に負けない子を育てるには」と題して発表した。 調査は昨年7月1日から20日の間に、中学2年生から高校3年生まで計4969人にアンケート用紙に自記無記名で記入してもらう形で行われた。 調...[「犯罪の誘惑に負けない子を育てるには」警視庁調査からの続きを読む
「高校中退調査報告書」から見えてくるもの
  2017年6月13日著者:清水 宏 国立教育政策研究所の報告書 ※画像はイメージです 国立教育政策研究所が6月7日、「高校中退調査報告書~中退者と非中退者との比較から見えてきたもの~」を公開した。高校中退者と中退しなかった生徒の高校3年間の意識の変化を比較分析し、今後の高校中退の防止に向けた知見を得ようとするもので、報告書本文の冒頭で「本...[「高校中退調査報告書」から見えてくるものの続きを読む
超電導リニアこども学習教室、JR東海
  2017年6月9日著者:清水 宏 超電導リニアの学習教室と搭乗体験 ※画像はイメージです JR東海は、「超電導リニアこども学習教室 ~時速500キロを親子で体験~」の参加者を募集している。同社発足30周年記念イベントのひとつで、8月8日~10日の3日間、JR東海山梨実験センターおよび隣接の山梨県立リニア見学センターで開催され、超電導リニア...[超電導リニアこども学習教室、JR東海の続きを読む
京都大学、全国の高校に出前授業・オープン授業の募集開始
  2017年6月6日著者:清水 宏 京都大学の出前授業・オープン授業 京都大学は、全国の高校を対象とした出前授業・オープン授業の参加募集を開始した。京大では高大連携事業の一環として数年前から、「学びコーディネーター」(博士後期課程の大学院生やポストドクター)を派遣する「出前授業」、および大学の教室・研究室を高校生が訪れて学びコーディネーター...[京都大学、全国の高校に出前授業・オープン授業の募集開始の続きを読む
大学入試はどう変わる? 国語・数学に記述式問題導入
  2017年6月2日著者:清水 宏 思考力・判断力・表現力を重視 前回5月23日の記事に続き、大学入試センター試験に代わって2020(H32)年度から導入される「大学入学共通テスト(仮称)」について。 文科省の実施方針案では、「思考力・判断力・表現力」を重視した作問への見直しとして、マークシート方式の択一式問題に加え、国語と数学で記述式問題...[大学入試はどう変わる? 国語・数学に記述式問題導入の続きを読む
大学入試はどう変わる? 英語に民間試験導入
  2017年5月23日著者:清水 宏 「大学入学共通テスト(仮称)」の実施方針案 文部科学省は先週、大学入試センター試験に代わって2020(H32)年度から導入される「大学入学共通テスト(仮称)」の実施方針案を発表した。大学入試改革は「高大接続改革」の一環であり、小中高の指導要領改訂も含め、これまでの知識・技能中心の教育から、学力の3要素(...[大学入試はどう変わる? 英語に民間試験導入の続きを読む
「ホワイトハッカー育成センター」始動、第1期受講生には小中学生も
  2017年5月18日著者:清水 宏 ホワイトハッカー育成プログラム 情報通信研究機構(NICT)が募集していた若手セキュリティエンジニア育成プログラム「SecHack365」の受講生47人が決まった。先週から欧米を中心に大規模なサイバー攻撃が報じられ、国内にも被害が出ていることから、このような"ホワイトハッカー育成プログラム"に注目が集ま...[「ホワイトハッカー育成センター」始動、第1期受講生には小中学生もの続きを読む
文科省・都庁など、H29年度夏期インターンシップ募集
  2017年5月15日著者:清水 宏 中高生も応募可能なインターンシップも 文部科学省は5月15日、平成29年度夏期インターンシップの募集要項を公開した。大臣官房、生涯学習政策局、初等中等教育局、高等教育局、科学技術・学術政策局、研究振興局、研究開発局、スポーツ庁、文化庁の計63部署が合計約150名を受け入れる。募集学校種は部署により異なり...[文科省・都庁など、H29年度夏期インターンシップ募集の続きを読む
子どもの数、36年連続で減少
  2017年5月11日著者:清水 宏 日本のこどもは1571万人、36年連続で減少 総務省統計局は「こどもの日」を前に、我が国のこどもの数(15歳未満の人口)を発表した。4日の発表は、5日の朝刊に間に合わせるために恒例となっているようだ。公開された数値は、国勢調査(2015年)による人口を基に、その後の人口の動向を関連資料からとり、2017...[子どもの数、36年連続で減少の続きを読む
東京都、公立初の小中高一貫校をH34年度に設置
  2017年5月8日著者:清水 宏 東京都、公立初の小中高一貫校をH34年度に設置 東京都教育委員会は4月27日、「都立小中高一貫教育校教育内容等検討委員会報告書」を公開した。報告書の予定通りなら、公立高校としては初めての小中高12年間一貫教育の学校が、5年後の2022(H34)年度に開校する。 計画の変遷 都教委が都立小中高一貫教育校に関...[東京都、公立初の小中高一貫校をH34年度に設置の続きを読む
OECD PISA2015:日本の高校生の生活満足度は本当に低いのか?
  2017年5月1日著者:清水 宏 学習到達度調査(PISA) 国立教育政策研究所は、OECDが2015年に実施した生徒(15歳)の学習到達度調査(PISA:Programme for International Student Assessment)の結果から、生徒のウェル・ビーイング(健やかさ・幸福度)についての報告書を発表した。 同調...[OECD PISA2015:日本の高校生の生活満足度は本当に低いのか?の続きを読む
高校教育改革の状況調査:総合学科は自治体によって大きな差
  2017年4月24日著者:清水 宏 高等学校教育の改革に関する推進状況 文部科学省が4月7日に発表した「高等学校教育の改革に関する推進状況」の調査結果(平成28年度版)で、総合学科を設置している高校はH25年度の363校からH28年度は375校に12校増加したとなっている。 375校の内訳は、公立342校(市立9校を含む)、国立2校、私立...[高校教育改革の状況調査:総合学科は自治体によって大きな差の続きを読む
高校教育改革の状況調査:中高一貫校は595校まで増えたが...
  2017年4月17日著者:清水 宏 「高等学校教育の改革に関する推進状況」の調査結果(平成28年度版) 文部科学省は4月7日、「高等学校教育の改革に関する推進状況」の調査結果(平成28年度版)を発表した。調査のポイントは、中高一貫教育校の設置・検討状況、総合学科の設置状況、単位制高校の設置状況の3点。調査結果では、それぞれの設置状況として...[高校教育改革の状況調査:中高一貫校は595校まで増えたが...の続きを読む
文科省、H28年度の「英語教育実施状況調査」結果を発表
  2017年4月13日著者:清水 宏 H28年度の「英語教育実施状況調査」結果 文部科学省は4月5日、全国の公立の中高生らの英語力を調査した平成28年度の「英語教育実施状況調査」結果を発表した。 文科省は平成25年6月閣議決定の第2期教育振興基本計画(H25~29年度)で、中高校生および英語担当教員の英語力向上に向けた具体的な成果指標として...[文科省、H28年度の「英語教育実施状況調査」結果を発表の続きを読む
THE世界大学ランキング 日本版2017
  2017年4月6日著者:清水 宏 THE世界大学ランキング 日本版2017 TES Globalとベネッセグループは3月30日、「THE世界大学ランキング 日本版2017」を発表した。 TES Globalは、英タイムズ紙の年刊付録だったタイムズ・ハイアー・エデュケーション(THE)の編集を担当し、2004年から世界大学ランキングを毎年発...[THE世界大学ランキング 日本版2017の続きを読む
新指導要領、中学武道で銃剣術「追加」の経緯
  2017年4月3日著者:清水 宏 新学習指導要領 文部科学省から3月31日に、小・中学校の新学習指導要領と新幼稚園教育要領が告示された。 新指導要領は、昨年12月21日に中央教育審議会の答申、それを受けて2月14日に改訂案が示されてパブリックコメントを受け付け、 最終的にパブリックコメントの内容とともに31日の発表となった。 改訂案では聖...[新指導要領、中学武道で銃剣術「追加」の経緯の続きを読む
スポーツ庁「第2期スポーツ基本計画について」
  2017年3月30日著者:清水 宏 「スポーツ基本計画」 文部科学省は3月24日、「スポーツ基本計画」を発表した。 2011年(H23)制定のスポーツ基本法に基づいて策定された第1期スポーツ基本計画(2012~2016年度)を受け継ぎ、今回は第2期の5か年計画(2017~2021年度)となる。 第1期期間中、2013年にオリンピック・パラ...[スポーツ庁「第2期スポーツ基本計画について」の続きを読む
東京都が「英語村」開設、2018年9月開業予定
  2017年3月27日 体験型英語学習施設「TOKYO GLOBAL GATEWAY」 東京都教育委員会は3月23日、体験型英語学習施設「TOKYO GLOBAL GATEWAY」の事業概要を発表した。近年、各地に次々と誕生している「英語村」の東京版で、都内の小中高および特別支援学校の団体利用者が優先対象だが、他の道府県や個人の利用も可能と...[東京都が「英語村」開設、2018年9月開業予定の続きを読む
ガールズサイエンスカフェ、女子中高生向けに同志社大が開催
  2017年3月23日 「ガールズサイエンスカフェ」 同志社大学が3月25日に、女子中高生・保護者・中高教員を対象とする「ガールズサイエンスカフェ」を同大京田辺キャンパスで開催する。 昨年春にスタートした同大の「科学するガールズ」養成プログラムの一環として開催され、先輩の学部生・大学院生の紹介に始まり、ガールズラボの紹介・報告、ミニ講義と体...[ガールズサイエンスカフェ、女子中高生向けに同志社大が開催の続きを読む
高校生の意識調査、日米中韓の比較
  2017年3月16日 国立青少年教育振興機構(独立行政法人)は3月13日、日米中韓の高校生の勉強と生活に関する意識調査の結果を発表した。 調査は昨年の9月から11月にかけ、4か国の各地の普通科高校の生徒約8000人(日本18校2015人、米国16校1540人、中国24校2499人、韓国36校1800人)を対象に、質問用紙に記入させ回収する...[高校生の意識調査、日米中韓の比較の続きを読む

最新お知らせ・ブログ4件

 

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」
「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制から大学や専門学校の受験って大丈夫?」

資料請求はこちら
ネット出願はこちら
プライバシーマーク

ルネサンス高等学校グループは通信制高等学校です。
全国に3校(茨城・豊田・大阪)、キャンパスは7拠点(札幌・仙台・東京・新宿代々木・豊田駅前・広島・福岡)展開しており、全国各地から生徒を受け入れております。

Copyright © ルネサンス・アカデミー株式会社All Rights Reserved.

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制高校から大学や専門学校の受験って本当に大丈夫?」

資料請求
いますぐ出願したい方はコチラ
パソコン・スマートフォン・タブレットから簡単出願!!
検定料は、クレジットカード・コンビニ決済で!! 24時間受付中
ネット出願

通信制高校への入学・編入転校をお考えの皆様へ

ルネサンス高等学校グループは、全国に3校(茨城豊田大阪)、7拠点(札幌仙台東京・新宿代々木愛知豊田名古屋広島福岡)に連携キャンパス又は受付相談センターを置く広域通信制高校です。 どんなタイプの方でも、安心して学習し卒業できるシステムを構築し、生徒一人ひとりのライフスタイルに合った"学び"を提供しております。
「登校してしっかり学ぶ」「友達を作って学校生活を楽しむ」という学校が多い中、最短年4日の登校で高卒資格が取れる学校は多くはありません。 一方で本当に高卒資格が取りたくても、仕事が忙しくて登校できない、子育てで手が離せないなど様々な事情で、学校に行きたくても行けない方がたくさん居るのも事実です。 ルネサンス高校はそういった方のニーズに答えるために生徒に負担のかからない授業やレポートシステムを作り、今年で13年。卒業生も12,000名以上です。