24歳で司法試験と公認会計士試験ダブル合格! | 通信制高校のルネサンス高等学校

24歳で司法試験と公認会計士試験ダブル合|通信制高校のルネサンス高等学校

メニュー
 

ルネ高48

24歳で司法試験と公認会計士試験ダブル合格!

2017年10月11日
著者:小泉 治

saibansyo.png

平成29年10月4日の官報(号外 第215号)に、平成29年司法試験合格者が公告されました。 その「号外 第215号」の6ページ、「試験地 東京都」で「受験番号01973」に「瀬戸山 大雅」という名前を見ることが出来ます。

彼は2年前に大学を卒業した24歳の青年です。
しかも、大学1年の18歳の時には、公認会計士試験を受験し合格を果たしています。
24歳という若さで、司法試験と公認会計士試験の両方に合格したことは史上最年少なのではないでしょうか!?

さらに彼は通信制高校の卒業生であり、この24歳でのW合格は通信制高校だったから成し得た快挙とも言えます。

司法試験の合格発表は9月12日、試験は5月17日~21日にかけ実施されましたが、その受験後の5月24日に本人からのお話も聞いていましたので、この快挙達成の瀬戸山 大雅さんのことを紹介させていただきます。

司法試験について

law01.png

今回、平成29年の司法試験は6,716人が出願し5,967人が受験、合格者は1,543人でした。 その合格者の平均年齢は28.8歳で最年少は21歳でした。
(詳しくは法務省 司法試験結果ページをご参照ください。)

司法試験の受験資格は、「①法科大学院の課程の修了」又は「②司法試験予備試験合格」であり、彼はこの「②司法試験予備試験合格」を昨年果たし、今年の司法試験に臨みました。
ちなみに昨年平成28年の予備試験は、12,767人が出願し10,442人が受験、合格者は405人と司法試験より合格率は低いものでした。

setoyama01.jpg

本人談

半々でしたね。どっちでもおかしくない。これで本当に受かっていてほしいですね。

これが、司法試験受験後の本人の感触でした。

3人姉弟の末っ子である彼は、姉や兄の影響もあり小学校5年生の時に「僕、弁護士になる」と宣言していました。
つまり早期に目標を持ち、そこに向かい進み、その扉を開いたと言えますが、その前に公認会計士試験の受験は必要だったのでしょうか?

公認会計士試験を受けたこと


司法書士である父親から、「弁護士の前に公認会計士を取ってからでも遅くないから、公認会計士を取ってみなさい。」といったようなことを言われたことがあるとのことでした。
そこには、森 均(もり ひとし:モリキン)先生という教育者の存在がありました。

瀬戸山家と森均先生とのつながりは深い。彼の姉と兄も森均先生に導かれ、中学卒業後に姉は美容師を目指し、兄は料理人を目指しました。そして今や二人は若くして海外でも活躍する一流の美容師と料理人として活躍しています。
(※彼の姉や兄のことは書籍『"やる気を起こす"新 大逆転教育』をご覧ください⇒)

その森均先生の勧めもあり、中学1年生の春頃から簿記の勉強を始め、中1で簿記3級、中学2年生の14歳で2級にも合格しました。

中学を卒業し森均先生のもと中部学院大学会計プロフェッショナルコース(以降「会計プロ」と表記)で学ぶため、高校は通信制に入学し、高1の11月には簿記1級に合格しています。

そして、高校卒業後は中部学院大学経営学部に進学し、大学1年の18歳の時に公認会計士試験に見事合格しました。 この合格時には会計プロ同期の渡邉孝枝さんもいて、厳密には渡邉さんが最年少でしたが2人とも同学年であり最年少合格と言ってもいいと思います。

ちなみに、この会計プロの同期には、2010年10月に史上最年少16歳で公認会計士試験合格した長谷川智也さんもいたのです。 切磋琢磨できる仲間や先輩がいて、森均先生のやる気を起こす教育があり、公認会計士試験に合格する体験により、司法試験に合格する基が出来上がったのではないでしょうか。

実は勉強嫌い!?

setoyama02.jpg

公認会計士試験合格後は、初志貫徹で弁護士を目指すため司法試験の勉強に取り組み始めました。
でもなかなかやる気がせず、ダラダラしていたといいます。 そんな時に公認会計士として活躍する同期の刺激を受け、やる気を復活させたそうです。

本人談

性格的に勉強大嫌いなので、普通の高校に行っていたら資格試験は合格できていなかったでしょう。

もし会計プロに行ってなかったら、普通の高校に行って、たぶんまあまあな大学に行って、今頃司法書士の勉強(父親が司法書士)の為、どこかの予備校で司法書士を取ろうとフリーターをやってるんじゃないかと思います。

勉強はやっていない時はやっていなかったそうです。やってもダラダラ、読んではいるけど頭からスッと抜けていってしまうとのこと。
それでも、公認会計士の勉強をやっている時は一日10時間程やっていたようです。

司法試験の勉強を本格的に始めたのは、同期の活躍の刺激を受け、岐阜から東京に来てからとのことでした。
東京に来てからは勉強をしない日は無く、4~5時間は必ずやっていたようです。

勉強は結局一人でやらないといけないのですが、同じ勉強をしている仲間がいることが良いというよりは、違う勉強をしている人が居ないという環境が良いというのが彼の考え方でした。 また、その勉強方法については下記のような考えも話してくれました。

本人談

時期によると思うのですが、始めの頃は分からないところは放置して進まないと嫌いになっちゃうんですよね。
だからもうとりあえず始めの頃は、分からないところは放ってとりあえず一周すること。
それで一周して、その後そこから分からないところを放置しないように、一つ一つ潰していけば、潰していくうちに全体の色が塗られているみたいな。
とりあえず一回薄く色塗って、あとは点々と色を塗っていくみたいな感じです。

将来の目標

クライアントの顔を見てやれる個人案件と、国際的に大きな案件にも関われるような両立ができないかと考え、就職活動も始めている時(2017年5月24日)でしたが、 将来的にはこんな考えがあることも教えてくれました。

本人談

人の下で働くというよりは、一人でやりたくて弁護士を志したところもあるので、独立は絶対したいですね。

会計プロで会計士の人とか税理士の人とか知り合いが多く、全国各地から集まってるので、そういうネットワークみたいなものができればいいかと思っています。 弁護士の友達が出来たら、弁護士の友達も集めて、最終的に何か合同で事務所的なものを作れたら面白いかなと思っています。

setoyama03.jpg
<※本ページ内の瀬戸山 大雅さんの写真は2017年5月24日に撮影したものです。>

最新お知らせ・ブログ4件

 

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」
「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制から大学や専門学校の受験って大丈夫?」

資料請求はこちら
プライバシーマーク

ルネサンス高等学校グループは通信制高等学校です。
全国に3校(茨城・豊田・大阪)、キャンパスは7拠点(札幌・仙台・東京・新宿代々木・豊田駅前・広島・福岡)展開しており、全国各地から生徒を受け入れております。

Copyright © ルネサンス・アカデミー株式会社All Rights Reserved.

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制高校から大学や専門学校の受験って本当に大丈夫?」

資料請求
いますぐ出願したい方はコチラ
パソコン・スマートフォン・タブレットから簡単出願!!
検定料は、クレジットカード・コンビニ決済で!! 24時間受付中
ネット出願

通信制高校への入学・編入転校をお考えの皆様へ

ルネサンス高等学校グループは、全国に3校(茨城豊田大阪)、7拠点(札幌仙台東京・新宿代々木愛知豊田名古屋広島福岡)に連携キャンパス又は受付相談センターを置く広域通信制高校です。 どんなタイプの方でも、安心して学習し卒業できるシステムを構築し、生徒一人ひとりのライフスタイルに合った"学び"を提供しております。
「登校してしっかり学ぶ」「友達を作って学校生活を楽しむ」という学校が多い中、最短年4日の登校で高卒資格が取れる学校は多くはありません。 一方で本当に高卒資格が取りたくても、仕事が忙しくて登校できない、子育てで手が離せないなど様々な事情で、学校に行きたくても行けない方がたくさん居るのも事実です。 ルネサンス高校はそういった方のニーズに答えるために生徒に負担のかからない授業やレポートシステムを作り、今年で13年。卒業生も12,000名以上です。