通信教育が当り前になる ~通信制高校の場合~ | 通信制高校のルネサンス高等学校

通信教育が当り前になる ~通信制高校の場|通信制高校のルネサンス高等学校

メニュー
 

ルネ高48

通信教育が当り前になる ~通信制高校の場合~

2017年7月4日

全日制・定時制・通信制

170704db01.png

 通信教育は、全日教育・通学制教育の補完である、というのが教育界の常識だった。全日制高校に主に経済的理由で進学できない生徒は、定時制高校に行き、定時制高校も通学が難しい生徒が通信制高校に進学する。働きながら勉強する、感心な生徒たち、というイメージである。
だから制度も彼らをサポートしていた。単純化すれば、休みを除いて、学校で毎日6時間授業を受けるのが全日制、毎日4時間授業を受けるのが定時制、それに対し場所問わず毎日1-2時間自学自習すればいいのが通信制高校である。
そのため昔は定時制高校、通信制高校共に在籍年数は4年間であった。それが今は共に3年間となった。

学校不適応

 ところが今の通信制高校の生徒の主流は、アルバイトを別にして(全日制でも過半数がアルバイトしている)、広い意味での「学校不適応」の生徒の通う学校になっている。「不適応」というのはネガティヴな意味ではない。まず現在の学校の方が生徒の多様なニーズに応えられない=不適応の状態にある、という意味。
建前は別として、偏差値至上主義、英数国理社の普通教育主義、といった画一的教育の鋳型に生徒を型にはめる教育が当り前となっている。
豊かになれば、ファションや食事も多様化するように、教育ニーズが多様化するのが当り前なのに、学校は画一的で無個性である。学校の方が「生徒に不適応」なのだ。合わない生徒がいるのが当り前である。

170704db02.png

 そして当り前の反応として、学校不適応が起こる。食事に例えると「不味くて食べられない」ので食べないだけなのに、不登校、その結果としての中退、としてネガティヴに評価される。食べ物も知識も人間の身体に取り入れるので大切なものだけど、不味くて栄養になるかも怪しいなら、食べないのが当り前だろう。
身を守っているだけなのだ。全く恥じることはない。むしろ個性がある生徒だ。
これが生徒から見た「学校不適応」である。

通信制高校進学が当たり前の時代

sports.jpg

 さらに目覚めた生徒たちがいる。小学生、中学生で明確に人生の目標を持っている生徒たちだ。スポーツ、芸能・芸術、などの分野に多い。例えばゴルフ、当校卒業の畑岡奈紗さんは高校生でプロのビッグトーナメント=日本女子オープンで並みいる強豪プロをやぶり、見事優勝した。プロ転向後アメリカプロツアーに挑戦している。
テニスの錦織圭さん、サッカーの香川真司さんも他校だが通信制高校であった。芸能界でもたくさんいる。やりたいことが明確な生徒にとって全日制の高校に進学すると、やりたいことができなくなるのである。積極的な「学校不適応」?である。

 学校に生徒が合わせるのではなく、生徒に学校が合わせる、それが比較的やりやすいのが通信制高校。
時間が相対的に比較して自由になるのが大きな特徴。若い人にとって、「打ち込むものを持っているのがカッコいい」と私は思う。高校卒業資格も社会で差別されないように必要だが、もっともっと大切なのは、通信制高校の仕組みを利用して、やりたいことを探す、やるということだ。

170704db03.png

やりたいことは自分にとって楽しいことである。それでメシが食えたら、プロになれたら、最高にhappyだろう。
多くの生徒にそうなって欲しい。その道のプロに成るには、大学からでは遅すぎるかもしれない。
通信制高校に進学するのが当り前の時代がやがてくると予想する。

著者:桃井 隆良
日本の教育の改革を志し、内閣総理大臣から「教育特区」として認定された茨城県大子町にルネサンス高等学校を2006年開校。その運営法人となるルネサンス・アカデミーの代表を務め、2011年にはルネサンス豊田高等学校、2014年にはルネサンス大阪高等学校を開校。現在は「新しい学校の会」の理事長も務める。

最新お知らせ・ブログ4件

 

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」
「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制から大学や専門学校の受験って大丈夫?」

資料請求はこちら
プライバシーマーク

ルネサンス高等学校グループは通信制高等学校です。
全国に3校(茨城・豊田・大阪)、キャンパスは7拠点(札幌・仙台・東京・新宿代々木・豊田駅前・広島・福岡)展開しており、全国各地から生徒を受け入れております。

Copyright © ルネサンス・アカデミー株式会社All Rights Reserved.

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制高校から大学や専門学校の受験って本当に大丈夫?」

資料請求
いますぐ出願したい方はコチラ
パソコン・スマートフォン・タブレットから簡単出願!!
検定料は、クレジットカード・コンビニ決済で!! 24時間受付中
ネット出願

通信制高校への入学・編入転校をお考えの皆様へ

ルネサンス高等学校グループは、全国に3校(茨城豊田大阪)、7拠点(札幌仙台東京・新宿代々木愛知豊田名古屋広島福岡)に連携キャンパス又は受付相談センターを置く広域通信制高校です。 どんなタイプの方でも、安心して学習し卒業できるシステムを構築し、生徒一人ひとりのライフスタイルに合った"学び"を提供しております。
「登校してしっかり学ぶ」「友達を作って学校生活を楽しむ」という学校が多い中、最短年4日の登校で高卒資格が取れる学校は多くはありません。 一方で本当に高卒資格が取りたくても、仕事が忙しくて登校できない、子育てで手が離せないなど様々な事情で、学校に行きたくても行けない方がたくさん居るのも事実です。 ルネサンス高校はそういった方のニーズに答えるために生徒に負担のかからない授業やレポートシステムを作り、今年で13年。卒業生も12,000名以上です。