通信制高校ルネサンス高等学校

カラス

ルネサンス大阪高等学校

カラス


いま,男子サッカーのワールドカップ予選が行われています。

写真は,サッカー日本代表のユニホームにつけるエンブレムです。

3本足のカラスがデザインされています。

これは,「ヤタガラス」といわれ勝利のシンボルなのです。

さて,カラスは街中に出没してゴミを食い散らかす「迷惑行為」をします。

東京ではカラスが生ゴミを食い散らかして問題になっています。しかし,同じ大都市の大阪では,そういう話はあまり聞きません。

東京と大阪では,カラスのゴミ問題に関して,なにかちがいでもあるのでしょうか?

予想

   ア.大阪では,かつて大々的にカラスの駆除をおこなった結果カラスが激減した。

   イ.東京と大阪ではゴミの回収の仕方に違いがある。

   ウ.その他。

予想をたてましたか?

以下、回答です。

生ゴミは東京に比べて大阪は絶対量がそもそも少ないうえ,関西の繁華街では民間業者に委託した夜間回収が以前から徹底していたため,カラスが活動を始める早朝には路上に生ゴミが少ないといいます。

また,カラスは夜間森林に集団で営巣する習性があるので,緑の少ない大阪の都心部はカラスにとって住み良い場所ではないということです。

えさが少ないのに周辺部の森からわざわざ飛んでくるのは,エネルギー収支が合わないのです。

東京23区と大阪市を比べると,緑地面積と公園面積の合計は東京が大阪の約3.7倍で,大阪は東京にくらべて緑が少ない街なのです。

カラスにとって,大阪は住み心地のいい街ではないのでしょう。


最新の記事