通信制高校ルネサンス高等学校

自分で勉強を始める最初の機会は受験勉強

ルネサンス高等学校

自分で勉強を始める最初の機会は受験勉強


板倉聖宣先生のところで、興味深い話をきいてきました。
「自分で勉強を始める最初の機会は受験勉強」というのです。児童・生徒は校内テスト前であったり多くの機会で勉強していると思うのですが、どういうことでしょう。


「同じ内容について別の書き方をしているものを複数購入することって普通はない。受験では、同じ内容でも参考書をいくつか買って、自分の理解できるものを探してみる。こんな風に同じ内容の違う書き方の本を探すというのが、自分で勉強をするということ。その最初になるのが、受験勉強のことが多い」


そんな話を伺ってきました。


最新の記事