通信制高校ルネサンス高等学校

電車の車両についている記号のはなし

ルネサンス大阪高等学校

電車の車両についている記号のはなし


2014-09-29

先日,和歌山県の橋本市に学校訪問に行きました。

プラットホームで電車を待っていたら,向こう側のホームに写真のような電車が入ってきました。

車体には,「東の野に 炎の立つ見えて かへり見すれば 月傾きぬ」」という柿本人麿の和歌が書かれていました。

なかなか趣のある車両だと思って見ていたのですが,車両の下には「クハ104 -501」という記号がありました。

さて,この「クハ」という記号の意味ですが,なにをあらわしていると思いますか?

気になって家に帰って『記号のなぞとき』(板倉聖宣 岩波書店)という本で調べてみると次のようなことが分かりました。

JRでは「運転台のある車両(せいぎょ車)」のことを「ク」という記号であらわしているのです。

それでは,「ハ」という記号はなにをあらわしているのでしょうか?

「ハ」は普通車の記号なのです。

じつは,むかし(1960年まで)の国鉄(いまのJR)の客車には1等車,2等車,3等車の区別があって,それにイ・ロ・ハという記号がついていたのです。

ですから当時の記号の約束で解釈すれば「クハ」の車両は「運転台のある3等車」ということになってしまいます。

しかし,いまは,グリーン車と普通車の区別しかないので,「ロ」は「グリーン車」,「ハ」は「普通車」の記号として使われているのです。

「モ」は「モーターのついている車両」です。

ですから「クモハ」と書かれた車両は「運転台とモーターのある普通車」を意味します。

そう思って,反対側のホームに止まっていた南海高野線(私鉄)の車両をみると,カタカナの文字はなく,写真のように数字ばかりがならんでいました。

記号には,なんらかの意味があるのですね。


最新の記事