通信制高校ルネサンス高等学校

なたね油とオリーブ油と石油

ルネサンス大阪高等学校

なたね油とオリーブ油と石油


2014-11-07

写真は10月の学校訪問の途中に見かけた蔵です。

場所は,住吉大社の近く。

さて,何を入れていた蔵でしょう?

解説には,「なたね油」などを入れていた,と書かれていました。

江戸時代から,このあたりは,油を取るために菜の花の栽培が盛んであったようです。

日本では,時代によって灯火として使われていた油の種類はいろいろですが,

古代ギリシャでは,「オリーブ油」を灯火の油として使っていたということです。

明治元年前後に,アメリカで油田が発見され,石油ランプが生まれました。

石油は,植物油より値段が安く,しかも明るいということで,急速にのびていきます。

これが文明開化に「火をつけた」わけです。


最新の記事