通信制高校ルネサンス高等学校

「反重力ボール」のなぞとき

ルネサンス大阪高等学校

「反重力ボール」のなぞとき


2014-12-04

前回の私のブログの記事「反重力ボール」のなぞを解き明かした先生が大阪校にいます。

それは,大阪校のブログにもたびたび登場する美術の小川先生です。

小川先生は,5秒くらい見ただけですぐになぞがわかりました。

「あっ,透明な玉がピー玉の間に浮いている」と言いました。

その透明な玉というのは,商品名を「ジェリーボール」といいます。

植物用の保湿材(高分子給水球)として使われています。 

植物の栽培に使うものですが,手品や実験の道具としても楽しめます。

水を吸って膨らんだジェリーボールを水の入ったコップの中に入れると「あれっ?」ジェリーボールが見えなくなってしまいます。

もちろん消えてしまったわけではありません。

水と屈折率が同じなので,こういうことがおこるのです。

このジェリーボールが,ビー玉の間に入っているので,ピー玉が浮いているように見えるのです。


最新の記事