通信制高校ルネサンス高等学校

化石の標本

ルネサンス大阪高等学校

化石の標本


2015-12-09

ルネサンス大阪高校の理科室には写真のような「化石」の標本があります。

化石というのは,地中に埋まっている昔の貝がらや魚の骨などです。

有名な画家のレオナルド・ダ・ヴィンチは,この化石の研究をしています。

当時の学者の中には,「星の光のふしぎな力によって石が形を変えた」と考えていた人もいました。

また,キリスト教の神父は「この貝がらは,あのノアの大洪水のときに,海からはい上がって死んだ貝の殻です。これは,ちゃんと聖書に書かれています」と説明しました。

しかし,レオナルドは,こういうまちがった考えと真っ向から対立し,「レオナルドは神の教えに反した考えをした」という理由で牢獄に入れられそうになりました。

彼がこのような化石の研究をしていたことは,彼の死後400年もたってからノートが公開され明るみに出たということです。

くわしくは,『地球の発明発見物語』(西村寿雄)に書かれています。


最新の記事