通信制高校ルネサンス高等学校

レオナルド・ダ・ビンチ展

ルネサンス大阪高等学校

レオナルド・ダ・ビンチ展


ルネサンス高校に関わっていると,「ルネサンス」という言葉に敏感になります。先週も,地下鉄内の広告で「ダ・ビンチ」の文字を見つけたので,近づいてみると,「レオナルド・ダ・ビンチ展」の広告でした。場所はルネサンス大阪校の西側にある「グランフロント大阪北館」なので,さっそく行ってきました。

 レオナルド・ダ・ビンチといえばルネサンス時代の画家で「モナ・リザ」「最後の晩餐」といった作品は有名ですが,今回はいわゆる「絵画」ではなく,科学技術的な内容です。

当時のダ・ビンチが描いた図面をもとに,ヘリコプター,自動回転焼肉機,水汲み機,自走車,印刷機,水力のこぎり,計算機の原理,運動の変換,自動演奏太鼓などの設計図や模型がたくさん展示されていました。

ダ・ビンチは1400年後半から1500年前半の時代の人ですが,技師であり,音楽家であり,解剖学研究や,水の研究など才能豊かな人です。ただ,才能があっても,自由な環境がないとこうした独創的な研究はできません。これまでヨーロッパ中世の暗黒時代から,古代ギリシャのように,自由でヒューマニズムの時代(ルネサンス時代)であった時代だからこそこうした研究ができたのでしょう。これから100年後にガリレオ・ガリレイが現れて近代科学が成立していきます。

 レオナルド・ダ・ビンチに関する本は,杉浦明平「神話と魔術からの解放」『少年少女科学名著全集』第7巻(国土社)が当時の時代背景などが,わかりやすく書かれていて,楽しく読むことができます,残念ながら現在,絶版になっているので,興味のある人は図書館で借りてください。

 ルネサンス高校はルネサンスの精神(自由で人間的で楽しい)で作られた学校なので,私も楽しい授業ををめざしてやっています。

追記 ダ・ビンチのアンドロイドも作られていました。


最新の記事