通信制高校ルネサンス高等学校

たのしい授業:裁判員裁判を考える

ルネサンス高等学校

たのしい授業:裁判員裁判を考える


ルネサンス高校の通学コースでは、週に1回持ち回りで「たのしい授業」の時間があります。
今回は初めての「たのしい授業」の時間で、「裁判員裁判」を取り上げました。


NHKforSchoolの「三匹のこぶた裁判」をテーマに、ぶたのトン三郎が有罪か、無罪かについて

それぞれの意見をきいていきます。

写真 2016-04-18 13 39 36.jpg

この裁判の争点は、トン三郎がオオカミを殺したのは、正当防衛か、それとも殺人かでした。

写真 2016-04-18 13 26 35.jpg

新入生のなかでも、有罪と無罪との間で話し合いがおきました。

まずは、それぞれの証拠について考え、ワークシートに記入したもらったあとに
グループごとに判決をまとめ、最後に発表をしてもらいました。

それぞれの証拠について、「あらかじめ用意していたから有罪」というグループと、
「守るためにかまどのなべに閉じ込めたら死んじゃったので無罪」という話がでました。

実際の裁判員裁判でも、このように証拠をもとに判決をしていかなければいけません。

160418_1.jpg


最新の記事