通信制高校ルネサンス高等学校

紹介したい生徒

ルネサンス豊田高等学校

紹介したい生徒


ルネ高の皆さんこんにちは。

また、入学を考えている皆さんこんにちは。

ルネサンス豊田高校の伊藤です。

授業は国語を担当しています。

豊田校では3月2日に卒業式が行われました。

卒業生の皆さんは色々な進路選択・それぞれの道へと進んでいくことになります。

ルネ高に来て進路を大きく変えた生徒さんもいれば、ルネ高に入った時から目標に向かって努力し続けた生徒さんなど、人それぞれですが自分なりのやり方で卒業までの進路決定をしてくれました。

スクーリングや普段の連絡の中で、

「他の生徒さんの進路はどんな感じですか?」

「自分のように進路で悩んでいる生徒さんはいますか?」

といった質問があります。

皆さん、それぞれに夢や悩みがあり、葛藤があります。

卒業した生徒さんたちも卒業までたくさん悩んでくれました。

そこで今回は、3月に卒業したルネサンス豊田高校の私の担任した生徒さんの中でこんな風に結果を出したという生徒さんを在校生の皆さんに紹介したいと思います。

その子は、Kさんという女の子で2年生の途中でルネ高に転校してきました。今時の子には珍しくタブレット操作などが苦手な子でしたが、周囲のサポートや担任との連絡をしっかり取ってレポート提出をがんばってくれた子です。

2年生のスクーリングで進路の話をしたときには、「進学をしたいけれど下に兄弟がいるから就職する」と言っていました。

3年生になり、5月頃進路についてもう一度聞くと「やっぱり進学をしたい。以前から興味のあった分野を学びたい」と打ち明けてくれました。進路変更はもちろんOKですが、その時のKさんの不安は「受験の準備はまだ間に合うだろうか」ということでした。

 そこで、不安に思う前にまずは志望校について調べる際は、資料請求した冊子だけでなく実際に見学に行くことが大事だと伝えました。まず、夢を具体的な目標にしなければ対策もできません。それに、見学に行ったら「イメージと違ったので就職にします」、なんて事もあるかもしれません。ネットや資料で調べるのも大事ですが、実際に見るとイメージが変わることもあります。

 大学進学を決めてからのKさんの情熱には私も感心するほどでした。普段のレポート提出はしっかり行いながらも、自分で志望校を情報収集をしたり、ルネ高のイベントで行われた進路説明会に参加したり、オープンキャンパスに行ったりして夏までに志望校を決定しました。

そして、Kさんは志望校のAO入試を受ける準備を始めました。面談会に来てもらって、私と保護者を交え3者懇談をし、スクーリングに来た時には提出する書類の確認、文章の書き方など話し合いました。

しかし、面接練習をしようかと話していた矢先、ちょっとした事情からKさんはAO入試を入試を受けることができませんでした。Kさんの個人的な理由なので詳細は省きますが、一般入試を受けることが12月に決まりました。

そこからKさんは一般入試に気持ちを切り替え、試験勉強を始めます。ルネ高は通信制高校ですから、本人の気持ちさえあれば可能な限り全ての時間を学習に使うことができます。試験までの短い期間の中で、Kさんは時間を有効に使って必死に努力したのだと思います。それから、志望校を決める際に自分に見合った学力の学校であることをしっかり選べていたことも良かったのでしょう。めでたく、一般入試で無事に合格することができました。

こうしてKさんは、一度はあきらめ、さらに直前で入試対策が大幅に変わってしまったにもかかわらず進学への道を自分の力で切り拓くことができました。

これは一例ですが、3年生からの進路変更でもそこから時間をかけてしっかり自己を分析すること・大学を調べることができたからこそ、いい結果につながったのではないでしょうか。

進路決定は必ず悩むものです。悩む時間も、準備する時間もたくさん必要です。特に進学は取り掛かるのに遅い早いというタイミングは確かにありますが、時間が事由に使える学校だからこそ、遅れを挽回することができると思っています。

S__10903581.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

これは一つの例としてご紹介しましたが、こうやって皆さんがそれぞれしっかり悩んでもらえればと思っています。

後悔しない選択と言うのは難しいですが、「あの時もっと時間があれば」と思わないためにたくさん時間を使ってもらえたらいいですね。


最新の記事