通信制高校ルネサンス高等学校

【転入時期】夏休み前に転校するメリット

ルネサンス高等学校

【転入時期】夏休み前に転校するメリット


5月の連休明け以降、転校に関するお問い合わせや高校生からの資料請求が増えております。転校のタイミングについてご相談を受けることも多いので「夏休み前に転校するメリット」をまとめてみました。
もちろん、夏休み中の様子を見てから判断されるご家庭も少なくありません。お子さまの様子や学校での状況によって判断は異なると思いますので、判断材料の一部としてご活用くださいね。

夏休み前に転校するメリット

学習について

・レポート提出の遅れを取り戻す負担が少ない。
・スクーリングの日程を調整しやすい。
・入学手続き完了後、すぐにルネ高の学習を始めることができる。

        

進路について

・ルネ高での進路説明会や三者面談に参加できる。(夏休み以降でも担任の先生から個別のサポートはあるのでご安心ください。)
・7月から閲覧可能となる「指定校推薦枠」を確認できる(指定校推薦枠は大学ごとに数が限られています。)
・欠席日数のカウントが少なくて済む。

        

学費について

 

・高等学校等就学支援金が対象となるご家庭の場合、学費の実質負担が軽減される。(申請書類を提出していただく必要があります)
・在籍期間は学費に影響しないため、年度末に転校するより学費がお得。(例:6月に転入しても12月に転入しても学費は同じです)


例年、大学受験や就職活動が始まる時期になると「進学(就職)に必要な書類に、前の高校の欠席日数が記載されることを知らなかった」と、前籍校の欠席日数を不安に思われる保護者の方がいらっしゃいます。
全日制高校で「しばらく様子をみましょう」とした結果、欠席日数が多くなってから転校される方は少なくないのですが、前籍校の出欠席は転校後の学校から受験したとしても調査書に記載されるんです。

転校を検討する場合には、現在の高校の先生だけでなく、気になっている通信制高校にも一度問い合わせてみてください。

関連リンク

オンラインでの学校説明会を開催します!
通学タイプのスタンダードコースやeスポーツコースといった各コースの情報や、学費についても詳しくご説明いたします。
高校卒業のための選択肢のひとつとして、お気軽にご参加くださいませ!

tenko_0522.jpeg

転校生向け学校説明会

個別相談会・見学を申し込む 資料請求をする

最新の記事