通信制高校ルネサンス高等学校

サルビアとアガパンサスがバエるまだ梅雨入り前のルネ高です。

ルネサンス高等学校

サルビアとアガパンサスがバエるまだ梅雨入り前のルネ高です。


あぢーっ。

S__4079629.jpg

蒸し蒸し暑いのにまだ梅雨入り宣言がなされないとは。

でも、グランドの芝は緑が濃くなってきたました。

しっかり根付いて成長しているようです。

S__4079622.jpg

おっと、

分田先生がせっせと何か植えているようです。

S__4079625.jpg

サルビアのようです。

6月から11月ぐらいまでは咲き続ける花です。

S__4079628.jpg

サルビアの赤とアガパンサスの紫の列のコントラスト?が、とてもきれいです。

S__4079627.jpg

因みに、アガパンサスは、南アフリカを原産地とする多年草。

別名「アフリカンリリー」と呼ばれるほか、君子蘭に似ていることから「紫君子蘭(ムラサキクンシラン)」という和名も持っています。

※ 花びらがユリに似ていることもあり、以前はユリ科に分類されていましたが、現在はヒガンバナ科に分けられています。

アガパンサスの花名は、ギリシャ語で愛を意味する「agape(アガペー)」と、花を意味する「anthos(アンサス)」が合わさって付けられているとのことです。

このことから、ヨーロッパでは古くから愛の花として親しまれ、恋人に贈られていたようで、  

自分の気持ちを想い人に伝えるシーンで贈られた花から、「ラブレター」、青紫色の凛とした花姿が知性を感じさせる様子から「知的な装い」という花言葉を持つようです。

アガパンサス(紫君子蘭)の花言葉|花の種類や色、見頃の季節は?」から

また、サルビアについては、こちら ↓ をどうぞ。

サルビア は、ソ-セージ (^^ゞ(2018年06月08日) | 通信制高校のルネサンス高等学校 (r-ac.jp)


最新の記事