ルータイスの「コーチング法」に高校生と触れる(2017年02月08日) | 通信制高校のルネサンス高等学校

ルータイスの「コーチング法」に高校生と触|通信制高校のルネサンス高等学校

メニュー
 

大阪

ルータイスの「コーチング法」に高校生と触れる(2017年02月08日)

サイエンスコース

ルータイスの「コーチング法」に高校生と触れる(2017年02月08日)

ルータイスの「コーチング法」に高校生と触れる(2017年02月08日)

米国の高校教員であり、フットボール・コーチであった故ルータイスが40年間の歳月を掛けて築き上げてきたコーチングの実践的手法_それを科学者(特に、認知心理学や脳機能科学)の検証を経て、苫米地英人博士らが TPIE(Tice Principles In Excellence®)として「成人向けに」開発しました。一方、PX2(the Path to eXtreme Success2)は受講費を抑え、「青少年・保護者・教育者向け」に提供されていることを知り早速、申し込んで体験してみることにしました。

大阪市内で2日間、10名規模の受講生で12のステップに分けて、受講生同士がペアまたはグループになり、コーチング資格のある講師(ファシリテータ)の指示の下、各自の意見を出し合いながら進める"PX2セミナー"です。今回の受講生は様々なバックグラウンドをお持ちの方々でしたので、その分、多種多様な意見が飛び交ったように感じます。

PX2プログラムを開発した一般財団法人・BWFジャパンの要請で今回のワークで得た個人情報、研修内容の詳細、提供されたテキストなど教材を一般に開示することは禁じられています。しかし、そこで得た内容を受講生の学習や生活に活かしていくことは趣旨に沿った活動になると思います。僅か1組の生徒と教員が受講したに過ぎませんが、我々がコードネームで「パレット」と呼んでいるスーパーサイエンスコースの学びの方策を目下、企画しているところでしたので、そこへと反映させていくことは開発者・主催者の労力に報いることになるだろうと信じています。

主催者側の話では今後、PX2プログラムは今回のようなオープン(一般公開)からクローズド(特定の学校やクラブチームなどの団体を対象に限定化)へシフトする方針をうかがいました。今後、各地の学校で自分の生き方を磨く、そんな学びが展開していくことが期待できます。ルータイスの放った重い豪速球を受け留めた感覚で、ジンジン痺れています(文責:教育デザイン室長・竹内 準一)。

----------

❏岩田祐樹くん(2年)が証言する受講後の変化

今週の前半2/6、2/7にPX2セミナーという催しに参加してきました。このセミナーは、二日間かけて脳と心の働きを知り、自分の望む未来を現実のものにするための「考える技術」を学ぶことができるというものです。今回も通信制高校ならではの身軽さを生かして、平日の朝から活動しました。

一日目から、自分に大きな変化が起きているのを感じました。頭の中で自分に向ってプラスに語りかけることで、自分の思考をプラスに変えられるようになってきたのです。自己を責めたり卑下したりする「マイナスのぼく」を封じて、自画自賛したり前向きにアドバイスしてくれる「プラスのぼく」が活躍し始めました。そんなプラス志向のマインドセットによるものか、「僕にできるのかな」が「ひょっとしてできるんじゃないか」に変わり、遂に「僕ならできる」と思えるようになりました。その結果、今の僕は数日前と比べて自分に自信をもっています。また、一日目の夜に気づいたのですが、目に映る景色を以前より明るく鮮やかに感じるようになりました。

二日目は、自分の望む未来を具体的にイメージすることで、自分が将来何をしたいのかハッキリしてきました。「何になりたい」を超えて、「何をしたいか」がです。大きな目標が二つ出来たのです。目標に向かっての歩みが始まりました。

そして次の日の朝、僕は7時過ぎに目を覚ましました。朝が弱い僕が、です。ホントに自分のマインドが変わったんだなと実感した嬉しい朝でした。

----------

画像・左:PX2TMテキストの扉、同・中:受講する岩田くん、同・右:会場となった会議室の看板

付記:今後、教育現場(実務現場)でもティーチング(teaching)からコーチング(coaching)への重心の移行が進むだろうと思います。実際、次世代には前の世代を単に継承するだけではなく、新たに発生する問題を乗り越えて行って貰わなければならないことなど、火を見るより明らかだからです。コーチングとティーチングの相違に関する論点については、例えば、起業コンサル(コンラボ、東京)サイトにある具体事例(他のコンテンツも充実)が参考になります。

サイエンスコース

最新の記事

月別でブログを見る

通信制高校のルネサンス高校グループ > 学校 / 連携キャンパス等 > ルネサンス大阪高等学校 > ルネサンス大阪高等学校ブログ > 教員 > サイエンスコース > ルータイスの「コーチング法」に高校生と触れる

最新お知らせ・ブログ4件

サイエンスコース

新宿代々木キャンパス

新宿代々木キャンパス

ルネ大阪広報

 

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」
「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制から大学や専門学校の受験って大丈夫?」

資料請求はこちら
ネット出願はこちら
プライバシーマーク

ルネサンス高等学校グループは通信制高等学校です。
全国に3校(茨城・豊田・大阪)、キャンパスは7拠点(札幌・仙台・東京・新宿代々木、神奈川・横浜・豊田駅前・広島・福岡)展開しており、全国各地から生徒を受け入れております。

Copyright © ルネサンス・アカデミー株式会社All Rights Reserved.

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制高校から大学や専門学校の受験って本当に大丈夫?」

資料請求
いますぐ出願したい方はコチラ
パソコン・スマートフォン・タブレットから簡単出願!!
検定料は、クレジットカード・コンビニ決済で!! 24時間受付中
ネット出願

通信制高校への入学・編入転校をお考えの皆様へ

ルネサンス高等学校グループは、全国に3校(茨城豊田大阪)、7拠点(札幌仙台東京・新宿代々木神奈川・横浜愛知豊田名古屋広島福岡)に連携キャンパス又は受付相談センターを置く広域通信制高校です。 どんなタイプの方でも、安心して学習し卒業できるシステムを構築し、生徒一人ひとりのライフスタイルに合った"学び"を提供しております。
「登校してしっかり学ぶ」「友達を作って学校生活を楽しむ」という学校が多い中、最短年4日の登校で高卒資格が取れる学校は多くはありません。 一方で本当に高卒資格が取りたくても、仕事が忙しくて登校できない、子育てで手が離せないなど様々な事情で、学校に行きたくても行けない方がたくさん居るのも事実です。 ルネサンス高校はそういった方のニーズに答えるために生徒に負担のかからない授業やレポートシステムを作り、今年で12年。卒業生も1万人を超えております。