淡水海綿の引っ越し(自由研究への誘い)(2017年08月06日) | 通信制高校のルネサンス高等学校

淡水海綿の引っ越し(自由研究への誘い)|通信制高校のルネサンス高等学校

メニュー
 

大阪

淡水海綿の引っ越し(自由研究への誘い)(2017年08月06日)

サイエンスコース

淡水海綿の引っ越し(自由研究への誘い)(2017年08月06日)

淡水海綿の引っ越し(自由研究への誘い)(2017年08月06日)

スーパーサイエンスコース担当の竹内です。自由研究(探究学習)の萌芽は、思い掛けない偶然(セレンティビティ)からやって来るものです。その後、セレンティビティという言葉は、普遍性があるため発明起業など、分野を問わず使われるようになりました。正解やシナリオが用意された練習問題して入学問題に立ち向かう「旧来の勉強」から脱却し、自ら発した問いに挑戦する「21世紀型の学び」(故三宅なほみ氏)活動が求められる時代の到来です。
今日は、タンスイカイメンを例に取り挙げ、自由研究の萌芽へといざなうことにします。4月の入学式の切り花についてきた淡水海綿から派生し、城北ワンドからタンスイカイメンが着生した石を持ち込んで、理科室でスチロース製の円形水槽で飼育実験をスタートしていました。室内で生態系が安定化し、途中でヒドラや稚貝が発生しましたが、タンスイカイメンの個体は維持できています。しかし、エアレーションをしたり、時折、エビオス錠(ビール酵母製剤)を与えていますが、居心地が悪いらしく集落も縮み、(最初に着生していた)原発部位から少しずつ移動することに気づきました。
遂に水槽の底へ"飛び火"したことを確認すると、新しい集落の四方をスライドガラスで囲い込み、どれかのスライドへ移動するまで待つことにしました。2ヶ月もすると、隣のスライドガラスへ集落の一部が移り掛けていることを確認しました。こうして今日、自然に近い状態(in situ)のまま顕微鏡観察できる体制が整った次第です。水槽からスライドガラスを取り出してみると、1枚当たり3つの新しいタンスイカイメンの集落が形成されていました。その独立性を考えると、水槽の底から移動してきたルート以外に、水中を何らかの形で移動し、"飛び火"してガラス面へ定着したことを推測させる状況証拠に見えます。
スーパーサイエンスコースでは、外からは小難しい研究をしているように見えるからも知れませんが内実、こんな "いたずら心" をエネルギー源にして実験を進めています。これからは注意深く観察し、閃きに従って行動し、そうして "道なき道" を歩むべき時代です。似たような不思議体験をしてきた者同士なら、たとえ扱う対象が違ってもお互い理解し合うことができます。先日、ワークショップで当コースの生徒たちがもの怖じせず一流の研究者を前にして意見交換ができた理由です。ここに、大学入試と高校教育課程の見直しの意図があります(文責:教育デザイン室長・竹内 準一)。
                  ----------
画像・左:タンスイカイメンの水槽内での"飛び火"移動(左下の嵌め込み画像は、スライドガラスを浸漬して捕獲を試みている様子;白い矢印が原発部位を示す)、同・中:タンスイカイメンの新生コロニー(右上の嵌め込み画像)とコロニーの辺縁部(位相差・暗視野で検鏡、形成された骨片が輝いて見える)、同・右:スライドガラス上に捕獲したタンスイカイメン(共生藻による緑色に呈色したコロニーが3つ見える)。
付記:今から三十余年前、花粉の研究では名高い大学教授が中学生時代から指導してきた生徒が受験する年齢になり、ご自身が勤務する大学を受験したところ合格できなかったそうです。そして、新学期の教室で思わず「キミたちなんかが入って来てしまって・・」とその教授はいたく嘆いたそうです。教授に言われた側の一人に、私の元配偶者(死別)がいたから知り得たエピソードです。あれから長い歳月が流れ去り、日本の国力も衰退し始めて、ようやく日本の教育が変わろうとしています。才能があっても合格できない問題は、かねてよりOECD教育調査団が指摘報告書解説)してきたように制度の不備です。大人が負うべき責任であって、およそ一人の高校生の負うべき責任ではありません(竹内記)。

サイエンスコース

最新の記事

月別でブログを見る

通信制高校のルネサンス高校グループ > 学校 / 連携キャンパス等 > ルネサンス大阪高等学校 > ルネサンス大阪高等学校ブログ > 教員 > サイエンスコース > 淡水海綿の引っ越し(自由研究への誘い)

最新お知らせ・ブログ4件

サイエンスコース

ルネサンス高等学校 (大子校)

サイエンスコース

サイエンスコース

 

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」
「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制から大学や専門学校の受験って大丈夫?」

資料請求はこちら
ネット出願はこちら
プライバシーマーク

ルネサンス高等学校グループは通信制高等学校です。
全国に3校(茨城・豊田・大阪)、キャンパスは7拠点(札幌・仙台・東京・新宿代々木、神奈川・横浜・豊田駅前・広島・福岡)展開しており、全国各地から生徒を受け入れております。

Copyright © ルネサンス・アカデミー株式会社All Rights Reserved.

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制高校から大学や専門学校の受験って本当に大丈夫?」

資料請求
いますぐ出願したい方はコチラ
パソコン・スマートフォン・タブレットから簡単出願!!
検定料は、クレジットカード・コンビニ決済で!! 24時間受付中
ネット出願

通信制高校への入学・編入転校をお考えの皆様へ

ルネサンス高等学校グループは、全国に3校(茨城豊田大阪)、7拠点(札幌仙台東京・新宿代々木神奈川・横浜愛知豊田名古屋広島福岡)に連携キャンパス又は受付相談センターを置く広域通信制高校です。 どんなタイプの方でも、安心して学習し卒業できるシステムを構築し、生徒一人ひとりのライフスタイルに合った"学び"を提供しております。
「登校してしっかり学ぶ」「友達を作って学校生活を楽しむ」という学校が多い中、最短年4日の登校で高卒資格が取れる学校は多くはありません。 一方で本当に高卒資格が取りたくても、仕事が忙しくて登校できない、子育てで手が離せないなど様々な事情で、学校に行きたくても行けない方がたくさん居るのも事実です。 ルネサンス高校はそういった方のニーズに答えるために生徒に負担のかからない授業やレポートシステムを作り、今年で12年。卒業生も1万人を超えております。