ダンゴムシから新しい領域への萌芽を実感(2017年11月12日) | 通信制高校のルネサンス高等学校

ダンゴムシから新しい領域への萌芽を実感|通信制高校のルネサンス高等学校

メニュー
 

大阪

ダンゴムシから新しい領域への萌芽を実感(2017年11月12日)

サイエンスコース

ダンゴムシから新しい領域への萌芽を実感(2017年11月12日)

ダンゴムシから新しい領域への萌芽を実感(2017年11月12日)

スーパーサイエンスコース担当の竹内です。当コースで心理学の実験をやりたいという1年生が来たことから、ダンゴムシを教材にする路線を発掘し出しました。既存の学校は"主要5教科"などの枠組みが先にあるものですが、ここは喩えるなら顧客が来て注文を受けてから「じゃ、魚釣ってくるわ」の感覚で、食材を集めに行く食堂です。なぜ、そうするのか? 「その方が断然、面白い(涼宮ハルヒのセリフ)」し、実力も磨けるからです。

昨日、府立大手前高校で大阪府高等学校生物教育研究会主催の定例会で信州大学・森山徹准教授による『ダンゴムシは考える。ミナミコメツキガニは気にしてる』と題するご講演がありました。生物教員向けという慣例をいささか破って「ダンゴムシの研究を始めている生徒がいるので・・」と主催者側に頼み込んで生徒を1人、教員の私が引率させて戴きました(森山先生が演者に決定した時点では、ダンゴムシの探究開始は未決定でした)。

高校生が聴衆に加わる話は森山先生にも事前に伝わっていたようで、先生も意識されてお話しされていた印象がありました。演題に興味を抱いている高校生が1名混じったことで新鮮味も加わり、反って質疑応答が活発になったように感じられました。新保くんが2つも重要な質問をしてくれました。4月に当コースに加わって半年と少々、彼の目覚ましいまでの成長振りには驚かされます。生徒の参加を認めて下さった同研究会幹部の方々には厚く御礼、申し上げます(文責:教育デザイン室長・竹内 準一)。

❏ ユニークな研究をしているユニークな大人に感銘(3年 新保雅史)  昨日は前々から興味を持っていた森山徹准教授のダンゴムシとミナミコメツキガ二の行動を題材にしたご講演会に参加させて頂いた。2時間ほどの講演でしたが、その内容はとてもユニークでダンゴムシの個体には交替性転向反応(ジグザグ歩行)で一定の方向にある程度の距離まで進んだら反復性転向反応(同じ方向へ続けて二度曲がる歩行。発現率は個体によって違うが、約2割)で方向を変えるという現象があることや、ミナミコメツキガ二は個体でいるよりも集団でいる方が体内時計が同期して、一体化するという研究結果が出ていることなど、まるで人間社会を眺めているようで非常にユニークなため思わず「へぇー」と唸らされてしまう内容だった。

 質疑応答の時間も設けられており、僕は頭の中で講演内容をフラッシュバックして「ここはこうだというふうに言っていたが、もしそこがこうなっていたら結果はどうなっていただろうか」と、自然界で起こりえそうな現象を想像して質問した。森山先生は現在「心の正体」について研究されており、ダンゴムシの心について書かれた本も出版している。ユニークで面白い大人が、これから増えていく気がするし、ますますそうなって欲しい。

----------

画像・上段左:ダンゴムシの画像でオープニング(丸薬似なのでpill bugsと呼ばれる)、同・上段中:学生向け実験書*1(中高生、大学生を想定)も分担執筆、同・下段右:大手前方面からお堀と城壁を望む、同・下段中:著者から著書*2の扉にサインを戴く新保くん、同・下段右:新保くんに宛てた著者直筆サインと日づけ。

*1(共著)「ダンゴムシのジグザグ逃避-迷路を用いた交替性転向反応の観察とその仕組みの検討」、『研究者が教える動物実験 第3巻(行動)』に収録 、 3:69-73、共立出版(2015).*2(単著)『ダンゴムシに心はあるのか-新しい心の科学-』、PHP研究所 , サイエンス・ワールド新書(2011).

付記:新保くんが森山先生の研究内容をユニークだと評したのは非常に的確で、先生の研究分野はしばしば複合新領域にも区分され、従来の学問領域から超越する境界領域を含みます。私の見立てでは、「複雑系科学」に該当するのではないでしょうか? 身近な例では、ムクドリの群れがどう統制が取られているのか、高速道路の渋滞がどのように発生していくのか、不思議な現象がそこに実在しながら手つかずの科学領域があるのです。一部の大学(名古屋大学の例)では、その一角を切り崩す努力が進められています。世界的には、米国のサンタフェ研究所が"総本山"と言われます。英語では"Complexity Science"と呼ばれ、ネット上でダイジェスト版の情報も得られます。実務分野でも、河川管理への応用事例として新しい試み(感性工学)が見つかりました。

後日談:会場を後にし最寄り駅に向かう途中、新保くんと私は森山先生に追いつかれてしまった。豊中高校の卒業生である森山先生は、私より大阪の地理に詳しいご様子で帰路、いろいろとお話しながら梅田へ戻るまでの楽しい時間を共有することができ光栄でした。早速、メールで研究機材のご助言など、頂戴しています。特定の課題を持つことで、高校時代にどれだけ学びへ向かう"糸口"が生まれるか知れません。高校生らしい斬新な学びを一緒に創出して行きましょう。「枠組み」に縛られない方が新規開拓できます(竹内記)。

サイエンスコース

最新の記事

月別でブログを見る

通信制高校のルネサンス高校グループ > 学校 / 連携キャンパス等 > ルネサンス大阪高等学校 > ルネサンス大阪高等学校ブログ > 教員 > サイエンスコース > ダンゴムシから新しい領域への萌芽を実感

最新お知らせ・ブログ4件

サイエンスコース

サイエンスコース

eスポーツコース

サイエンスコース

 

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」
「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制から大学や専門学校の受験って大丈夫?」

資料請求はこちら
ネット出願はこちら
プライバシーマーク

ルネサンス高等学校グループは通信制高等学校です。
全国に3校(茨城・豊田・大阪)、キャンパスは7拠点(札幌・仙台・東京・新宿代々木、神奈川・横浜・豊田駅前・広島・福岡)展開しており、全国各地から生徒を受け入れております。

Copyright © ルネサンス・アカデミー株式会社All Rights Reserved.

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制高校から大学や専門学校の受験って本当に大丈夫?」

資料請求
いますぐ出願したい方はコチラ
パソコン・スマートフォン・タブレットから簡単出願!!
検定料は、クレジットカード・コンビニ決済で!! 24時間受付中
ネット出願

通信制高校への入学・編入転校をお考えの皆様へ

ルネサンス高等学校グループは、全国に3校(茨城豊田大阪)、7拠点(札幌仙台東京・新宿代々木神奈川・横浜愛知豊田名古屋広島福岡)に連携キャンパス又は受付相談センターを置く広域通信制高校です。 どんなタイプの方でも、安心して学習し卒業できるシステムを構築し、生徒一人ひとりのライフスタイルに合った"学び"を提供しております。
「登校してしっかり学ぶ」「友達を作って学校生活を楽しむ」という学校が多い中、最短年4日の登校で高卒資格が取れる学校は多くはありません。 一方で本当に高卒資格が取りたくても、仕事が忙しくて登校できない、子育てで手が離せないなど様々な事情で、学校に行きたくても行けない方がたくさん居るのも事実です。 ルネサンス高校はそういった方のニーズに答えるために生徒に負担のかからない授業やレポートシステムを作り、今年で12年。卒業生も1万人を超えております。