プレパラート標本のグラム染色を体験(2017年12月11日) | 通信制高校のルネサンス高等学校

プレパラート標本のグラム染色を体験|通信制高校のルネサンス高等学校

メニュー
 

大阪

プレパラート標本のグラム染色を体験(2017年12月11日)

サイエンスコース

プレパラート標本のグラム染色を体験(2017年12月11日)

プレパラート標本のグラム染色を体験(2017年12月11日)

今日はプレスクールで理科室へ来た中3生に、グラム染色と油浸検鏡を体験して貰いました。光学顕微鏡の限界です。実験材料には、某下水処理場から私が検査依頼を受けたサンプルを用いました。厳密に言えば、健康影響リスクが決してゼロでもないので、生サンプルの取り扱いは私が担当し、スメア標本の火炎固定から後の染色操作は中3生にゴム手袋(かぶれの生じないパウダー・フリーのニトリル製品)着用して体験して貰いました。

限られた時間の中で私も雑な操作をしてしまい、活性汚泥混合液の濃度はオリジナルのままで最適でしたが、浮上濃縮された発泡物は濃厚だったのにそのままスメア標本として塗布してしまいました。グラム染色法としては失敗に至るのは明らかでしたが、めげずに「失敗は常に失敗に至るとは限らないから・・」と、敢えて強行してみました。何事も経験で、実際にやってみないと解らないし、「失敗は成功の元」が当コースのモットーです。

実際に低倍率(対物x10)で検鏡してみると、濃密な活性汚泥フロック(赤く染まる)とスカミングを生じる放線菌(青く染まる)がパッチ状に並び、ステンドグラス風に見えました。微生物標本としてはともかく、目に映る映像としては美しく感じたものです。イマージョンオイルで油浸にして高倍率(対物x100)で検鏡すると、個々の細胞が明確に見えました。これが細菌細胞の基本サイズ、1ミクロン(1μm)の世界となります。

日本では浄水場や下水処理場は、小学校の社会科見学で訪れた経験があるはずです。が、処理施設で観察できるのは原生動物(数100μm)のサイズまでが普通です。染色した細菌を油浸検鏡する操作は高校のカリキュラム外で、大学やバイオ専門学校の専門課程(3年次)だと思います。しかし、科学の実験をしてみたいという想いは、中3生でも難なくこなして行けることを実証してくれました(文責:教育デザイン室長・竹内 準一)。

----------

画像・左:発泡性スカムのスメア(塗布)標本をグラム染色の操作中の中学生(左上:染色液を注いでいる、右下:染まり具合を目視で確認している)、同・中:プレパラート標本のグラム染色像(左上:低倍率での観察、高倍率での油浸検鏡)、同・右:生物顕微鏡で検鏡中の中3生(次年度、新1年生)

付記:グラム染色法は、細菌学では極めて古典的な技術です。安定して使える染色液キットが市販されていることもあって、臨床現場でも手軽に使える技術であることに変わりはありません。ルネサンス大阪高校でも以前、高校教員向けの実験研修として開催しました。私自身、グラム染色法は学部時代、大学院生(後の国立感染症研究所に勤務)から手ほどき(Hands-on training)を受けました。私の指南役だった近田俊文博士は卒業研究で初めてグラム染色に挑戦し、実験書の記述が不適切であったため丸1年を掛けて技術習得された方でした。それを高々数日間で、他の細菌試験方法とセットで伝授して戴いたのが、私の細菌試験のスタートラインでした。私も、教わった内容の骨子を伝えてきました。1884年にデンマークのハンス・クリスチャン・グラム氏がグラム染色法で細菌を2つのグループに分別できることを発見し、今なお脈々と受け継がれているのです(竹内記)。

サイエンスコース

最新の記事

月別でブログを見る

通信制高校のルネサンス高校グループ > 学校 / 連携キャンパス等 > ルネサンス大阪高等学校 > ルネサンス大阪高等学校ブログ > 教員 > サイエンスコース > プレパラート標本のグラム染色を体験

最新お知らせ・ブログ4件

田村 武士

サイエンスコース

新宿代々木キャンパス

サイエンスコース

 

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」
「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制から大学や専門学校の受験って大丈夫?」

資料請求はこちら
ネット出願はこちら
プライバシーマーク

ルネサンス高等学校グループは通信制高等学校です。
全国に3校(茨城・豊田・大阪)、キャンパスは7拠点(札幌・仙台・東京・新宿代々木、神奈川・横浜・豊田駅前・広島・福岡)展開しており、全国各地から生徒を受け入れております。

Copyright © ルネサンス・アカデミー株式会社All Rights Reserved.

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制高校から大学や専門学校の受験って本当に大丈夫?」

資料請求
いますぐ出願したい方はコチラ
パソコン・スマートフォン・タブレットから簡単出願!!
検定料は、クレジットカード・コンビニ決済で!! 24時間受付中
ネット出願

通信制高校への入学・編入転校をお考えの皆様へ

ルネサンス高等学校グループは、全国に3校(茨城豊田大阪)、7拠点(札幌仙台東京・新宿代々木神奈川・横浜愛知豊田名古屋広島福岡)に連携キャンパス又は受付相談センターを置く広域通信制高校です。 どんなタイプの方でも、安心して学習し卒業できるシステムを構築し、生徒一人ひとりのライフスタイルに合った"学び"を提供しております。
「登校してしっかり学ぶ」「友達を作って学校生活を楽しむ」という学校が多い中、最短年4日の登校で高卒資格が取れる学校は多くはありません。 一方で本当に高卒資格が取りたくても、仕事が忙しくて登校できない、子育てで手が離せないなど様々な事情で、学校に行きたくても行けない方がたくさん居るのも事実です。 ルネサンス高校はそういった方のニーズに答えるために生徒に負担のかからない授業やレポートシステムを作り、今年で12年。卒業生も1万人を超えております。