フィールド調査で見い出した=外部寄生虫(2019年03月08日) | 通信制高校のルネサンス高等学校

フィールド調査で見い出した=外部寄生虫|通信制高校のルネサンス高等学校

メニュー
 

大阪

フィールド調査で見い出した=外部寄生虫(2019年03月08日)

サイエンスコース

フィールド調査で見い出した=外部寄生虫(2019年03月08日)

フィールド調査で見い出した=外部寄生虫(2019年03月08日)

大阪校「サイエンスコース」の真骨頂は、赴くままにフィールドに出て学べることです。今日は、巻貝に巣食う寄生虫の研究を引き継いでくれている料治輝くん(1年)を誘い、淀川へ繰り出しました。生命を支える雨が多い春先には貴重な大潮の最終日で、かつ快晴の日でした。また、小さな新しい発見がありました!

今回は、イシマキガイ一本に絞って研究対象に見据えました。今のところ、イシマキガイからは寄生虫の報告がなく、寄生虫の代わりに感染菌(腸炎ビブリオ)が定着していたからです。今回、貝殻のサイズ(稚貝から成貝まで)と感染との関係を調べてみたく、多様なサイズのイシマキガイの個体を収集しました。

最初に、輝くんが現場で面白い生き物を目ざとく発見してくれました。イシマキガイの貝殻に定着した白いフジツボです。輝くんは実験室へ戻ると即、スマホで検索し答えを見つけ出してくれました。ヨーロッパフジツボ(Amphibalanus improvisus)という外来種でした。外部形態が似ているだけでなく、船底に固着した状態で持ち込まれ、汽水域に定着すると記載されているので間違いありません。巻貝も油断大敵です。

さらに注意深く実体顕微鏡で観察していると、通常なら欠落している殻頂部から肥大化した中腸腺が覗け、黒変していました。楊枝で突くと、柔らかい状態に"病変"している感じでした。その肥大した部位から少なくとも2つの開口部があり各々、多毛類らしい生き物が触手と胴体を覗かせていました。寄生虫のような外見でしたが、恐らく1つの個体がU字状に頭部と尾部が見えていたのではないかと思われます。

通常、巻貝の寄生虫は内部に入り込む性質があるので、この正体不明の生き物は中腸腺が肥大化した箇所に表面から入り込み棲み着いたと思われるので、"外部寄生虫"と呼ぶのが適切だろうと考えています。例えば、二枚貝の中に棲み着く"カクレガニ"のような同居人(あるいは不法占拠)なのかも知れません。

フィールド調査に出る度に、私たちは新しい気づきがあります。自然はミステリーに満ち溢れています。退屈させられることも、期待を裏切られることもありません。身の回りの"ワンダーランド"の存在を多くの人たちに是非、知って味わって貰いたいものです。これは、定まった解答がある試験問題を解く学びとは全く別種の世界であり、"ゼロからの科学"の始まりです(文責:教育デザイン室長・竹内 準一)。

----------

画像・上段左:大潮の淀川(淀川大橋から下流方向を望む)、同・上段中:ゴロタ石の裏はイシマキガイの三世代住宅(大中小のサイズが一度に揃いました)、同・上段右:料治輝くん、イシマキガイ採集中、同・下段左:春めいた日差しの中を梅田方向へ帰還中、同・下段右:謎の"外部"寄生虫(静止画:AヨーロッパフジツボBはイシマキガイの貝殻、Cは肥大化した中腸腺、Dは外部寄生虫の頭部、Eは外部寄生虫の尾部、ゴカイのようなU字型の巣穴を作り、光の強弱に応答する感じ;動画:中腸腺肥大部に巣食う外部寄生虫

付記:狭義の寄生虫は、宿主の生活環の中に相乗りし、次々と第一中間宿主、第二中間宿主、終宿主と、変えて行く生物学的なダイナミズムを指すが、広義の寄生虫はもっと幅広く捉えるべきであると今回、実感しました。巻貝に固着していたフジツボは、岩礁やテトラポッドのような固定床ではなく、たまたま移動床に固着生活しているので、フジツボが巻貝と"運命共同体"を為していると言えましょう。似た関係は、クジラウミガメにも見られます。野生動物たちにとっても、生きるって難儀なことなのだなぁ・・と感じます(竹内記)。

サイエンスコース

最新の記事

月別でブログを見る

通信制高校のルネサンス高校グループ > 学校 / 連携キャンパス等 > ルネサンス大阪高等学校 > ルネサンス大阪高等学校ブログ > 教員 > サイエンスコース > フィールド調査で見い出した=外部寄生虫

最新お知らせ・ブログ4件

インフォメーション

サイエンスコース

インフォメーション

サイエンスコース

 

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」
「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制から大学や専門学校の受験って大丈夫?」

資料請求はこちら
ネット出願はこちら
プライバシーマーク

ルネサンス高等学校グループは通信制高等学校です。
全国に3校(茨城・豊田・大阪)、キャンパスは7拠点(札幌・仙台・東京・新宿代々木・豊田駅前・広島・福岡)展開しており、全国各地から生徒を受け入れております。

Copyright © ルネサンス・アカデミー株式会社All Rights Reserved.

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制高校から大学や専門学校の受験って本当に大丈夫?」

資料請求
いますぐ出願したい方はコチラ
パソコン・スマートフォン・タブレットから簡単出願!!
検定料は、クレジットカード・コンビニ決済で!! 24時間受付中
ネット出願

通信制高校への入学・編入転校をお考えの皆様へ

ルネサンス高等学校グループは、全国に3校(茨城豊田大阪)、7拠点(札幌仙台東京・新宿代々木愛知豊田名古屋広島福岡)に連携キャンパス又は受付相談センターを置く広域通信制高校です。 どんなタイプの方でも、安心して学習し卒業できるシステムを構築し、生徒一人ひとりのライフスタイルに合った"学び"を提供しております。
「登校してしっかり学ぶ」「友達を作って学校生活を楽しむ」という学校が多い中、最短年4日の登校で高卒資格が取れる学校は多くはありません。 一方で本当に高卒資格が取りたくても、仕事が忙しくて登校できない、子育てで手が離せないなど様々な事情で、学校に行きたくても行けない方がたくさん居るのも事実です。 ルネサンス高校はそういった方のニーズに答えるために生徒に負担のかからない授業やレポートシステムを作り、今年で12年。卒業生も1万人を超えております。