「スーパーサイエンスコース」5年間の歩み(2019年03月31日) | 通信制高校のルネサンス高等学校

「スーパーサイエンスコース」5年間の歩み|通信制高校のルネサンス高等学校

メニュー
 

大阪

「スーパーサイエンスコース」5年間の歩み(2019年03月31日)

アート&サイエンスコース

「スーパーサイエンスコース」5年間の歩み(2019年03月31日)

「スーパーサイエンスコース」5年間の歩み(2019年03月31日)

2014年の開校以来、丸5年間にわたり運営してきた表記の通学コースの振り返りを、当コースの設計担当者として整理し、ここで得られた成果を記録として留めておくことにします。エポックメイキングな10件の出来事として記述しておきます:

1.大阪府高校生物教育研究会に参画 開校年度から大阪府の高校教員の手で運営されるグループに参画できたことは大きな第一歩でした。初年度から毎年、生徒研究発表会(活動報告部門)へ生徒を送ると伴に、教員も会員研究発表会に登壇者として貢献してきました。近年では、生物学だけに留まらず化学会および陸水学会の近畿支部、放射線など資源エネルギー分野へと徐々に対象幅を拡大してきています。

2.(株)リバネスと協力関係を築く 文科省のSSH指定校を除けば研究支援を必要としている公立学校が沢山、あるかと思い応募を見送ってきました。一昨年に応募すると3件が通り、生徒も逞しく育ちました。ところが、続く昨年度は3件が通ったものの、生徒が3名とも揃って途中で投げ出してしまい信頼を損ねたため応募を自粛中です。通信制高校の生徒のアキレス腱となる「グリット(やり遂げる力)の脆弱さ」が露呈した形です。仕切り直しをしつつ、ボランティア・ベースの活動に限定して引き続き協力関係を継続して行きたいものです。

3.実社会の実務との橋渡しをする 実務経歴を有する教員として社会との関係に重点を置いてきました。学校で学んでいる内容が社会の中でどう関わるのかを(小中学生ならともかく)高校生の年代なら当然、知って学びのモチベーションを高めておくべき段階だからです(この社会へ向けるべき目が、日本の高校は受験競争で歪められてきました)。上下水道から地元の企業まで、見本市博物館まで可能な限り、生徒を校外の施設へ連れて行くことで学びへの意識向上を図ってきました。

4. 市民運動ボランティアに参画 旧・淡水魚保護協会木村英造氏創設)の流れを汲むイタセンネットへ加盟しました。また、国連が主導する持続可能な開発のためのESD教育に繋がるエネルギー環境教育関西圏を拠点とするグループにも加わりました(関西電力グループ)。高校生の関心をカバーできるよう対象を拡張しております。特に、海外発信する活動計画は、高校生の英語力の強化に繋がります。

5. オルタナティブな教育を視察 近隣で開催された討論会に同僚教員と出席したり、地元のオルタナティブ学校(箕面こどもの森学園)へ生徒と視察に行ったりしてきました。今後も、立場は異なれど共通の理念を持つ教育機関として対象幅(ラーンネットグローバル校など)を広げ、交流していく方針です。

6. 他の教育機関との交流を行う 同じ志を持つ他の教育機関とセクターの枠を越え、実務レベルでの交流をしてきましたし、今後も継続したい意向です。PCがネットワーク化されてきたように、学校がスタンドアローンであること自体が、過度な受験競争を前提にしてきたからに他なりません。これまで交流実績を持つ相手校は、豊中高校園芸高校青翔高校富田林中高、そして地頭を鍛える道場へ変身した類塾です。

7. コーチング・ワークショップ導入 ルー・タイスのコーチング法(PX2セミナー)に触れ、高校では初となるのコーチング・クラブの創設に至りました。ここで学びのエンジンを持ちます。ワールド・カフェの様式を導入したワークショップに参加することで、高校生が大学生や年齢や職業が異なる社会人と交流する場を持つことで、高校生が競走馬のように嵌められている"心理的な遮眼帯"を外す良い機会ともなります。

8. オリジナリティの重視 高校まで(一部、大学や大人の資格試験、昇進試験でも)の学びには「正解がある」という大前提で成り立ちます(無論、大学入試もです)。単に正解が隠されているだけなので、これは採点上の都合と公平(その種の客観試験の採用自体が公平であるという保証はない)さの担保のためだろうが、社会には正解のない問題が山積して困っているのが実態と言えます。第一、研究や創作では真似をすることは剽窃(ひょうせつ)または盗作となり、名誉を失うばかりか多大な損害賠償請求を受けるハメになります。学校教育、特に高校課程は矛盾を包含しているが、サイエンスコースでは他人の模倣ではない学びを実現しています。探究していくと、先人の足跡を発見したり後ろ姿が見えてくる場合がありますが、入口さえ違えば擬似的にオリジナルだと見做して良いかと想います。コルポーダの休眠シストとかヨウ素酸化細菌など、別の切り口から先人と同じモノを見ている一例だと言えます。不用意に未踏の地の先頭に立ってしまうような場合もあります。皮肉にも反ってそこが先頭なのかどうか直ぐには、判明しないという少し厄介な楽しみもあります。

9. 「遊び」のような「学び」 もしかしたら「勉強」って、ホントは苦しみながらする活動ではないのかも知れません。実際、欧米の実験校(High Tech Highなど)の例では、授業もしない・試験もしない教育スタイルで生徒が伸びている例があります。また、欧米社会では「宿題を禁止」する教育政策も広まっています。ただ学習者の自主性を奪い取り、ロボットのような「受け身人間」を生み出すだけだからです。実は、サイエンスコースでも同じです。何もしないのではありません。生徒に最適化した課題を見つけ出し、個々人が実行するように取り組むためにです。

10. 世界と繋がる時代の学び もし海外へ一歩でも踏み出したことがあれば、何処にいても世界と意識が繋がることができます。これは、テレパシーでありません。インターネットの時代です。今は机上で居ながらにして私がかつて暮らしていたバンコクや英国で私が住んでいた家屋の前までパソコン画面(Googleのストリート・ビュー)で移動することができるのです(無料サービスなので、リアルタイムではいのは仕方ありません)。今の時代は、自分の手の届く範囲が現実的に、驚くほど広いことに気づくべきです(一部、共産圏は除く)。そのために共通語である英語を(成績や入試のためでなく)身に着けましょう。そういう世界観の中で行きましょう。私は生徒たちに世界が想像以上に狭く、外国に手が届くことを伝えたいと願っています。そのために世界と繋がる策を講じてきました(ヘドロ電池を自作せず市販のMudWattを導入した理由も考案者に繋がる実感を高校生に感じて欲しかったからです)。

----------

画像・上段左:生徒たちのインタビューによる学び紹介の例(平成29年度『大阪の生物教育』から)、同・上段中:研究発表用のポスターの例(青翔高校SSH交流事業、サイエンスギャラリーで展示発表)、同・上段右:フォトグランプリ入賞作品(組写真の部で首位)の例(2017年;まだネット上で見られます)、同・下段左:イタセンネットに連携した「環境保全クラブ」を英文で紹介するポスター、同・下段右:理科室で飼育繁殖中のグッピーの水槽

付記:5年間、続いた「スーパーサイエンスコース」は、明日から「アート&サイエンスコース」に衣替えします。それは単純に、アートを専攻したい生徒が増えてきたからというだけの理由ではありません。アートには、想像以上にサイエンスを初めとする学術全般に通じる"秘密のトンネル"があることが段々と、解ってきたからです。当コースは新たに謎の解き明かす実践活動を進め、そこで培ったノウハウを蓄積・公開し、大阪の教育特区校として高校教育課程の質的向上に寄与して行きたいと念じています(竹内記)。

アート&サイエンスコース

最新の記事

月別でブログを見る

通信制高校のルネサンス高校グループ > 学校 / 連携キャンパス等 > ルネサンス大阪高等学校 > ルネサンス大阪高等学校ブログ > 教員 > アート&サイエンスコース > 「スーパーサイエンスコース」5年間の歩み

最新お知らせ・ブログ4件

アート&サイエンスコース

インフォメーション

ルネ大阪広報

インフォメーション

 

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」
「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制から大学や専門学校の受験って大丈夫?」

資料請求はこちら
ネット出願はこちら
プライバシーマーク

ルネサンス高等学校グループは通信制高等学校です。
全国に3校(茨城・豊田・大阪)、キャンパスは7拠点(札幌・仙台・東京・新宿代々木・豊田駅前・広島・福岡)展開しており、全国各地から生徒を受け入れております。

Copyright © ルネサンス・アカデミー株式会社All Rights Reserved.

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制高校から大学や専門学校の受験って本当に大丈夫?」

資料請求
いますぐ出願したい方はコチラ
パソコン・スマートフォン・タブレットから簡単出願!!
検定料は、クレジットカード・コンビニ決済で!! 24時間受付中
ネット出願

通信制高校への入学・編入転校をお考えの皆様へ

ルネサンス高等学校グループは、全国に3校(茨城豊田大阪)、7拠点(札幌仙台東京・新宿代々木愛知豊田名古屋広島福岡)に連携キャンパス又は受付相談センターを置く広域通信制高校です。 どんなタイプの方でも、安心して学習し卒業できるシステムを構築し、生徒一人ひとりのライフスタイルに合った"学び"を提供しております。
「登校してしっかり学ぶ」「友達を作って学校生活を楽しむ」という学校が多い中、最短年4日の登校で高卒資格が取れる学校は多くはありません。 一方で本当に高卒資格が取りたくても、仕事が忙しくて登校できない、子育てで手が離せないなど様々な事情で、学校に行きたくても行けない方がたくさん居るのも事実です。 ルネサンス高校はそういった方のニーズに答えるために生徒に負担のかからない授業やレポートシステムを作り、今年で13年。卒業生も12,000名以上です。