通信制高校ルネサンス高等学校

「大阪自然史フェスティバル」のブースに環境保全クラブがスタッフ参加!

ルネサンス大阪高等学校

「大阪自然史フェスティバル」のブースに環境保全クラブがスタッフ参加!


11月19日(土)20日(日)に 大阪市立自然史博物館で、 「大阪自然史フェスティバル」 が開催されました。

この両日は「関西文化の日」で、 関西2府4県に三重県、福井県、徳島県、鳥取県を含めた地域の 美術館、博物館など約650もの施設が入館無料で開放(原則として常設展示)され、 大阪市立自然史博物館も無料入場できました!

大阪自然史フェスティバルは、 自然関連のサークル、地域の自然保護団体等が参加し、その活動紹介やワークショップ等を行う自然に関する文化祭です。

会場内の各出展ブースでは、動植物の写真から骨や毛皮、昆虫や魚や小動物は実際に生きているものも展示され、 子どもから大人まで興味深く観察していました。
絵やアクセサリーの販売から、実際にそのようなものを作るワークショップも賑わっていました。

参加団体は コチラをご参照ください。

ルネサンス大阪高等学校が加盟し環境保全クラブが活動に参加する 淀川水系イタセンパラ保全市民ネットワーク もブース展示を行っていました。

20日(日)には、環境保全クラブの竹内顧問と信宮部長(ルネサンス大阪高等学校3年生)も ブーススタッフとして参加しました。

nfes04.jpg nfes05.jpg


詳しくは、サイエンスコースブログの「大阪自然史フェスでの市民パワーに感嘆」もご覧ください。

この淀川水系イタセンパラ保全市民ネットワークには、 市民団体の他、行政や企業、大学等が加盟していますが、高等学校はルネサンス大阪高等学校だけです。
学校の枠を飛び出し、大学や企業の方とも交流でき、このようなイベントにスタッフとして参加することもできるんです。
「環境保全クラブ」と固い名称ですが、顧問も部長もゆる~い感じでやっていますので、体験入部もお気軽にどうぞ!


最新の記事