通信制高校ルネサンス高等学校

【通学授業】新宿代々木キャンパスー特別授業ー

ルネサンス高等学校

【通学授業】新宿代々木キャンパスー特別授業ー


新宿代々木キャンパスでは週3日通える通学コースを開講しています。

インターネット型のレポート学習に加えて
学校でリアルの授業を受けたい方
友だちと楽しく過ごしたい方向けのコースです。

▼通学コースについてもう少し知りたい

詳細はこちら

今日のブログでは特別授業の様子をご紹介します!

特別授業の前半ではコーヒー豆について学びました。
産地に関する知識や実際の製造工程の写真を見ていますね。

ワークシートに取り組む生徒

後半の授業では実際にコーヒー農家の立場で物事を考えてみます。

コーヒー豆の契約栽培について説明を聞き、
①契約栽培を始めるのか?
②所有する畑の何割をコーヒー豆栽培に充てるのか?

を各班話し合って決めていきます。

ちなみに、契約栽培を提案している業者役は
先生が担当しています。

森下先生

家族構成や最低限必要な生活費、業者に提示された条件、
コーヒ豆を育てた場合の収入など、
様々な判断材料をもとに契約内容を決めました。

所有する畑全てをコーヒー豆栽培に充てる班もあれば、
様子見で全体の3割だけをコーヒー豆栽培に充てる班もあります。

各班で話し合い

さて、1年目の収支はどうだったでしょうか。

市場価格の変動天候の変化業者との売買価格など、
契約栽培に関わる情報が先生から伝えられ、
赤字・黒字の収支計算をします。

「やった!黒字だ!」「微増かな...」などの声が各班から聞こえてきました^^

この結果を元に、栽培する区画の増減について
2年目の契約内容を話し合います。

2年目以降、天候不良や市場価格の急騰、
コーヒー消費量の停滞など様々な出来事が起こりました。

農家で働く大変さを感じますね。

利益報告をする森下先生   

授業終盤には、契約売買を持ちかけた業者の利益報告も行われました。

幸いにも今回の授業では全ての班が
なんとか黒字で終えることができました。
しかし、業者の利益報告は農家とは桁違いの大儲け。

とても考えさせられる授業ですよね。


新宿代々木キャンパスの通学コースは、
年度の途中からでも入ることができます。
通学コースをご検討の方はぜひ一度
授業の見学にいらしてください。

▼キャンパスの見学や個別相談をご希望の方

個別相談会はこちら

▼資料をまだお持ちでない方

資料請求

最新の記事