SELECT entry_id,entry_blog_id,entry_text,entry_authored_on,entry_title FROM mt_entry WHERE entry_blog_id > 13 AND entry_blog_id < 17 AND entry_status = 2 ORDER BY entry_created_on DESC 通学スタンダードコース:スマホから考える世界2023-01-20| 通信制高校のルネサンス高等学校

通信制高校ルネサンス高等学校

通学スタンダードコース:スマホから考える世界

ルネサンス高等学校

通学スタンダードコース:スマホから考える世界


新宿代々木の通学スタンダードコース、新年からの授業は「スマホから考える世界」。
IMG_3591.JPG
スマートフォンで世界のことを知ることができる、というもので、
「開発教育協会」の教材を購入して読んでみると、知らなかった世界のことが
急に身近に感じられるようになりました。ということで、今年の最初の授業はこの教材を実施することにしました。

国際的なことを学ぶ場、高校だと、「政治・経済」の授業でやる機会がありますね。
現代の政治・経済の仕組み、構造の基本は、過去からの歴史の流れを基礎として覚えておき、今のニュースに目を向けるということではないかと思います。

授業で最初に紹介したのは、今年1月1日の日経新聞の記事「止まらないグローバル化」

記事では戦争や、日中の経済対立など、これまでよりも世界は分断されつつあることと、今後のグローバル化の在り方について解説がありました。この中から感じるのは、特にロシアーウクライナの戦争を通じて見えないところで「グローバル化」していたことです。消費者の立場では知らなかったことが、値上げなどを通じてわかってきたことが多くあります。

今回のスマホから考える世界のキーワードの一つは、「グローバル化」です。
ヒト・モノ・カネが国を越えて動いていくことを、グローバル化。

授業の中では、スマホそのもののクイズから始めて、合計4時間を使って鉱石が加工されて、自分たちが使っているスマートフォンになるまでを学んでもらいました。

印象的だったのは、消費者が紛争鉱物使用の停止を求めたことによって、
今度は別の問題が起きていったことです。
では紛争鉱物の使用停止を求めたことはいけなかったのかというと、
それも一つの過程であり、最終的にはよりあるべき形に落ち着いたなということでした。


最新の記事