教育トーク@大阪:持続発展教育(ESD)への道(2014年12月05日) | 通信制高校のルネサンス高等学校

教育トーク@大阪:持続発展教育(ESD)|通信制高校のルネサンス高等学校

メニュー
 

大阪

教育トーク@大阪:持続発展教育(ESD)への道(2014年12月05日)

サイエンスコース

教育トーク@大阪:持続発展教育(ESD)への道(2014年12月05日)

教育トーク@大阪:持続発展教育(ESD)への道(2014年12月05日)

スーパーサイエンスコースを担当している教育デザイン室長の竹内です。

外部講師を招いて講演会を開催した『教育トーク@大阪』シリーズの中で扱った環境系の話題を一旦、総括しておきましょう。

9月13日(土)、『おいしい水づくりへの道_その秘訣を生き物に学ぶ』は、信州大学名誉教授・中本信忠先生にお願いしました。先生は健康上の理由で自宅近くの高校を選びましたが、部活を通じて生物の研究を高校生で始める機会に恵まれたそうです。

9月21日(日)、『ルルドの癒やし水を探して_自然が生んだプラズマ水』は、呉工業高等専門学校環境都市工学科・及川栄作教授にマイナス水素イオンがつくるプラズマ水が自然界や人体の健康とどう関わるかをお話いただきました。

10月19日(日)、『発火するリチウム電池と鉛電池復権の可能性』は、米国NPO国際技術交流協会(ITE)理事長(元東北大教授)小澤昭弥先生に、鉛蓄電池が容易に復活し、長寿命化させる技術で資源エネルギーを節約できる話をお伺いしました。

いずれも資源の持続的利用に寄与する研究成果をご披露していただきました。今後、講演を受けてワークショップ等を開催し、本校の理科教育プログラムを国連が提唱している持続発展教育(ESD, Education for Sustainable Development)の理念に沿って展開していきます。

一連の大阪校の『教育トーク@大阪』の講演会は、大阪市教育委員会から後援を受け、一般に公開して実施しています。

    ※写真: 左、中本信忠先生。右、及川栄作先生。下、小澤昭弥先生

サイエンスコース

最新の記事

月別でブログを見る

通信制高校のルネサンス高校グループ > 学校 / 連携キャンパス等 > ルネサンス大阪高等学校 > ルネサンス大阪高等学校ブログ > 教員 > サイエンスコース > 教育トーク@大阪:持続発展教育(ESD)への道

最新お知らせ・ブログ4件

サイエンスコース

サイエンスコース

インフォメーション

サイエンスコース

 

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」
「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制から大学や専門学校の受験って大丈夫?」

資料請求はこちら
ネット出願はこちら
プライバシーマーク

ルネサンス高等学校グループは通信制高等学校です。
全国に3校(茨城・豊田・大阪)、キャンパスは7拠点(札幌・仙台・東京・新宿代々木、神奈川・横浜・豊田駅前・広島・福岡)展開しており、全国各地から生徒を受け入れております。

Copyright © ルネサンス・アカデミー株式会社All Rights Reserved.

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制高校から大学や専門学校の受験って本当に大丈夫?」

資料請求
いますぐ出願したい方はコチラ
パソコン・スマートフォン・タブレットから簡単出願!!
検定料は、クレジットカード・コンビニ決済で!! 24時間受付中
ネット出願

通信制高校への入学・編入転校をお考えの皆様へ

ルネサンス高等学校グループは、全国に3校(茨城豊田大阪)、7拠点(札幌仙台東京・新宿代々木神奈川・横浜愛知豊田名古屋広島福岡)に連携キャンパス又は受付相談センターを置く広域通信制高校です。 どんなタイプの方でも、安心して学習し卒業できるシステムを構築し、生徒一人ひとりのライフスタイルに合った"学び"を提供しております。
「登校してしっかり学ぶ」「友達を作って学校生活を楽しむ」という学校が多い中、最短年4日の登校で高卒資格が取れる学校は多くはありません。 一方で本当に高卒資格が取りたくても、仕事が忙しくて登校できない、子育てで手が離せないなど様々な事情で、学校に行きたくても行けない方がたくさん居るのも事実です。 ルネサンス高校はそういった方のニーズに答えるために生徒に負担のかからない授業やレポートシステムを作り、今年で12年。卒業生も1万人を超えております。