化学用語及び概念をやさしく解説:キレートを例に(2016年11月10日) | 通信制高校のルネサンス高等学校

化学用語及び概念をやさしく解説:キレート|通信制高校のルネサンス高等学校

メニュー
 

大阪

化学用語及び概念をやさしく解説:キレートを例に(2016年11月10日)

サイエンスコース

化学用語及び概念をやさしく解説:キレートを例に(2016年11月10日)

化学用語及び概念をやさしく解説:キレートを例に(2016年11月10日)

生物学では、化学を「道具」として用いるが、なかなか「概念」にまで迫ることはありません。生物学でも、水や土壌、生物体の化学分析をする場面には遭遇します。そのためキレートという用語の使い方を心得ていますが、化学的に厳密に概念を説明する機会はないのです。それは、例えばメガネを掛けている人でも、そのメガネの作り方を知らない事態とも酷似しています。

化学に関心を抱くスーパーサイエンスコースの岩田祐樹くん(2年生)は、そこに強い拘りがあります。ですから自分の力で理解しようと務めていました。が、日本語で書かれた教科書やサイトの説明は、保守的で前例を踏襲していることが多いものです。例えば、キレートをに日本語版の Wikipedia で調べても、「複数の配位座を持つ配位子による金属イオンへの結合をいう。このようにしてできている錯体をキレート錯体と呼ぶ。キレート錯体は配位子が複数の配位座を持っているために、配位している物質から分離しにくい。これをキレート効果という。」で、読み進んでも依然、難解です。

概して、日本の学問では正確を期する余り、大胆に解りやすい説明を試みようとする姿勢が弱く、得てして保守的な記述を踏襲してしまうことが多いものです。時には、学問的な厳密性を多少は犠牲にしても、近似的な説明があっても構わないと私は思います。私の分野(微生物学)では以前、高圧滅菌(オートクレーブ)と乾熱滅菌を違いを「湿ったモノ」を滅菌するか、「乾いたモノ」を滅菌するか・・と実用本位で大胆に区分し、実験マニュアルで記述したことがありました(前例はありませんでしたが、藤田正憲・元阪大教授からは「教科書としても使えますね。」と評価して戴きました)。

英国の細菌学者のST Cowanは臨床材料から分離される細菌を大胆な一次鑑別法を考案し、煩雑な細菌分離株の同定作業を簡略化することに貢献しました。このような便法は、遺伝子の塩基配列を解読(シークエンス)する技術が開発されるまでの間、中継ぎ役を果たしてくれたことになると思います(私も助けられた一人です)。

目下、岩田くんは自分で化学を学ぶため、同じように自分が理解し、人に説明できる方法を探索中です。実は、私自身でも自分が納得できる説明の仕方を工夫し、自学自習してきた経緯がありました。今は、それを生徒に向かって自分の言葉で発信している訳です。それは他人や教科書からの取り次ぎでないため、生徒たちの心に響く手応えがありました。私と同じ取り組み方を別の分野で生徒が引き継いでくれている姿勢に対して、心からの声援を贈ります(文責:教育デザイン室長・竹内 準一)。

----------

画像・左:析出した物質で汚れた電気ポットの内壁(左側)と洗浄後のピカピカの状態(右側)、同・中:岩田くんが自分で理解できるため書き出したEDTAの化学構造式とキレート作用の概念図、同・右:キレート剤の一種、家庭清掃用クエン酸(結晶・粉末)

付記:クエン酸、酢酸、EDTA(エチレンジアミン四酢酸)などの有機物は、金属性の結晶を水に溶かしやすくさせるキレート効果を持ちます(ここまでならば「現象の説明」で生物学が専攻の私でも可能ですが、なぜそうなるのかという「理由の説明」となると、純粋に化学の領域となります)。

サイエンスコース

最新の記事

月別でブログを見る

通信制高校のルネサンス高校グループ > 学校 / 連携キャンパス等 > ルネサンス大阪高等学校 > ルネサンス大阪高等学校ブログ > 教員 > サイエンスコース > 化学用語及び概念をやさしく解説:キレートを例に

最新お知らせ・ブログ4件

サイエンスコース

サイエンスコース

サイエンスコース

インフォメーション

 

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」
「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制から大学や専門学校の受験って大丈夫?」

資料請求はこちら
ネット出願はこちら
プライバシーマーク

ルネサンス高等学校グループは通信制高等学校です。
全国に3校(茨城・豊田・大阪)、キャンパスは7拠点(札幌・仙台・東京・新宿代々木、神奈川・横浜・豊田駅前・広島・福岡)展開しており、全国各地から生徒を受け入れております。

Copyright © ルネサンス・アカデミー株式会社All Rights Reserved.

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制高校から大学や専門学校の受験って本当に大丈夫?」

資料請求
いますぐ出願したい方はコチラ
パソコン・スマートフォン・タブレットから簡単出願!!
検定料は、クレジットカード・コンビニ決済で!! 24時間受付中
ネット出願

通信制高校への入学・編入転校をお考えの皆様へ

ルネサンス高等学校グループは、全国に3校(茨城豊田大阪)、7拠点(札幌仙台東京・新宿代々木神奈川・横浜愛知豊田名古屋広島福岡)に連携キャンパス又は受付相談センターを置く広域通信制高校です。 どんなタイプの方でも、安心して学習し卒業できるシステムを構築し、生徒一人ひとりのライフスタイルに合った"学び"を提供しております。
「登校してしっかり学ぶ」「友達を作って学校生活を楽しむ」という学校が多い中、最短年4日の登校で高卒資格が取れる学校は多くはありません。 一方で本当に高卒資格が取りたくても、仕事が忙しくて登校できない、子育てで手が離せないなど様々な事情で、学校に行きたくても行けない方がたくさん居るのも事実です。 ルネサンス高校はそういった方のニーズに答えるために生徒に負担のかからない授業やレポートシステムを作り、今年で12年。卒業生も1万人を超えております。