ラッセンに学ぶ「アートワールド」の創出|通信制高校のルネサンス高等学校

メニュー
 

大阪

ラッセンに学ぶ「アートワールド」の創出(2019年05月07日)

アート&サイエンスコース

ラッセンに学ぶ「アートワールド」の創出(2019年05月07日)

ラッセンに学ぶ「アートワールド」の創出(2019年05月07日)

アート&サイエンスコース担当の竹内です。5月の連休中、大阪・梅田のスカイビル・タワーウェスト3階にあるステラホールで『超ラッセン原画展』が開催されていました。クリスチャン・ラッセンは、海洋をモチーフとしたアーティストで、イルカを題材にした色鮮やかな絵画で知られる。特に、日本人にファンが多いそうだ。

私自身は前任校の国際交流で姉妹校のあるマウイ島を訪れ、そこの水族館のお土産コーナーでイルカの絵を見掛けたのが最初だったように思う。恐らく大半の人が、どこかでお目に掛かっているのではないだろうか*1

*1 日本の入国審査官はラッセンのことを知らず、本人が凹んでしまった様子がネット上で紹介されている。

ラッセンは幼少の頃、カリフォルニアからハワイ諸島(マウイ島)へ移住し、そこで海洋や海に生きる生き物をモチーフに絵を描くようになった。本人はサーイフィンも好み、大きな波や輝く太陽、キラキラと光る海中に広がる世界を、独特のタッチで描きあげる。石版(リソグラフ)技術を併用したことで半オリジナル作品の量産化が可能となり、商業的に大成功している反面、純粋アートの分野から距離を置かれている様子である。

しかし、一貫して海の風景(seascape)を描くマリーン・アートの世界を確立し、本人曰く「海は、描いても、描いても、描き尽くせない・・」との弁に偽りはないと思われる。

ラッセンは海という恰好な素材を得たが、海以外には他にどのような魅力あるモチーフがあり得るだろうか? 調べてみたところ、バイオアートなる世界もあるらしい(よくわからなかったが・・)。ならば微生物のミクロな世界を描くアートはないものかと、マイクロスケープ(Microscape)を探ってみたところ、建築物のミニチュアなる意味合いが出てくるらしい。

アートとサイエンスを融合したアートサイエンスを標榜する流れは、大阪芸術大学の中にあるのは大学説明会の折に承知していた。生物学からアートに近づいた先人に花粉学の権威・岩波洋造(横浜私立大学名誉)教授がいるのも心得ている。果たして筆者の専門である微生物の世界をアートワールド化していくことは、ラッセンが海洋を相手に取り組んできたように、等しく可能なのであろうか? 難しいに違いないが、ラッセンがどのような想いでハワイ諸島の海洋世界と対峙し、サーフィンやダイビングを通じて海の生命と向き合った生き方をしてきたのか・・と想いを馳せてみることも一興だと思う(文責:教育デザイン室長・竹内 準一)。

----------

画像・上段左:作品『イルカのキス』には、エアブラシ(スプレー)が用いられている。同・上段中:作品を制作中のラッセン、同・上段右:『超ラッセン原画展』の会場入口の案内板、同・下段左:ハワイの海辺の景色、同・下段右:ラッセン邸のあるカパルア(マウイ島)

付記:ハワイ諸島の中でも、マウイ島はカメハメハ大王が治めた旧ハワイ王朝の首都が置かれたラハイナが中心地であり、島の随所にパワースポットが散りばめられていると言われている。ラッセンの絵画が不思議なパワーを放つにも、無関係であるとは言えないかも知れない。その昔、マウイ・カレッジで教員をしていた友人のペドロはラハイナを探訪している自由時間に何気なく画廊に案内されたことがあった。「ボクは以前、ここで働いていたんだ。」と打ち明けてくれたのだが当時、ホンキに受けとめなかったことが思い起こされる。今となれば、件のラッセン邸は、ラハイナから西海岸伝いに少し先に行った辺りにあるようだ。

アート&サイエンスコース

最新の記事

月別でブログを見る

通信制高校のルネサンス高校グループ > 学校 / 連携キャンパス等 > ルネサンス大阪高等学校 > ルネサンス大阪高等学校ブログ > 教員 > アート&サイエンスコース > ラッセンに学ぶ「アートワールド」の創出

最新お知らせ・ブログ4件

ルネ大阪広報

インフォメーション

ルネサンス高等学校 (大子校)

インフォメーション

 

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」
「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制から大学や専門学校の受験って大丈夫?」

資料請求はこちら
ネット出願はこちら
プライバシーマーク

ルネサンス高等学校グループは通信制高等学校です。
全国に3校(茨城・豊田・大阪)、キャンパスは7拠点(札幌・仙台・東京・新宿代々木・豊田駅前・広島・福岡)展開しており、全国各地から生徒を受け入れております。

Copyright © Broadmedia Corporation. All Rights Reserved.

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制高校から大学や専門学校の受験って本当に大丈夫?」

資料請求
いますぐ出願したい方はコチラ
パソコン・スマートフォン・タブレットから簡単出願!!
検定料は、クレジットカード・コンビニ決済で!! 24時間受付中
ネット出願

通信制高校への入学・編入転校をお考えの皆様へ

ルネサンス高等学校グループは、全国に3校(茨城愛知大阪)、連携キャンパス及び受付・相談センター(東京・新宿代々木神奈川・横浜愛知・豊田名古屋大阪・梅田広島福岡) を置く広域通信制高校です。 どんなタイプの方でも、安心して学習し卒業できるシステムを構築し、生徒一人ひとりのライフスタイルに合った"学び"を提供しております。
「登校してしっかり学ぶ」「友達を作って学校生活を楽しむ」という学校が多い中、最短年4日の登校で高卒資格が取れる学校は多くはありません。 一方で本当に高卒資格が取りたくても、仕事が忙しくて登校できない、子育てで手が離せないなど様々な事情で、学校に行きたくても行けない方がたくさん居るのも事実です。 ルネサンス高校はそういった方のニーズに答えるために生徒に負担のかからない授業やレポートシステムを作り、15年経ちました。卒業生も17,000名以上となります。

通信制高校