「環境保全クラブ」庭窪ワンドでも活動参加(2019年05月26日) | 通信制高校のルネサンス高等学校

「環境保全クラブ」庭窪ワンドでも活動参加|通信制高校のルネサンス高等学校

メニュー
 

大阪

「環境保全クラブ」庭窪ワンドでも活動参加(2019年05月26日)

アート&サイエンスコース

「環境保全クラブ」庭窪ワンドでも活動参加(2019年05月26日)

「環境保全クラブ」庭窪ワンドでも活動参加(2019年05月26日)

今期、生徒がコミュニケーション能力を養うため部活に重点を置く方針を掲げています。「環境保全クラブ」顧問の竹内です。大阪校が開校した2014年度末、イタセンネットに加盟を決めて以来、初めて城北ワンドの上流部にある庭窪ワンドでの保全活動に生徒2名を引率して参加しました。

猛暑日だと予報されていましたので、熱中症への心構えを養うチャンスだとも捉えて覚悟しての参加でした。幸い、上空に水蒸気やエアロゾルが多かったようで真っ青な抜けるような快晴ではなかったため、大気の層を透過する紫外線強度も減衰していたのではないかと思います。

庭窪ワンドでの保全活動には企業の方と大学生の参加が多く今回、一般市民、小学生を連れたご家族の参加もありました。高校生と言うと、驚かれます。まだ「受験勉強でもしていなさい!」の昭和から平成の時代の空気が持つ残り香が残っているのでしょう。生徒を管理するために「受験体制」が使われてきた感があります。

庭窪ワンドでの活動が初めての参加者用にパナソニック(エコリレージャパン事務局長)の山口進さんから、丁寧なガイダンスがありました。庭窪での活動も、かれこれ10年になり、最初は僅か7人で始めたそうです。昨日(26日)、総勢60名もの参加者(庭窪専用ブログから)だったそうですから隔日の感があります。

奥村くんは、胴長靴(ウエーダー;英語表記では"wadars"と複数になる)を着用し、地引網を張る作業を前任者の長谷川伸悟くん(前・市立南高校、現・京都産業大学)とペアと組んで奮闘してくれていました。私と三谷さんは、まだ漂着ゴミが溜まりやすいワンドでゴミの回収作業のグループに加わりました。構造上、漂着ゴミも溜まりやすい上、不法投棄されやすい立地条件であることを知りました。外来魚の駆除を進めながら、ゆくゆくはイタセンパラを放流し、そこへ定着させる方向へ進めたいそうです。

企業人や大学生と交流し、これからの時代に不可欠となるコミュニケーション能力を養う上でも、このような機会に参画することは、新しい時代の高校生に求められて行くことと思います。ゆくゆくは海外の方々も混じって一緒に活動する時代が到来するのを予期しています(文責:教育デザイン室長・竹内 準一)。

❏ 初めての庭窪ワンド(3年・奥村諒) 初めての体験が沢山できた刺激的な一日だった。初めて雷魚を生で見て、ちっちゃい子と一緒にはしゃいだり、大漁に大きなブラックバスを捕まえたり、網の中がほぼ藻で、無尽蔵にある藻の中から魚を見つけて選別したり、凄く楽しかった。

特に、藻の件に関しては庭窪ワンドでしか体験は出来ないものだろうなと思った。そして嬉しいことに、段々と在来魚と外来魚の判別が出来るようになってきた。後は名前と照合できれば完璧だと思うので、気張らずに興味をもって自然に覚えようと思う。

まだまだ不慣れなところも多いと思うけれど、伸悟さんからバトンを渡されたのでイタセンネットに貢献していきたいと思う。城北ワンドだけでなく庭窪ワンドでも積極的に保全活動に参加して、淀川に在来魚が住みやすい場所を増やしていくことに貢献していきたい。

----------

画像・上段左:庭窪ワンド初心者向けガイダンス(左端が山口進・事務局長、右端が奥村諒くん)、同・上段中:連携団体である「エコトラック」チームの清掃活動(廃棄タイヤを回収)、同・上段右:金鋏を手に三谷香央里さんの清掃活動、同・下段左:電動ボートで帰還中(左が長谷川伸悟くん、右が奥村諒くん;いずれ役を引き継ぐことに)、同・下段右:捕獲したカムルチー(ライギョ)を抱えるのを助ける奥村くん。こうして人々の中に入っていく社会性を養う仕組みが現行の教室内へ生徒を隔離する管理教育の中に大きく欠落していると思います ※文科省では随分と前から、地域の中で子供たちを育てる取り組みを推進したいという理念を掲げてきました。国が掲げた理念を具現化させて行くのは個々の国民の務めです。そういう想いもあって、参加しました。

付記:高校生が野外活動に従事する上で、ルネサンス大阪高校では部活として校外学習の届け出をしており学校の団体保険が適用されるほか、イタセンネットの運営母体である生物多様性センター(寝屋川)が提供しているサポートスタッフ制度で大阪府から障害保険に加入して参加する仕組みになっております。また、庭窪ワンドでは淀川管内・河川レンジャーの安全性の指導もあり、救命胴衣などの着用を励行しています。

アート&サイエンスコース

最新の記事

月別でブログを見る

通信制高校のルネサンス高校グループ > 学校 / 連携キャンパス等 > ルネサンス大阪高等学校 > ルネサンス大阪高等学校ブログ > 教員 > アート&サイエンスコース > 「環境保全クラブ」庭窪ワンドでも活動参加

最新お知らせ・ブログ4件

ルネサンス豊田高等学校

新宿代々木キャンパス

ルネサンス豊田高等学校

ルネサンス高等学校 (大子校)

 

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」
「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制から大学や専門学校の受験って大丈夫?」

資料請求はこちら
ネット出願はこちら
プライバシーマーク

ルネサンス高等学校グループは通信制高等学校です。
全国に3校(茨城・豊田・大阪)、キャンパスは7拠点(札幌・仙台・東京・新宿代々木・豊田駅前・広島・福岡)展開しており、全国各地から生徒を受け入れております。

Copyright © ルネサンス・アカデミー株式会社All Rights Reserved.

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制高校から大学や専門学校の受験って本当に大丈夫?」

資料請求
いますぐ出願したい方はコチラ
パソコン・スマートフォン・タブレットから簡単出願!!
検定料は、クレジットカード・コンビニ決済で!! 24時間受付中
ネット出願

通信制高校への入学・編入転校をお考えの皆様へ

ルネサンス高等学校グループは、全国に3校(茨城豊田大阪)、7拠点(札幌仙台東京・新宿代々木愛知豊田名古屋広島福岡)に連携キャンパス又は受付相談センターを置く広域通信制高校です。 どんなタイプの方でも、安心して学習し卒業できるシステムを構築し、生徒一人ひとりのライフスタイルに合った"学び"を提供しております。
「登校してしっかり学ぶ」「友達を作って学校生活を楽しむ」という学校が多い中、最短年4日の登校で高卒資格が取れる学校は多くはありません。 一方で本当に高卒資格が取りたくても、仕事が忙しくて登校できない、子育てで手が離せないなど様々な事情で、学校に行きたくても行けない方がたくさん居るのも事実です。 ルネサンス高校はそういった方のニーズに答えるために生徒に負担のかからない授業やレポートシステムを作り、今年で13年。卒業生も12,000名以上です。