デンマークに帰化した日本人スズキ氏と交流(2020年03月09日) | 通信制高校のルネサンス高等学校

デンマークに帰化した日本人スズキ氏と交流|通信制高校のルネサンス高等学校

メニュー
 

大阪

デンマークに帰化した日本人スズキ氏と交流(2020年03月09日)

アート&サイエンスコース

デンマークに帰化した日本人スズキ氏と交流(2020年03月09日)

デンマークに帰化した日本人スズキ氏と交流(2020年03月09日)

昨日(8日)、日本で生まれ育ち、デンマークに帰化したケンジ・ステファン・スズキ氏とJR湖西線・近江今津駅近くの個人宅で福井富久子さまのお仲間らと交流する機会に恵まれました。今や世界に拡散した新型コロナウイルス(Covid-19)禍の中、ゲストも8名と少数で個人宅と言うことで実現した次第です。

京都府下・京丹後市に「風の学校」という研修施設*1があり、そこでの講演に先立ち前日、お披露目して戴けたそうです。無論、会食(デンマーク風の昼食)と続く座談会(最寄り駅との送迎も)込みでしたから、非常に充実した時間を過ごせました。参加者の各々が、実践する"戦場" *2を持っていたからかも知れません。

*1 よく似た施設(Centre for Alternative Technology)が英国の、しかも私が最後に住んだウェールズ地方にあった過去を知っていました。が、その後、閉鎖されていた筈ですが今、ネット検索したら復活する気配が窺えます。今は英国移民を撤回し日本へ帰国した身ですが、この事実がわかって喜ばしく感じます。

*2 実践派(practitioners)の対極にあるのが、理論派(the salon group)かと思われます。学校の教員は、本来、目前に生身の生徒がいるのだから観察者であるべきですが、授業と試験で単位認定する監督官庁の管理下では後者に転じる構図の中で、教えて自己満足していくパターンに陥る弊害(=履修主義)を危惧しています。

ご講演は、こじんまりとした雰囲気で適宜、質疑応答を交えながら進みました。私が印象深かったのは、デンマークの学校教育が徹底して"競争原理"を撤廃していたことでしょうか(これは北欧では共通)*3。さらに、スズキ氏はデンマークの人たちは"次世代の国民"として子供を国家の責任として地域社会が一丸となって養育していく共通意識を持つ、という視点も強調されていました(各国の「子育て」事情は、コチラを参照)。

*3 子供心に生まれつき向上心なら人一倍ありましたが、私に競争心だけは皆無でした。小学生時代に母親から「どうしてあなたはライバル意識を持たないの?」と言われた時、私は「は? どういう理由でライバル意識を持たなければいけないの?」と抵抗した記憶があります。自らを欺き、人間辞めろと言われた気までしました。

性同一性障害が世に知られていますが、私の場合は国籍同一性障害(仮称)があったのではないかとすら感じられます。移民した英国は住み心地も快適でした。しかし、日本に生まれたことの責務を感じ取り、日本で取り組めることを探し出し、その一つが学校教育を時代に即した様式へと変えて行く活動でした。

スズキ氏の姿は、自分が英国に移民して国籍を変え、残留し続けた自分自身に会ったような想いすら感じられました。是非などは決められませんが、自分で選んだ道を迷わず(迷いも時には、頭を過りますが)一歩一歩、踏みしめて進みたいと思います(文責・教員デザイン室長・竹内 準一)。

----------

画像・上段左:ケンさん(スズキ氏)のプレゼン開始、同・上段中:パワポの一例として、職種とジェンダーとの関連性(女性の社会進出がデンマークでは全く抑制されてない*4ことが明白)、同・上段右:デンマークの児童向け教材コンテンツ、同・下段左:福井さん宅での座談会の光景(中央奥がスズキ氏、手前右が竹内、福井さん撮影)、同・下段右:スズキ氏から頂戴した肉筆サインと近影(竹内が撮影)。

*4 女性週刊誌の記事などには、日本女性を操るための洗脳材料が、あの手この手で満載なのだそうです(コーチング専門家の弁)。しかし、私が学校の成績、職位や権威に振り回されなかったように今後、他人の操作に踊らされない人種が増えるコトを期待しています。現・小学5-6年に大断層がある模様(類塾講師の弁;私自身も小学生と対話して確認済み)。

追記童話作家としてアンデルセンは著名です。〇〇センの語尾は、英語の"息子(son)"を意味するのと同じだそうです(JohnsonとかAndersonとか;学生時代、東大海洋研・清水潮先生から教わりました)。私の研究分野の微生物生態学(環境微生物学)は、デンマークの研究者らとの縁が深いものがあります。卒研(卒論)のテーマの硫黄循環では、Bo Barker Jorgensen教授(Aahrus Univ.)が著名で、博士論文のテーマの窒素循環では、Soren Johannes Sorensen教授*5(Copenhagen Univ.)が著名です。調べたら2人ともまだまだ現役のProfessorでした(欧州では、オリジナル論文を書く指導が務まる限り実質、定年ナシです)。ただし、学問分野には否応なく流行が付きまといます。今現在、脚光を浴びているテーマは、新型コロナウイルス(Covid-19)に対するワクチン開発でEUは資金投入し、Copenhagen大学も威信を掛けている臨場感が伝わってきました。私自身、学生時代から学ぶ時には論文を書いた人をリアルに意識してきました。そう心がけて来たことが、私を海外へと導く道筋になったのだなと感じられます。結局、論文の著者に会えたのですもの(竹内記)。

*5 私が学部学生の頃に遡りますが、理学部図書室で凄い事実を発見して、唸り声をあげました。それは、デンマークのSorensenと日本の研究者(東大海洋研)とが互角に闘って一騎打ちをしている証拠を発見したからです(同じ雑誌の同じ巻・号に並ぶように掲載という奇遇さ):

_Sorensen J(1978) Capacity for denitrification and reduction of nitrate to ammonia in a coastal marine sediment, Appl Environ Microbiol; 35:301-305.
_Koike I & Hattori A(1978)Denitrification and ammonia formation in anaerobic coastal sediments; Appl Environ Microbiol; 35:278-282.

沿岸海域で放流先の底泥がヘドロで汚濁していると窒素(硝酸態窒素)が脱窒で空気中は回帰せず、アンモニアへ戻されて元の木阿弥になってしまう運命を示唆していました。これでは下水処理場で高額な電気代を投じて硝酸塩まで酸化しても元のアンモニアに戻されるので実務上も問題だと私は認識しました。その経路(当時、微生物学の教科書でも欠落)を担う細菌群は全く未解明でした。が、英国の研究者だけが追いかけていたんです。3つの大学が留学候補先でしたが、2箇所は既に研究方向が転じ、残る一箇所の大学研究室がEssex大学だったのです。しかも窒素循環に関与する機能遺伝子は私が着目していた1つ(nrfA)を残し順次、暴かれて行きました。しかも、使えるシークエンス・データは5、6個程度です。手作業でプライマーの設計を行い、PCR装置を朝・昼・晩と日に3回延々と、回し続けました。それが、世界初への王手を掛けた私の45歳からの挑戦だったからです。ほどなく並走者が、浮かび上がりました。Birmigham大学のJeff Cole教授夫妻と言う2人の博士でした(参ったな、コッチは無冠の身なのに!)。かくして科学研究は、"人間が関わるドラマそのもの"なのだと、そのスリルを十二分に満喫できました。

アート&サイエンスコース

最新の記事

月別でブログを見る

通信制高校のルネサンス高校グループ > 学校 / 連携キャンパス等 > ルネサンス大阪高等学校 > ルネサンス大阪高等学校ブログ > 教員 > アート&サイエンスコース > デンマークに帰化した日本人スズキ氏と交流

最新お知らせ・ブログ4件

ルネ大阪広報

インフォメーション

新宿代々木キャンパス

ルネサンス高等学校 (大子校)

 

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」
「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制から大学や専門学校の受験って大丈夫?」

資料請求はこちら
ネット出願はこちら
プライバシーマーク

ルネサンス高等学校グループは通信制高等学校です。
全国に3校(茨城・豊田・大阪)、キャンパスは7拠点(札幌・仙台・東京・新宿代々木・豊田駅前・広島・福岡)展開しており、全国各地から生徒を受け入れております。

Copyright © Broadmedia Corporation. All Rights Reserved.

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制高校から大学や専門学校の受験って本当に大丈夫?」

資料請求
いますぐ出願したい方はコチラ
パソコン・スマートフォン・タブレットから簡単出願!!
検定料は、クレジットカード・コンビニ決済で!! 24時間受付中
ネット出願

通信制高校への入学・編入転校をお考えの皆様へ

ルネサンス高等学校グループは、全国に3校(茨城愛知大阪)、連携キャンパス及び受付・相談センター(東京・新宿代々木神奈川・横浜愛知・豊田名古屋大阪・梅田広島福岡) を置く広域通信制高校です。 どんなタイプの方でも、安心して学習し卒業できるシステムを構築し、生徒一人ひとりのライフスタイルに合った"学び"を提供しております。
「登校してしっかり学ぶ」「友達を作って学校生活を楽しむ」という学校が多い中、最短年4日の登校で高卒資格が取れる学校は多くはありません。 一方で本当に高卒資格が取りたくても、仕事が忙しくて登校できない、子育てで手が離せないなど様々な事情で、学校に行きたくても行けない方がたくさん居るのも事実です。 ルネサンス高校はそういった方のニーズに答えるために生徒に負担のかからない授業やレポートシステムを作り、14年経ちました。卒業生も約15,000名となります。

通信制高校