ベルリン国際映画祭で『風の電話』が国際審査員特別賞受賞! | 通信制高校のルネサンス高等学校

ベルリン国際映画祭で『風の電話』が国際審|通信制高校のルネサンス高等学校

メニュー
 

広域通信制高校のルネサンス高校

インフォメーション
ベルリン国際映画祭で『風の電話』が国際審査員特別賞受賞!

インフォメーション

ベルリン国際映画祭で『風の電話』が国際審査員特別賞受賞!

ベルリン国際映画祭で『風の電話』が国際審査員特別賞受賞!

1月15日開催の高校生限定特別試写会に参加した生徒たちも感動した映画『風の電話』が、第70回ベルリン国際映画祭のジェネレーション部門で国際審査員特別賞を受賞し、2月28日(現地時間)に授賞式が行われました。

授賞式の様子、監督や出演者のコメント等は下記ページをご参照ください。

以下は高校生限定特別試写会(2020/01/15)の時の写真です。

風の電話
[ポスターの前で]
風の電話
[諏訪監督とルネ高生]

映画は現在公開中ですので、ぜひご覧ください。

【映 画】 『風の電話』
【監 督】 諏訪敦彦
【出 演】 モトーラ世理奈 西島秀俊 西田敏行(特別出演) 三浦友和 他
【配 給】 ブロードメディア・スタジオ株式会社
【Story】(映画『風の電話』公式サイトより引用)
17歳の高校生ハル(モトーラ世理奈)は、東日本大震災で家族を失い、広島に住む伯母、広子(渡辺真起子)の家に身を寄せている。心に深い傷を抱えながらも、常に寄り添ってくれる広子のおかげで、日常を過ごすことができたハルだったが、ある日、学校から帰ると広子が部屋で倒れていた。自分の周りの人が全ていなくなる不安に駆られたハルは、あの日以来、一度も帰っていない故郷の大槌町へ向かう。広島から岩手までの長い旅の途中、彼女の目にはどんな景色が映っていくのだろうか―。憔悴して道端に倒れていたところを助けてくれた公平(三浦友和)、今も福島に暮らし被災した時の話を聞かせてくれた今田(西田敏行)。様々な人と出会い、食事をふるまわれ、抱きしめられ、「生きろ」と励まされるハル。道中で出会った福島の元原発作業員の森尾(西島秀俊)と共に旅は続いていき...。そして、ハルは導かれるように、故郷にある<風の電話>へと歩みを進める。家族と「もう一度、話したい」その想いを胸に―。

インフォメーション

最新の記事

通信制高校のルネサンス高校グループ > インフォメーション > インフォメーション > ベルリン国際映画祭で『風の電話』が国際審査員特別賞受賞!

最新お知らせ・ブログ4件

インフォメーション

ルネ大阪広報

インフォメーション

インフォメーション

 

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」
「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制から大学や専門学校の受験って大丈夫?」

資料請求はこちら
ネット出願はこちら
プライバシーマーク

ルネサンス高等学校グループは通信制高等学校です。
全国に3校(茨城・豊田・大阪)、キャンパスは7拠点(札幌・仙台・東京・新宿代々木・豊田駅前・広島・福岡)展開しており、全国各地から生徒を受け入れております。

Copyright © Broadmedia Corporation. All Rights Reserved.

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制高校から大学や専門学校の受験って本当に大丈夫?」

資料請求
いますぐ出願したい方はコチラ
パソコン・スマートフォン・タブレットから簡単出願!!
検定料は、クレジットカード・コンビニ決済で!! 24時間受付中
ネット出願

通信制高校への入学・編入転校をお考えの皆様へ

ルネサンス高等学校グループは、全国に3校(茨城愛知大阪)、連携キャンパス及び受付・相談センター(東京・新宿代々木愛知・豊田名古屋大阪・梅田広島福岡) を置く広域通信制高校です。 どんなタイプの方でも、安心して学習し卒業できるシステムを構築し、生徒一人ひとりのライフスタイルに合った"学び"を提供しております。
「登校してしっかり学ぶ」「友達を作って学校生活を楽しむ」という学校が多い中、最短年4日の登校で高卒資格が取れる学校は多くはありません。 一方で本当に高卒資格が取りたくても、仕事が忙しくて登校できない、子育てで手が離せないなど様々な事情で、学校に行きたくても行けない方がたくさん居るのも事実です。 ルネサンス高校はそういった方のニーズに答えるために生徒に負担のかからない授業やレポートシステムを作り、14年経ちました。卒業生も約15,000名となります。