淀川に生息する淡水魚の見分け方講習会に参加(2016年04月25日) | 通信制高校のルネサンス高等学校

淀川に生息する淡水魚の見分け方講習会に参|通信制高校のルネサンス高等学校

メニュー
 

大阪

淀川に生息する淡水魚の見分け方講習会に参加(2016年04月25日)

サイエンスコース

淀川に生息する淡水魚の見分け方講習会に参加(2016年04月25日)

淀川に生息する淡水魚の見分け方講習会に参加(2016年04月25日)

昨日(24日)の午前、水生生物センター(寝屋川市)へ「サポートスタッフ講習会」へ行ってきました。昨年はホルマリン漬け標本で同定法を教わりましたが、今回は生きた状態のまま見分けるコツを教わりました。イタセンネットのフィールドワークにも必須な技能です。講師は昨年度も、タナゴ類の人工繁殖でお世話になった研究員の小田優花さんです。ご自身も魚に見分け方で苦労された経験者ということで、経験を加味した分かりやすい説明でした。受講生の私がマスターできたかどうかは別ですが、「そうか、専門家はこうやって見分けるのか・・」の想いが伝わってきたことは確かです。

魚類がプリントされたポスターや下敷き、あと同センターには淀川に生息する魚類が仕切られた水槽も混泳している水槽も設置されているので、同センターを見学したり、淀川・城北ワンドで実地で見分けていく練習をして経験を積んでいくしかありません。私自身も「環境保全クラブ」のメンバーに教えられるようになることが第一歩で、ボランティアとして浄水場での展示の説明要員として参画して腕をあげていく道もあります。難しい魚類の見分け方ですが、今年度は少しずつレパートリーを広げようと心掛けています。

----------

画像・左:水生生物センターの看板(大阪府立研究所の一つ);嵌め込み画像のメダカ(左)とカダヤシ(右)は尾ビレなどで見分ける、同・中:展示水槽の前で説明する小田優花研究員(右手前)、同・右:淀川に生息する魚類が混泳する大きな水槽

サイエンスコース

最新の記事

月別でブログを見る

通信制高校のルネサンス高校グループ > 学校 / 連携キャンパス等 > ルネサンス大阪高等学校 > ルネサンス大阪高等学校ブログ > 教員 > サイエンスコース > 淀川に生息する淡水魚の見分け方講習会に参加

最新お知らせ・ブログ4件

ルネ大阪広報

サイエンスコース

サイエンスコース

新宿代々木キャンパス

 

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」
「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制から大学や専門学校の受験って大丈夫?」

資料請求はこちら
ネット出願はこちら
プライバシーマーク

ルネサンス高等学校グループは通信制高等学校です。
全国に3校(茨城・豊田・大阪)、キャンパスは7拠点(札幌・仙台・東京・新宿代々木、神奈川・横浜・豊田駅前・広島・福岡)展開しており、全国各地から生徒を受け入れております。

Copyright © ルネサンス・アカデミー株式会社All Rights Reserved.

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制高校から大学や専門学校の受験って本当に大丈夫?」

資料請求
いますぐ出願したい方はコチラ
パソコン・スマートフォン・タブレットから簡単出願!!
検定料は、クレジットカード・コンビニ決済で!! 24時間受付中
ネット出願

通信制高校への入学・編入転校をお考えの皆様へ

ルネサンス高等学校グループは、全国に3校(茨城豊田大阪)、7拠点(札幌仙台東京・新宿代々木神奈川・横浜愛知豊田名古屋広島福岡)に連携キャンパス又は受付相談センターを置く広域通信制高校です。 どんなタイプの方でも、安心して学習し卒業できるシステムを構築し、生徒一人ひとりのライフスタイルに合った"学び"を提供しております。
「登校してしっかり学ぶ」「友達を作って学校生活を楽しむ」という学校が多い中、最短年4日の登校で高卒資格が取れる学校は多くはありません。 一方で本当に高卒資格が取りたくても、仕事が忙しくて登校できない、子育てで手が離せないなど様々な事情で、学校に行きたくても行けない方がたくさん居るのも事実です。 ルネサンス高校はそういった方のニーズに答えるために生徒に負担のかからない授業やレポートシステムを作り、今年で12年。卒業生も1万人を超えております。