「書道クラブ」を通じた異文化交流の試み|通信制高校のルネサンス高等学校

メニュー
 

大阪

「書道クラブ」を通じた異文化交流の試み(2018年05月19日)

アート&サイエンスコース

「書道クラブ」を通じた異文化交流の試み(2018年05月19日)

「書道クラブ」を通じた異文化交流の試み(2018年05月19日)

本日(5月19日)、新しい試みとして大阪校の「書道クラブ」で卒業生が進学先の京都学園大学で新しく立ち上げた「書道サークル」のメンバーを引き連れ、理科室で交流会が開催されました。 今回、初参加したのは中国・山東省からの留学生のヒツさんと日米ミックス(日本生まれ/日本育ち)のイヴェットさんのお二人。こうして今日の理科室は、とても異文化の薫りが漂うグローバルな空間となりました。第二の開国が近いようです。

ヒツさんは日本に来る時の言葉の不安も、現代の日本では何処へ行っても中国人と出会うことが多く、困った時は聞ける利点がある一方、日本語が上達しにくいと語っていました。日本も、今や時代が変ってきた現実を実感します。イヴェットさんは、全て日本の学校を卒業したので日本語は問題なく、ご家庭ではお父さんが英語で話すと、イヴェットさんが日本語で応答するという発信言語と受信言語を分けたコミュニケーションを採っているそうです(意思疎通のための言語活動は、受動的な「受信」が能動的な「発信」より平易であるため*1)。

*1 言語活動としては当然、「受信」と「発信」では投じるエネルギー量が異なります。また、身につく程度も前者と後者では体感で二回り違う(ネイティブ話者で一回り)と実感します。つまり英文読解と英作文とでは、同一学習者でも理解できる語句と使いこなせる語句とで落差があるものです。とりわけ、日本の英語教育ではネイティブ話者が介在しないこともあり「発信」に弱みがありました。今は、「英語四技能」をバランス良く学ぶことが求められます。スーパーサイエンスコースでは「発信」型言語習得を今後、重視していく方針でいます。

❏「ルネ高で出会った仲間と大学で出会った仲間が一緒に活動すると、一体何が起こるのか⁈」
・・とワクワクしながら企画した交流会は、とても楽しく、有意義な時間になりました。どちらか片方の集団だけでは体感し得ない新鮮さがあったと思います。特に、今回参加してくれたサークルメンバーたちは、留学生であったりハーフであったりと国際色豊かですので、「どうやって日本語を習得したのか?」など他言語を意識した質問が飛び交っていました。

また、一月半の大学生活を踏まえて、僕もまーブルも後輩に伝えたいことがたくさんありましたので、それを直接、または間接的に伝えることができたのではないでしょうか。在学中のように頻繁に会わないからこそできるアドバイスがあるでしょうから、僕らは僕らにできることをしたいと思っています。今後も、ルネ高書道クラブと筆走龍化(大学の書道サークル)で交流を続けたいと思います(2018年3月に卒業した岩田祐樹くん)。

----------

画像・上段左:書道師範(奥側)の隣で、運筆を学ぶイヴェットさん(手前)、同・上段中:ハルトくん(丹治遥さん;左)と今日の作品*2を掲げる先輩たち(左:岩田くん、右:新保くん)、同・上段右:書道クラブ創設者たち(下:信宮さん、上:岩田くん、右:新保くん)、同・下段左:大学の課題をスマホで行うヒツさん。ルネ高とも類似、同・下段右:日本アニメ・DVD『ロミオの青い空』中国語版の説明文の中国語を解説するヒツさん(中国語の説明文を理解しても細かな感情表現を日本語で説明するのは厳しい様子でした)。

*2 昆虫好きの新保くんが描いたのは、何とカブトムシ。鳥獣戯画をもじって、昆虫戯画と洒落てみましたが、何と『昆虫戯画』は昭和初期(1933年)に古川龍生(1893~1968年)によって既に描かれていました。

アート&サイエンスコース

最新の記事

月別でブログを見る

通信制高校のルネサンス高校グループ > 学校 / 連携キャンパス等 > ルネサンス大阪高等学校 > ルネサンス大阪高等学校ブログ > 教員 > アート&サイエンスコース > 「書道クラブ」を通じた異文化交流の試み

最新お知らせ・ブログ4件

インフォメーション

ルネサンス高等学校 (大子校)

インフォメーション

ルネ大阪広報

 

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」
「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制から大学や専門学校の受験って大丈夫?」

資料請求はこちら
ネット出願はこちら
プライバシーマーク

ルネサンス高等学校グループは通信制高等学校です。
全国に3校(茨城・豊田・大阪)、キャンパスは7拠点(札幌・仙台・東京・新宿代々木・豊田駅前・広島・福岡)展開しており、全国各地から生徒を受け入れております。

Copyright © Broadmedia Corporation. All Rights Reserved.

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制高校から大学や専門学校の受験って本当に大丈夫?」

資料請求
いますぐ出願したい方はコチラ
パソコン・スマートフォン・タブレットから簡単出願!!
検定料は、クレジットカード・コンビニ決済で!! 24時間受付中
ネット出願

通信制高校への入学・編入転校をお考えの皆様へ

ルネサンス高等学校グループは、全国に3校(茨城愛知大阪)、連携キャンパス及び受付・相談センター(東京・新宿代々木神奈川・横浜愛知・豊田名古屋大阪・梅田広島福岡) を置く広域通信制高校です。 どんなタイプの方でも、安心して学習し卒業できるシステムを構築し、生徒一人ひとりのライフスタイルに合った"学び"を提供しております。
「登校してしっかり学ぶ」「友達を作って学校生活を楽しむ」という学校が多い中、最短年4日の登校で高卒資格が取れる学校は多くはありません。 一方で本当に高卒資格が取りたくても、仕事が忙しくて登校できない、子育てで手が離せないなど様々な事情で、学校に行きたくても行けない方がたくさん居るのも事実です。 ルネサンス高校はそういった方のニーズに答えるために生徒に負担のかからない授業やレポートシステムを作り、15年経ちました。卒業生も17,000名以上となります。

通信制高校