通信制高校ルネサンス高等学校

【教育ウェビナー】発達障害をもつお子様の自立めざした高校生活 を開催しました

ニュース

【教育ウェビナー】発達障害をもつお子様の自立めざした高校生活 を開催しました


昨日、ルネサンス高校グループ主催の教育ウェビナー「発達障害をもつお子様の自立めざした高校生活」を開催いたしました。
今回のウェビナーは在籍している生徒の保護者様だけでなく、学校外の保護者様や学校関係者の方々を対象に開催し多くの方にご参加いただきました。

講師を務めた北川先生は、小学生・中学生・高校生の発達が気になるお子さまを対象にした放課後等デイサービスを運営する「ハッピーテラス 株式会社」のプログラム立案や教材制作などを担当されています。また高校教諭として、発達に凸凹がある子どもたちやその保護者の方々と多く関わってきた経歴があります。

講演会の内容はルネサンス高校のYouTubeチャンネルにて期間限定でアーカイブ配信をしておりますので是非ご覧ください。

講演会の資料はこちら

参加した皆様の感想を一部ご紹介させていただきます。

  • ・自分の迷いを後押ししてくれる話が多く、これでいいのだ、と思えました。専門家の方からの視点での話はやはり説得力があります。
  • ・個人的にQ&Aで質問させていただき、息子のことが少し理解できました。
  • ・何かもやもやとしか理解していなかったことも言葉での説明を聞くとなるほどと思えることが多く勉強になりました。ありがとうございました。
  • ・子ども達にとって無限の可能性があると考えてしまっていた。それは重荷でしかないと考えさせられました。
  • ・全体的に、とても聴きやすくてよい内容でした。無料でこのような質の高いお話を聞かせて頂けて、感謝しております。
  • ・娘は2年以上不登校ですが、今までの自分の対応がそんなに間違っていなかったような気がして心強くなりました。これから先を見据えて、備えておかなければいけないことがまだまだたくさんあることを知ることができたので、本当に参考になりました。本日はありがとうございました。
  • ・発達障害を持つ子の特性や進路の考えなど聞いていて納得できるものばかりでした。今高2ですがもっと早くにこのセミナーを聞いていたら子どもをもっと楽な気持ちで暮らさせてあげたかもと思いました!
  • ・中3の息子は不登校、うつ、引きこもりも経験しており、最近やっと少しずつ外に出たり、母親以外の家族との関わりが増えてきました。元の状態に戻らないために、どのようなことに気をつけて過ごせばいいのか...今日のお話は、その道しるべにもなったと思います。アスベルガーの息子の特徴と重なるお話が多かったので、大変参考になりました。これまで、発達障害の子に関する色々な方の講演会を聞いてきましたが、今までで一番現実的で、参考になるお話でした。ありがとうございました。

ルネサンス高校グループでは、教育と福祉が連携することで「生徒の自立」と「保護者の負担軽減」の実現をめざす「連携ウェルプログラム」を実施しています。各地域の福祉事業所と連携し、生徒のサポートを委託することで、ご家庭の経済的負担は最小限に、お子さまの凸凹に柔軟に対応したサポートを実現しています。

連携ウェルプログラムについてはこちら

次回の教育ウェビナーは「自己肯定感を高めるお子さまへの接し方」をテーマに、10月27日(水)に開催いたします。ルネサンス高校グループの保護者だけでなく中学3年生のお子さまをもつ保護者の方や学校関係者の方にご参加いただけます。是非お気軽にご参加ください。

10月27日教育ウェビナーの詳細・お申し込みはこちら


最新の記事