通信制高校ルネサンス高等学校

皆様の声 留学のためルネ高に!ビクトリア州立モナシュ大学マレーシア校へ進学

海外の大学のほうが「様々なことに挑戦できる」「将来自分の好きなことができる」と思った

瀧本 真尋さん Mahiro Takimoto
(静岡県 転入)

ルネサンス豊田高等学校 2016年9月卒業

最初に留学したときのきっかけ等、教えてください。

高校1年生の1月ごろ海外に興味を持ち、同じタイミングで(当時の)高校の先生が留学を勧めてくれた ことがきっかけで、約1年間ニュージーランドの高校へ留学させてもらいました。 その時、英語スキルが全然伸びず『英語スキルをもっと高めたら、世界中の英語を話せる人 と会話でき、自分の知らない世界を知ることができるのではないか。』と、より英語スキルを高めたい と思うようになりました。

当校へ転入されたきっかけを教えてください。

帰国後、引き続き留学を希望していたのですが、当時の高校で『(留学すると)そのまま2年生として継続 することが困難になる。留学は難しい。』とのことだったので、そのことがきっかけでルネサンス高校へ 転入しました。

転入後すぐに語学強化短期留学をされたとのこと、詳しくお聞かせください。

高2の1月~3月まで、フィリピンでIELTS(アイエルツ※)の取得をめざし短期留学しました。 私、ヒアリングが得意だと思っていたのですが、最初のテストを受けた時に、4.5しかなかったんです。 (苦笑)0.5上げるだけでも、とても大変でしたね。それから毎日朝から晩までヒアリング、ライティング、 リーディングを何度も何度も繰り返し、留学終了間際にテストへ挑んだところ6.0(英語検定準1級レベル) を取ることができました。 その時はじめて『自分の努力次第』なんだなって思いました。

※ 英語熟練度を測る英語検定の1つ。アメリカ・イギリスを含む世界140か国、10,000機関が認定する海外留学や、 海外移住に最適な英語能力判定テスト。

モナシュ大学はどう探されたのですか。

エージェントを頼り、マレーシアにある大学を1週間かけて7-8校を周りました。

モナシュ大学に決めた理由をお聞かせください。

モナシュ大学は世界大学ランキングで常に100位以内で(今年59位)、日本の大学の1-2位である東京大学・ 京都大学と同等のハイレベルな大学です。 将来のことを考え、就職の際は良い企業へ入社できたり、起業の際は大学にて国籍問わず築いた人脈が活かせる のではないかと思い、進学を決めました。

日本の大学へ進学されなかった理由をお聞かせください。

日本の大学にも、もちろん進学を考えました。4年間楽しく過ごせるのだろうなと思います。 ですが、『卒業後どうなるんだろう』と考えた時に、海外の大学のほうが"様々なことに挑戦できる"、 "将来自分の好きなことができる"、と思い日本の大学は選択しませんでした。

モナシュ大学の在学期間や学期制について教えてください。

2学期制3年間になるので、先日2学期が終了し1年生が終わりました。 来月から2年生に進級し、1学期がスタートします。

どういったことを学習されているんですか。

海外の大学は日本の大学と異なり、学部の中で専攻が2つ可能です。 今ビジネスの学部なのですが、その中でも金融とマーケティング2つ専攻しています。

入学して大変なことはありましたか。

ネイティブの国(アメリカ等)と比べると、マレーシアは多民族国家だからか先生方の訛りも強かったりする ので、耳慣れに1ヶ月ほどかかりました。その間授業が大変でした。

現地の方や学友の方々はいかがですか。

マレーシアの方々や友人たちは本当に親切にしてくれます。 みんなフレンドリーで、私も日本人に接しているかのように外国人にコミニュケーションをとることができます。

1ヶ月の生活費はどのくらい必要ですか。

1ヶ月全部含めて8万円くらいです。 家賃は場所によるんですが、大学の寮だと2-3万円、生活費入れて3-4万円くらいなので6-8万あれば全然生活 できますね。

海外の学校の長期休暇は長いイメージですが、みなさんどのように過ごされていますか。

日本人の先輩は帰国後インターンシップ、スリランカやパキスタンの方たちはオーストラリアやアメリカへ インターンシップに行きますね。

チャレンジしたいことや卒業後の活動について教えてください。

"チャレンジ"したいことは、ワーキングホリデーでオーストラリア等へ行く方が多いと思うんですが、 たまにTwitter等のSNSで『つらい、帰りたい、来なければよかった』というコメントが見られます。 エージェントが『楽しいよ。お金たまるよ。』と促す方法より、私ならもうちょっと海外へ留学・進学した 経験者としてアドバイスをあげることができるのでは、と考えています。 また、卒業後"就職"する場合は、ビジネスや金融を学んでいるので、その方面の海外の会社へ 就職するのも良いなと思っています。 ですが、大学院への進学も興味がありますし、フィリピンや中国の大学(医学部)は編入しやすいようです のでそちらの方面も検討しています。 やりたいことが沢山あり、完全には決まってないですね。

当校へ転入して、海外大学進学するにあたりメリットや強みはありましたか。

海外の大学は、高校の成績に加えて、英語のスコアやスキルを取得することで多くの大学へ入学すること ができます。私の場合、世界大学ランキングトップ100に入る大学へ進学するため、ルネ高で良い成績をめざし つつ、みんなが高校に行っている期間、海外で3ヶ月英語スキルを高め、高校卒業後すぐに海外の大学へ進学する ことができました。 ルネ高は、レポートやスクーリング以外は自分の好きなことに時間をかけることができるので、普通の高校と比べて 有利だと思いました。 もしよかったら考えてみてください。

留学を考えている生徒さんたちへメッセージをお願いします。

海外への留学は不安は大きいと思います。 ですが、目標を持ち、それに向かって頑張れば、その通り実現します。本当に自分次第です。 新しいことに挑戦するのは、最初は怖いです。でも今まで知らなかったことを知ることで視野が 広がり成長を実感できますし、一時帰国のときに周りからも『成長したね』と言われます。 今迷っているんだったらお勧めします。

当校へ入学を考えている生徒にメッセージをお願いします。

ルネ高だったら高校行きながら、長期間海外に留学して英語スキルを高めることができるので、とても良いと思います。

※本ページのインタビューは2018年6月に日本で行ったものです。