通信制高校ルネサンス高等学校

皆様の声 モンテディオ山形・プロサッカー選手として活躍中!半田陸さん

「U-17」ではキャプテンを務めたDF!現在は「U-20」日本代表候補に

半田 陸さん Riku Handa
(山形県 転入)

ルネサンス高等学校 2020年3月卒業

サッカーを始めたきっかけを教えて下さい。

始めたきっかけは従姉妹のお姉ちゃんと家の前でボールを蹴って、 それが楽しくて小学校から本格的にクラブチームに入りました。年少・年中くらいの時です。

従姉妹のお姉さんがきっかけなんですね。

はい。年も離れているんですが、従姉妹が入っていたクラブチームに自分も入った感じです。

ご兄弟はいらっしゃいますか。

3つ上に姉がいます。たまに一緒に遊んでましたが、サッカーは従姉妹のお姉ちゃんとしてました。

小さい頃からのご自分の活躍について教えてください。

小学校のころは県大会とかも出られるチームではなかったですし、 中学校もそんなに素晴らしい活躍は出来なかったです。

日本代表にはいつ頃選ばれましたか。

中3の頃の夏に、15の時です。中学3年生の夏に「Jリーグ選抜」というJリーグ下部組織のチームの人が選ばれて行く遠征があり、 そこでいいプレイができました。 また、自分は早生まれなので一つ下の「エリートプログラム」という日本代表ひとつ手前の合宿に 参加でき、それも自分的に手ごたえがあって、それから呼ばれるようになったと思います。

サッカーを始めたころからポジションはDFでしたか。

小学校中学校は色んなポジションをやってました。DFに固まったのは、高校に入ってからだと思います。 ボールを奪うところが自分の特徴だったので後ろのポジションが出来ればいいなと思ってました。

ボールを奪いに行く時のお気持ちをお聞かせください。

楽しいです。

ご自身の強みや特徴についてお聞かせください。

ゴール前での体を張った守備やカバーリングとかが特徴だと思います。

代表に選ばれたのが「U-15」、どんどんステップアップして今現在「U-17」と毎回選ばれ、すごいですね。

いえいえ(照)

日本代表に選ばれている理由をどう思いますか?

海外チームでも闘志を全面に出して戦うところだったり、つい先ほどお話しした体を張ってゴールを 守ったりするところが評価されているのかな、と思います。

遠征の思い出についてお聞かせください。

去年10月に行ったアジア最終予選でパスが来なかったり等、色々なハプニングがありましたが、 優勝して今年の『FIFA U-17 ワールドカップ(WC)』に繋げられたことが印象に残ってます。

日本代表キャプテン(半田選手)の力があってアジア最終予選で優勝できたんですね。

いや、皆のおかげです。

アルゼンチン戦9-0はすごいですよね。(2019年6月U17代表海外遠征)

前半は9-0っていう試合内容ではなく、1点を前半終了間際に決めてから、ぽんぽんっと2点目3点目が入り、 後半は相手のモチベーションや波が下がったのかなと思いますが、順調に試合が進められました。

海外遠征帰国後もモンテディオ山形のトップチームで出場されましたが、 トップチームの試合に初めて出場した時の印象や想いをお聞かせください。

小さい頃からずっと応援していたクラブチームなので、自分があのピッチに立てるとは 思ってなかったので、すごく嬉しかったです。

現在の目標や将来の夢についてお聞かせください。

山形(モンテディオ山形)でスタートから出られるよう頑張りたいですし、代表(U-17)の活動では 10月に始まるWCに向けて良い準備をしていきたいと思います。 山形で試合に絡めなければWCもメンバーに入れるか分かりません。なので、まずは山形でいいプレイができるよう 頑張りたいです。そして、将来は海外で活躍し続けられる選手になりたいです。

具体的に何年後等ありますか。

20歳までには行きたいです。

憧れ・尊敬する選手を教えてください。

リバプールの「トレント・アレクサンダー=アーノルド」選手です。 5月の『UEFAチャンピオンズリーグ バルセロナ戦』で、逆転したシーンに衝撃を受けました。 まだ若い方なんですが、あの試合状況の中、瞬時に判断できる決断力がすごいなと思いました。

意識されている選手はいらっしゃいますか。

「久保 建英」選手は同い年ですが、ポジションも全然違いますしそんな意識しすぎずに、 少しは意識します。自分も早くあのような舞台で戦えるようにならないといけないな、と思います。

一緒にプレイしたことはありますか。

一度だけあります。上手かったです。全然違いました。

当校を知ったきっかけを教えてください。

インターネットで親と一緒に調べました。プロになって午前中練習が多くなり、 以前の学校じゃ厳しいなと思うようになり、 ネットで検索したら登校日数が少なくタブレット等でレポートができるのがルネ高でした。

通信制高校をいくつか検討されましたか。

何校か候補がありました。その中でも一番いいなと思ったのがルネ高でした。

理由を教えてください。

タブレットで授業が進められ、登校する日数も多くなかったので、いいなと思いました。

実際に学習レポートを進めていますか。

はい。タブレットで進めています。

学習レポートをするタイミングを教えてください。

遠征に行く途中のバスだったりとか、家でもやってます。決まった時間ではなく、空き時間にやるのが多いです。

スクーリング(本校への登校)はどのようなイメージをお持ちですか。

スポーツしている人とか、色々な人が集まるようですのでとても楽しみです。

担任の先生とは連絡を取っていますか。

電話で話したりしてます。LINEもしてます。

実際に入学(転校)していかがですか。

前の学校では学校(学業)をほぼ優先していました。 その時はプロ契約前で、 基本的に学校が終わってらからユースの練習に参加してって感じでした。 今、午前中の練習にも毎日参加できてるので、そこはとてもありがたいです。

プロをめざした、意識し始めたのはいつ頃ですか。

小学校の頃にモンテ(モンテディオ山形)ジュニアユースの試験に受かったので、 その時くらいからだと思います。

今年3月にプロ契約した際の、その時のお気持ちを改めてお聞かせください。

早くプロ契約をさせてもらってとてもありがたいと思いました。 また、プロ選手として自覚を持って頑張らなきゃいけないな、と思いました。

プロ契約会見で髙橋成樹選手のことをお話しされていましたね。

小学校の頃から同じチームでした。 髙橋選手がジュニアユーストップで、自分も同じ道を進みジュニアユースに入りました。 自分がジュニアユースの頃、髙橋選手はユースにいたんですが、サッカーのことだけでなく 私生活でも色々アドバイスしてくれたり面倒見てくれたりしてました。今でも連絡取り合ってます。

1日のタイムスケジュールをお聞かせください。

午前中練習し、二部練習の時は午後も練習します。 何もないときは家に帰って勉強したり、少し自分で筋トレしたりしてます。

サッカー以外に興味があることや趣味についてお聞かせください。

本を読むことが多いです。サッカー選手やスポーツ選手が書いた本を読みますし普通の本も読みます。

最近おすすめの本はありますか。

「内田 篤人」選手の本が面白かったです。

将来めざしている海外チームや国等はありますか。

ヨーロッパ圏ですね。イングランドやドイツやスペイン等、強いクラブが沢山いるリーグでプレイしたいです。

当校について教えてください。

自分の好きなことや自分みたいにスポーツをしている人は、そういうところに多く時間を使えるので、とても良い高校だと思います。

※本ページのインタビューは、Jリーグ「モンテディオ山形」にご協力いただき、2019年6月に行ったものです。