2019年度ゴルフプロテスト最年少合格!北國 譲斗志くんインタビュー | 通信制高校のルネサンス高等学校

2019年度ゴルフプロテスト最年少合格!|通信制高校のルネサンス高等学校

メニュー
 

広域通信制高校のルネサンス高校

2019年度ゴルフプロテスト最年少合格!北國 譲斗志くんインタビュー

2019年8月30日、公益社団法人日本プロゴルフ協会の2019年度PGA資格認定プロテスト・最終プロテストに、ルネサンス大阪高等学校3年生の北國 譲斗志(ほっこく じょうじ)くんが17歳(9月29日生まれ)で今年度最年少合格しました。 その結果報告に来校した際のインタビューです。

北國
ルネサンス大阪高等学校 職員室にて

北國 譲斗志 くん
(石川県出身)
2016年10月 中学3年時にルネ高ゴルフ部練習合宿へ参加
2017年3月 石川県金沢市の中学校を卒業
2017年4月 ルネサンス大阪高等学校に入学
2019年9月現在 プロテスト2019年度最年少合格

公益社団法人日本プロゴルフ協会(PGA)の資格認定プロテストは、トーナメントを目指すプロゴルファーとなるための実技テストです。 「資格認定プロテスト」は毎年1回開催され、第一段階は「プレ予選」、第二段階は「1次プロテスト」、第三段階は「2次プロテスト」、第四段階は「最終プロテスト」となり、 北國くんはこれに合格しました。
なお、トーナメント出場にはクォリファイングトーナメント(QT)に出場し、出場順位を獲得しなければなりません。クォリファイングトーナメントは、日本ゴルフツアー機構が毎年1回実施しており、ファーストQT、セカンドQT、サードQT、ファイナルQTから構成されています。この上位者が次年度のトーナメントに出場することができます。

※詳しくは、PGAの【トーナメントプレーヤー資格取得のための「資格認定プロテスト」とは】をご参照下さい。

●在校生インタビュー(前編:ゴルフプロテスト合格について)

●在校生インタビュー(後編:ゴルフとルネ高について)

●在校生インタビュー(前編:ゴルフプロテスト合格について)

プロテスト合格した時のお気持ちをお聞かせください。

三日目の時点で1位タイだったこともあり、最終日2位タイで終了した後すぐは悔しかったです。
でも、やっぱりプロテストに一発合格できたことはすごく嬉しいです。

「合格できるのでは」と思ったタイミングを教えてください。

竹内優騎くんが去年プロテストを受けて史上最年少合格したときです。
「僕も来年受けたときは受かるな」と思いました。

受ける前に確信されていたのですか。

はい。

ラウンド中に「合格」を確信できたのはいつ頃ですか。

初日終わったときに、「もう大丈夫だな」というのはありました。

「合格」につながった要因をお聞かせください。

ティーショットが最近課題だったんですけど、ずっと4日間好調キープできたので、 他のクラブも調子が上がってきて合格できたと思います。 僕はティーショットで大体決まってくるので、ティーショットが決まるとだんだん調子が上がってくるタイプです。

北國選手のゴルフプレイの特徴をお聞かせください。

しっかりフェアウェイキープしてから攻めるということです。 もうラフに入ったら事故にならないように、しっかりパーを拾っていくという感じで行くので安全なゴルフをします。 安全パイで進めて、チャンスついたら取ってという感じです。得意な距離は130ヤードで、"ピンべタ"っといけるイメージがすごく湧きます。

プロテストファイナル前は、どのようなことを考えていましたか。

母とも話していたんですけど、「オーバーパーを打って、順位を落とすことだけはやめておこう」って話をしていました。

ご家族とどのような約束をされていましたか。

テスト始まる前々から「一発で合格しよう!」と言われていました。

合格後、周りの方からどのような言葉をかけられましたか。

「おめでとう」とかも多かったですけど、「これからが厳しいから頑張れよ」というアドバイスの方が多かったです。

昨年、竹内優騎選手がプロテスト合格した時どう思われましたか。

最終日の成績を見て「あのスコアで回れるのはすごいな」って思ったんですけど、でも竹内優騎くんなら受かると思ってたので驚きはなかったです。

昨年プロテストを受けようと思いましたか。

去年(2年生の時)、"QTかプロテストか"どっちを受けるか迷って、どっちかしか受けれなかったので、「QT受けて試合出れたらな」と思ってQT受けました。

憧れの選手についてお聞かせください。

池村 寛世プロという方なんですが、僕とあまり身長が変わらないんですけどとにかく飛んで。
プレイスタイルがとても好きで、スイングが僕の理想なので、とても憧れです。

池村寛世選手を知ったきっかけについてお教えください。

結構前から存じ上げてたんですけど、この前"北陸オープン"という地区のオープンがあって同組で回らせて頂いて、完全に惚れました。

その時から意識して目標にし始めたのですか。

その時スイングを真似ようと思いました。

将来の夢や目標についてお聞かせください。

僕の夢は、賞金王になって今まで沢山お世話になった人に恩返しすることです。
まずは"ミズノオープン"で優勝して、母に副賞のポルシェをあげることができたらと思っています。

お母さま想いですね。

昔からずっと「乗りたい」って言ってたので、買うというより「何かで勝って副賞としてあげることができたら」と思いました。

将来どのようなゴルファーになりたなりたいですか。

誰もが応援してくれる人気のあるゴルファーになりたいです。中西直人さんという方がとてもファンサービスがすごくて、僕の憧れの池村さんもそうなんですが、小さい子どもに対しても明るく接する等すごいです。

直近のQTや出場試合への意気込みをお聞かせください。

10月8日にセカンドQTが始まるんですけど、プロテストでできなかった4日間アンダーパー等しっかりこなして、サード・ファイナルへの自信をつけたいと思っています。

ファイナルQTに向けて目標をお聞かせください

前半戦の出場権を貰える20位以内に入れたらと思っています。

プロゴルファーを目指す同世代へメッセージをお願いします。

"プロ"になるっていう覚悟を持つことだと思います。覚悟を持つと、おのずとやらないといけないことが見えてくると思うので、やっぱり僕もまだまだ努力が足りないので、頑張ります。

●在校生インタビュー(後編:ゴルフとルネ高について) 

ゴルフを始めたきっかけについてお教えください。

親の影響で3歳から始めました。両親ともゴルフをやってたので、それで始めました。

ご両親と一緒に練習場に行っていたのですか。

そうです。練習場に行くのが楽しみでした。

おもちゃのゴルフクラブで遊ばれていたのでしょうか。

はい、プラスチックのおもちゃでずっと遊んでました。

コースデビューしたのはいつ頃ですか。

コースで始めたのは小学校1年生の時です。

ゴルフについて、最初の記憶を教えてください。

幼稚園の時にバスから降りてすぐに「練習場に行きたい」って言ったのは覚えてます。

「上達したい・上達した」と思うようになったのはいつ頃ですか。

小学校5-6年の時ですかね。県外の試合に出まくっていっぱいライバル作って、悔しい思いをして上達したと思います。ライバルができて、悔しくて泣いてた時も結構あったのでそれで練習して上達したと思います。

上達した練習法や心構えについてお聞かせください。

1日500-1000球打ってたと思います。色んな球を打ったりして、球を操るのは得意の方だと思ったのでずっと練習していました。

プロを目指すようになったきっかけを教えてください。

小学校6年の時にジュニアの試合で結構上にいって1-2位争った時に、「TV出て優勝争いしたいな」とすごく思いました。

ルネ高を知ったきっかけをお聞かせください。

以前はゴルフ部がある寮制の高校にいこうと思ったんですけど、先輩(ルネサンス豊田高校 卒業生)の桂川 有人さんのお祖父さんに日本ジュニアに行った時に、ルネサンス高校を紹介してもらって行こうと思いました。

ルネ高を選んだ決め手を教えてください。

「縛られるより、自分で自由にやった方がいいかな」と思いました。

中学生の頃ルネ高ゴルフ部合宿へ参加されましたか。

中学の時は、参加したと思います。

その時には入学を決意されていましたか。

はい、「この高校に入ろう」と思って参加しました。

入学後、生活や練習量は変わりましたか。

練習量が圧倒的に増えました。ゴルフのことしか考えなくてよくなったので、全てゴルフにあてることができるようになりました。

1日のスケジュールをお聞かせください。

朝7時前に起きて、外走りにって朝食や準備をして、練習場は長いとき昼から18時とかまでこもっています。本当練習ばっかりです。

多いときは何球打たれますか。

500球です。スイングチェックが多いです。

ご自宅でも練習されますか。

パター練習は毎日しています。

ルネ高の学習レポートはどのように進めていますか。

車での移動中か、通信制で年に数日しか登校しなくていいので、丸一日オフっていう日も自分で調整できるので、そんな時にしています。

どのくらいのペースでオフ日を設けてますか。

週1で作るようにはしています。

オフの日の過ごし方をお聞かせください。

家でぐったりです。

スクーリングはいつ頃参加されていますか。

冬のオフシーズンに入ってから4日間まとめていける週があるので、そのタイミングで行ってます。

ゴルフ部合宿の思い出をお聞かせください。

今年5月にあった合宿で僕が1番先輩だったので、後輩たちが色々聞いてくれたり頼りにしてくれて、とても嬉しく楽しかったです。

ゴルフ部メンバーと連絡取っていますか。

はい、良く連絡を取り合っています。この前も遊んだばかりですしラウンドも一緒に行ったり、とても仲良くしてもらってます。

仲間や友情が日頃の励みになっていますか。

試合行っているときとか、「明日頑張れ」とか、ゴルフしていないと伝え合えない会話等あるので、すごい励みになっています。

ルネ高についてお聞かせください。

やっぱり自分の好きなことに好きな分だけ時間が使えるので、とても良いと思います レポートも自分の好きな時にやって、動画を見て問題を解いて携帯で送信するだけなので、とても今時です。

北國
ルネサンス大阪高等学校 教室にて

※本ページのインタビューは、2019年9月にルネサンス大阪高等学校で行ったものです。

大学/短大/専門学校へ進学した生徒

 

芸能/スポーツで活躍している生徒

 

社会人/主婦をしながら学んだ生徒

 

在校生/卒業生

 

保護者の声

 

最新お知らせ・ブログ4件

 

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」
「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制から大学や専門学校の受験って大丈夫?」

資料請求はこちら
ネット出願はこちら
プライバシーマーク

ルネサンス高等学校グループは通信制高等学校です。
全国に3校(茨城・豊田・大阪)、キャンパスは7拠点(札幌・仙台・東京・新宿代々木・豊田駅前・広島・福岡)展開しており、全国各地から生徒を受け入れております。

Copyright © ルネサンス・アカデミー株式会社All Rights Reserved.

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制高校から大学や専門学校の受験って本当に大丈夫?」

資料請求
いますぐ出願したい方はコチラ
パソコン・スマートフォン・タブレットから簡単出願!!
検定料は、クレジットカード・コンビニ決済で!! 24時間受付中
ネット出願

通信制高校への入学・編入転校をお考えの皆様へ

ルネサンス高等学校グループは、全国に3校(茨城豊田大阪)、7拠点(札幌仙台東京・新宿代々木愛知豊田名古屋広島福岡)に連携キャンパス又は受付相談センターを置く広域通信制高校です。 どんなタイプの方でも、安心して学習し卒業できるシステムを構築し、生徒一人ひとりのライフスタイルに合った"学び"を提供しております。
「登校してしっかり学ぶ」「友達を作って学校生活を楽しむ」という学校が多い中、最短年4日の登校で高卒資格が取れる学校は多くはありません。 一方で本当に高卒資格が取りたくても、仕事が忙しくて登校できない、子育てで手が離せないなど様々な事情で、学校に行きたくても行けない方がたくさん居るのも事実です。 ルネサンス高校はそういった方のニーズに答えるために生徒に負担のかからない授業やレポートシステムを作り、今年で13年。卒業生も12,000名以上です。