通信制高校は総額いくらかかるの? 【第四章 5】 | 通信制高校のルネサンス高等学校

通信制高校は総額いくらかかるの? 【第四|通信制高校のルネサンス高等学校

メニュー
 

広域通信制高校のルネサンス高校

通信制高校は総額いくらかかるの? 【第四章 5】

時間を自分の目標の達成のために使えるなど、さまざまなメリットを持つ通信制高校。さて、では授業料など、通信制高校に通うためにはどれくらいのお金が必要になってくるのでしょうか。 通信制高校でかかる費用は、公立か私立かで違ってきます。また、私立でも学校によってさまざまです。 加えて、1年生の最初から入る、途中から入るなど、入学の仕方によっても変わってきます。また、卒業までにどれくらいの期間がかかるかでも違います。 ここでは、一つの例として、1年生の最初から入学して3年間学んで卒業した場合を見てみましょう。

学費が全然かからないのが、以前にも紹介した「手当が支給される通信制高校」です。学費がかかるどころかお金を頂けるのですから。 ただ、前にも解説しましたように、入学試験の競争率がとても高くなっています。

こうした高校はとりあえず除外して説明していきましょう。

高校の学費を考える時に、最近一つ大事なことが決められ実施されたことを覚えておいた方がいいかもしれません。 それは、「高校授業料無償化・就学支援金支給制度」というものです。2010年から実施されています。

これは、公立高等学校などの授業料を無料化し、また私立高等学校などに就学支援金を支給して授業料を安くすることを目的とした制度です。 「公立高等学校に係る授業料の不徴収及び高等学校等就学支援金の支給に関する法律」(高校無償化法)という法律に基づいています。

これによって、全日制(通常の通学する高校)、通信制を問わずに、公立高校の場合は、授業料が原則無料になりました。 ただ、全部が全部無料になるというわけではなく、高校によって(自治体によって)違いますが、入学金や、PTA会費などが必要になってくる場合も多いようです。 また全日制の場合はこのほかに、通学にかかる交通費、制服代、修学旅行積立金などがかかってきます。 これらは通信制高校の場合必要のないこともありますので、通信制高校の方がトータルの費用は安くなる傾向にあるようです。

私立高校の場合は、全日制であれ通信制であれ、授業料等の学費がどれくらいかかるかは、学校によってかなりの違いがあります。

32.jpg 私立通信制高校の場合、かつての公立通信制高校並みに安いところもあれば、逆に私立の全日制に近い費用がかかるところもあります。 もっとも、私立の場合も公立と同様、法律の施行によって補助金が出るようになりましたので、以前に比べるとその分の費用負担は減りました。 また、この補助金は、家庭の年収によっても額が違ってきます。年収が低ければ、その分補助金が増えるような仕組みになっています。

私立通信制高校の場合、公立通信制高校と同様、制服代、修学旅行積立金など全日制の高校で必要となる費用が不要の場合が多いようです。 しかし逆に、インターネットなど最新の設備を使って学習を進めるシステムを整えているところなどもありますから、その分の費用が発生したりもします。 通信制高校は一人ひとりへのきめ細かな対応を重視している分、学校によってはそれだけ若干の費用が必要となるケースもあるかもしれません。

また、これは私立も公立も同じですが、通信制高校の場合、スクーリングに行く際の交通費なども必要になります。 私立で、かなり距離のあるところに行かなければならないような場合は、その分の旅費や、必要によっては宿泊費も考慮しておかなければないないでしょう。 ただし、そうした費用も含めてかなり安価に抑えている私立通信制高校がほとんどです。

いずれにせよ、事前説明会に出席したり個別相談をして、実際にどのくらいの費用がかかるのかを事前に把握しておくのが大事です。 最初にも述べましたように、何年生のいつぐらいから入るのか、以前在籍していた高校でどれくらいの単位を取得できていたかなどで費用は変わってきますので、 個別に計算してもらうのがいいでしょう。お金に関しての質問は遠慮することなく聞きましょう。

また、学校によっては、高校卒業に必要な授業以外に、学外の専門学校などと提携して割安でさまざまな専門能力を学習できるダブルスクールのコースを用意しているところなどもあります。 こうした点にも注意を払って通信制高校を選ぶようにすれば、後で無駄に余計なお金を払う必要もなくなります。

繰り返しますが、まずは情報をしっかりと集めて検討することが大事です。

関連情報

学費に関して

最新お知らせ・ブログ4件

 

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」
「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制から大学や専門学校の受験って大丈夫?」

資料請求はこちら
プライバシーマーク

ルネサンス高等学校グループは通信制高等学校です。
全国に3校(茨城・豊田・大阪)、キャンパスは7拠点(札幌・仙台・東京・新宿代々木、神奈川・横浜・豊田駅前・広島・福岡)展開しており、全国各地から生徒を受け入れております。

Copyright © ルネサンス・アカデミー株式会社All Rights Reserved.

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制高校から大学や専門学校の受験って本当に大丈夫?」

資料請求
いますぐ出願したい方はコチラ
パソコン・スマートフォン・タブレットから簡単出願!!
検定料は、クレジットカード・コンビニ決済で!! 24時間受付中
ネット出願

通信制高校への入学・編入転校をお考えの皆様へ

ルネサンス高等学校グループは、全国に3校(茨城豊田大阪)、7拠点(札幌仙台東京・新宿代々木神奈川・横浜愛知豊田名古屋広島福岡)に連携キャンパス又は受付相談センターを置く広域通信制高校です。 どんなタイプの方でも、安心して学習し卒業できるシステムを構築し、生徒一人ひとりのライフスタイルに合った"学び"を提供しております。
「登校してしっかり学ぶ」「友達を作って学校生活を楽しむ」という学校が多い中、最短年4日の登校で高卒資格が取れる学校は多くはありません。 一方で本当に高卒資格が取りたくても、仕事が忙しくて登校できない、子育てで手が離せないなど様々な事情で、学校に行きたくても行けない方がたくさん居るのも事実です。 ルネサンス高校はそういった方のニーズに答えるために生徒に負担のかからない授業やレポートシステムを作り、今年で12年。卒業生も1万人を超えております。