通信制高校は勉強方法は? 【第四章 9】 | 通信制高校のルネサンス高等学校

通信制高校は勉強方法は? 【第四章 9】|通信制高校のルネサンス高等学校

メニュー
 

広域通信制高校のルネサンス高校

通信制高校は勉強方法は? 【第四章 9】

33.jpg 通信制高校に入学したら、勉強はどのように進めていくことになるのでしょうか。

通信制高校の学習カリキュラムは、「レポート」「スクーリング」「テスト」の3本柱になっているところが大半です。順に見ていきましょう

教科書を元に自宅などで学習し、学校が定めた回数の添削指導を通信(郵便やインターネット)で受けるのが「レポート」です。 普段の学習は、このレポートのやりとりが中心となります。レポートの形式は学校によってさまざまですが、選択問題など、回答しやすい形式を取り入れる学校が増えてきました。 レポートで間違った部分、分からなかった部分などは、先生とやりとりをして詳しく教えてもらうことができます

通信制高校は、基本的には学校に通わなくてもいいのですが、月に○回、あるいは年に○回というように定められた日数だけ必ず実際に学校に行って、 そこで授業を受けたり先生から指導してもらったりしなければなりません。これが「スクーリング」と呼ばれているものです。

スクーリングの日数は、学校によって違います。月に何日か行かなければならないところから、年に数日でいいところもあります。 生徒の便宜などを考え、「年に1回、3泊4日の泊まりがけで」というところもあります。 自分の志望する通信制高校の場合、どれくらいの頻度でスクーリングに行く必要があるのか、事前に良く調べておきましょう

レポート、スクーリングと並んで、単位を取得するために必要なのが「テスト」を受けて合格点をもらうことです。 これも学校によって違いますが、1年間で2〜3回のテストを実施するところが多いようです。いわゆる期末テストのような感じですね。

テストはレポートの総復習に当たるもの。レポートをきちんとこなしていれば、一般的にはそれほど難しくないと言われています。もちろん、それはあなたのがんばり次第です。

関連情報

デジタルデバイスによるネット学習

最新お知らせ・ブログ4件

 

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」
「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制から大学や専門学校の受験って大丈夫?」

資料請求はこちら
プライバシーマーク

ルネサンス高等学校グループは通信制高等学校です。
全国に3校(茨城・豊田・大阪)、キャンパスは7拠点(札幌・仙台・東京・新宿代々木、神奈川・横浜・豊田駅前・広島・福岡)展開しており、全国各地から生徒を受け入れております。

Copyright © ルネサンス・アカデミー株式会社All Rights Reserved.

もっと知りたい方はコチラから
「学費ってどのくらいかかるの?」「どんな勉強ができるの?」
「本当に年4日程度のスクーリングで卒業できるの?」
「通信制高校から大学や専門学校の受験って本当に大丈夫?」

資料請求
いますぐ出願したい方はコチラ
パソコン・スマートフォン・タブレットから簡単出願!!
検定料は、クレジットカード・コンビニ決済で!! 24時間受付中
ネット出願

通信制高校への入学・編入転校をお考えの皆様へ

ルネサンス高等学校グループは、全国に3校(茨城豊田大阪)、7拠点(札幌仙台東京・新宿代々木神奈川・横浜愛知豊田名古屋広島福岡)に連携キャンパス又は受付相談センターを置く広域通信制高校です。 どんなタイプの方でも、安心して学習し卒業できるシステムを構築し、生徒一人ひとりのライフスタイルに合った"学び"を提供しております。
「登校してしっかり学ぶ」「友達を作って学校生活を楽しむ」という学校が多い中、最短年4日の登校で高卒資格が取れる学校は多くはありません。 一方で本当に高卒資格が取りたくても、仕事が忙しくて登校できない、子育てで手が離せないなど様々な事情で、学校に行きたくても行けない方がたくさん居るのも事実です。 ルネサンス高校はそういった方のニーズに答えるために生徒に負担のかからない授業やレポートシステムを作り、今年で12年。卒業生も1万人を超えております。